161件中 71 - 80件表示
  • 古河グループ

    古河グループから見た朝日生命朝日生命保険

    以前、1993年4月 - 1999年3月の間、テレビ東京の土曜日昼間12時半からのゴルフ番組(当時の同局の土曜の昼間は30分刻みにゴルフ番組が集中していた)のプロゴルファー塩谷育代がホスト役の番組である「塩谷育代のゴルフ魅せます」は古河グループの一社提供だった。(それ以前は、青春ドキュメント番組「青春の日本列島」→「青春ING」を経て、1987年4月から1993年3月までは吉川なよ子ホストのゴルフ番組であった。)グループ関連の会社のCM(朝日生命、横浜ゴム、日本軽金属、ADEKAなど)が流れ、番組の最後に、勇壮な交響曲(番組末期はピアノ曲)をバックに古河三水会の会社名がテロップで流れる。古河グループ フレッシュアイペディアより)

  • 養神亭

    養神亭から見た朝日生命保険朝日生命保険

    かねてより逗子海岸が海水浴場として最良であると主張し、逗子の保養地としての開発に熱心であった元海軍軍医大監で帝国生命取締役の矢野義徹の出資で、1889年(明治22年)10月22日、蒼龍丸司厨長であった丸富次郎が逗子初の近代旅館「養神亭」を創業した。養神亭 フレッシュアイペディアより)

  • 共栄火災海上保険

    共栄火災海上保険から見た朝日生命朝日生命保険

    2001年(平成13年)に東京海上火災保険、日動火災、朝日生命を軸にした総合保険連合「ミレア保険グループ」に参加を決定。2004年(平成16年)を目途として株式会社に転換し、経営統合を果たす予定でいた。しかしながら2002年(平成14年)8月、JA共済連を筆頭株主として株式会社化することを決定し、ミレア保険グループから離脱した。共栄火災海上保険 フレッシュアイペディアより)

  • UCカード

    UCカードから見た朝日生命朝日生命保険

    りそなカード、道銀カード、ちば興銀カードサービス、北越カード、共立クレジット、もみじカード、きたぎんユーシー、第三カードサービス、きらやかカード、福島カードサービス、FFGカード、ほうわバンクカード、福邦カード、長野カード、南日本バンクカード、しまぎんユーシーカード、労金カードサービス、損保ジャパン日本興亜クレジット(旧損保ジャパン・クレジット)、第一生命カードサービス、朝日生命カードサービス、東日本銀行、南日本銀行、福岡中央銀行、仙台銀行及び播州信用金庫が発行するカードは、UC永久不滅ポイントの対象とはならない(一部の提携カードはUC永久不滅ポイントの対象となる場合がある)。UCカード フレッシュアイペディアより)

  • 北大路魯山人

    北大路魯山人から見た朝日生命保険相互会社朝日生命保険

    20歳の時、縫箔屋の主人が房次郎の従兄と名乗って現れる。彼により母の所在を知る。実の母の居所が分かり、東京に会いに行ったものの受け入れられず、そのまま東京に残り書家になることを志す。1904年(明治37年)、日本美術協会主催の美術展覧会に出品した「千字文」が褒状一等二席を受賞し頭角を現す。21歳での受賞は前代未聞の快挙であった。この展覧会では福田海砂(かいさ)と号した(この号は翌年までの2年間のみ使用)。その後住み込みで版下書きの仕事を始める。この頃実母登女との関係も良くなっていく。1905年(明治38年)、町書家・岡本可亭(漫画家・岡本一平の父、洋画家・岡本太郎の祖父)の内弟子となりその後3年間住み込む。そこでは福田可逸(かいつ)の号を授かり次第に可亭よりも仕事の発注が増えていく。やがて帝国生命保険会社(現・朝日生命保険相互会社)に文書掛として出向するようになる。1907年、福田鴨亭(おうてい)を名乗って可亭の門から独立する。翌年2月17日、結婚。その年の夏に長男が誕生。仕事は繁盛し稼いだ収入を書道具・骨董品・外食に注ぎ込むようになる。また合間には書肆に出掛けて畫帖や拓本などの典籍を求め、夜は読書と研究に没頭した。北大路魯山人 フレッシュアイペディアより)

  • 栄サンシティビル

    栄サンシティビルから見た朝日生命保険朝日生命保険

    名古屋市中区役所と朝日生命保険が所有していたビルを共同で再開発して建設された超高層ビルである。栄サンシティビル フレッシュアイペディアより)

  • 貴志祐介

    貴志祐介から見た朝日生命保険朝日生命保険

    大阪府大阪市出身。幼い頃から読書に親しみ、中学生時代からミステリやSFを読み始める。1日で7冊読んだこともあったという。清風南海高等学校、京都大学経済学部卒業。大学4年生の頃に投稿をはじめた。大学卒業後、朝日生命保険に入社した当初は小説を書くのを断念していたが、数年後に意欲が芽生えて執筆を再開している。1986年に第12回ハヤカワ・SFコンテストに「岸祐介」名義で応募した、後の『新世界より』の原点となる短編「凍った嘴」が佳作入選する。1987年に「夜の記憶」が早川書房『S-Fマガジン』に掲載された。貴志祐介 フレッシュアイペディアより)

  • 相互会社

    相互会社から見た朝日生命保険朝日生命保険

    朝日生命保険相互会社(発足時は「帝国生命保険相互会社」)相互会社 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎外国語短期大学

    長崎外国語短期大学から見た朝日生命保険朝日生命保険

    全学科を含め一般企業への就職者が多く、ジェイティービー・近畿日本ツーリスト・全日本空輸・ソフトバンク・日本航空・福岡空港・中部国際空港・日本エアコミューター・宮崎空港・宮崎交通・南国交通・サンデン交通・防長交通・大分バス・ハウステンボス・全日空ホテルズ・ホテルルートイン・ワシントンホテル・ニューオータニ・三菱重工業・東芝・日本食研・親和銀行・福岡銀行・九州銀行・伊予銀行・大分銀行・もみじ銀行・長崎銀行・熊本ファミリー銀行・豊和銀行・愛媛銀行・大分銀行・佐賀共栄銀行・十八銀行・肥後銀行・岡三証券・大和証券・日の出証券・三菱UFJ証券・宇部信用金庫・熊本中央信用金庫・西九州信用金庫・第一生命保険・明治安田生命保険・日本生命保険・朝日生命保険・損保ジャパン・熊本トヨペット・トヨタ自動車・日産・プリンス店・三菱自動車・トリンプ・青山商事・中央出版・日本電気・岩田屋・鶴屋百貨店・大丸・リコー・再春館製薬所・資生堂・吉野家・明光堂書店などに就職している。教育関連としては人吉市立鹿野小学校・英会話教室などがある。長崎外国語短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ビルヂング (東京都)

    日本ビルヂング (東京都)から見た朝日生命保険朝日生命保険

    この付近には、古くは江戸城と日本橋川を結ぶ道三堀が掘られ、現在の日本ビル南東付近には銭瓶橋が架けられていた。この一帯は1929年4月15日まで銭瓶町と呼ばれていた。1931年3月に東京市により銭瓶町ポンプ所が開設され、現在の千代田区・中央区・文京区に相当する一帯から集めた下水を一次処理し、芝浦の下水処理場へ送る機能を有していた。この街区には三菱地所が行幸通り用地との交換で1913年に東京市から取得した3605坪の土地を有し、三越に配送所用地として貸していたほか、第二次世界大戦の前後に建てられた世界経済館と興農会館の2棟の木造建物を所有していた。三菱地所は1959年ごろより一帯の再開発を検討したが、飛び地状に土地を所有している朝日生命保険と大和土地建物(大和証券グループ。1970年に大和ビル管理に商号変更)との協調、土地の賃借人の三越の同意、下水処理施設の機能維持などの課題があった。東京オリンピックが近付き、都市のインフラの拡充の必要性や首都高速八重洲線の建設計画が持ち上がると、東京都も再開発の検討に入った。三越は独自に配送所を建設する計画を持っていたが、三菱地所社長の渡辺武次郎と三越社長の岩瀬英一郎との会談で、岩瀬は「公共のためなら協力しましょう」と承諾。配送所のうち返納された一部と、農林中央金庫が退去し、その後のテナントの移転も決まっていた興農会館を取り壊した跡地1680坪に新たなビルを建設することが決まった。1960年12月1日に興農会館の解体に着手、同月8日に地鎮祭を行い着工した。白いタイルとステンレスの横連窓のデザインで、大成建設の施工により建設され、1962年7月4日に「第三大手町ビルヂング」の名称で竣工した。これはのちの日本ビルヂングの北側一部にあたり、地下2階・地上9階建で、延床面積14009坪。三越が区分所有者として配送所を置いたほか、日立製作所が丸の内の三菱仲15号館から移転し入居した。日本ビルヂング (東京都) フレッシュアイペディアより)

161件中 71 - 80件表示