1 2 次へ
18件中 11 - 18件表示
  • ヨーロッパのチャイナタウン

    ヨーロッパのチャイナタウンから見た新義州特別行政区新義州特別行政区

    東インド諸島に大植民地を有したオランダにはインドネシア在住華人が多く、アムステルダムの有名なデ・ヴァーレン紅灯区やロッテルダム、ハーグにチャイナタウンが形成されている。最近は中国本土からの移民も増え、各地で中華料理店を開いている。オランダに留学してオランダ国籍を取得し、再び中国に戻り、北朝鮮の新義州特別行政区長官に任命された実業家楊斌がオランダ華人として有名である。ヨーロッパのチャイナタウン フレッシュアイペディアより)

  • 道 (行政区画)

    道 (行政区画)から見た新義州特別行政区新義州特別行政区

    一方、1946年には京畿道からソウル特別市が分割され、いずれの道にも属さない行政区画となった。独立後は、さらにいくつかの都市が道から分割された。韓国では釜山・大邱・仁川・光州・大田・蔚山の6広域市(大田までの5都市は制定当初は直轄市と呼ばれたが1995年に改称)が。北朝鮮では平壌・開城・南浦・羅津先鋒(現・羅先)の4直轄市と、新義州特別行政区・金剛山観光地区の計6都市が道から分割された。ただし、平壌以外の3直轄市は現存しない。開城については先述の通り。南浦と羅先は特級市に格下げされ元の道に再編入された。道 (行政区画) フレッシュアイペディアより)

  • 李氏朝鮮

    李氏朝鮮から見た新義州特別行政区新義州特別行政区

    平安道 (慈江道・平安北道・平安南道・両江道の一部・平壌直轄市・新義州特別行政区 北朝鮮)李氏朝鮮 フレッシュアイペディアより)

  • 中国朝鮮関係史

    中国朝鮮関係史から見た新義州特別行政区新義州特別行政区

    2002年11月 新義州特別行政区行政長官だった中国人の楊斌が中国で逮捕。中国朝鮮関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮民主主義人民共和国の経済史

    朝鮮民主主義人民共和国の経済史から見た新義州特別行政区新義州特別行政区

    北朝鮮は1990年代の深刻な経済危機からは幾分回復したものの、2000年代に入っても厳しい経済状況が続いている。経済問題解決のために北朝鮮当局はいくつかの対策を行った。その中で先に述べた羅津市、先鋒市一帯の自由経済貿易地域指定や、1998年に開始された韓国からの金剛山観光事業、同じく韓国企業を誘致して行われている開城工業地区事業、そして中国に隣接する新義州特別行政区のように、北朝鮮のちょうど四隅を「開放」して外資を導入する政策が実施された。これは外資導入によって外部の思想に「汚染」され、政権の動揺に繋がることを恐れた北朝鮮当局が、国の四隅に当たる部分を「開放」して経済の活性化をもくろみ、その一方で他の地域に開放の影響が及ばないことを狙ったと考えられている。しかし「開放」されたはずのそれぞれの地区内でも北朝鮮当局の干渉などによるトラブルが発生しており、外資の導入は思うように進んでいない現状である。朝鮮民主主義人民共和国の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • 一国二制度

    一国二制度から見た新義州特別行政区新義州特別行政区

    新義州特別行政区 - 北朝鮮で50年間の立法・司法・行政の自治が約束された行政区。一国二制度 フレッシュアイペディアより)

  • 京義線

    京義線から見た新義州特別行政区新義州特別行政区

    京義本線(キョンウィほんせん)は、広義には大韓民国(韓国)ソウル特別市中区と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)新義州特別行政区(新義州市)とを結ぶ鉄道路線。京義線 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮民主主義人民共和国

    朝鮮民主主義人民共和国から見た新義州特別行政区新義州特別行政区

    朝鮮民主主義人民共和国(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこく、)、通称北朝鮮(きたちょうせん)は、東アジアの朝鮮半島北部を実効支配する、最高指導者による事実上独裁体制を取る社会主義()共和国。冷戦下で誕生した分断国家である。軍事境界線(38度線)を挟み分断した片割れの大韓民国と、豆満江を挟んで中華人民共和国及びロシア連邦と、鴨緑江を挟んで中国と接している。首都は平壌で、人口は約2515万人とされる。行政区画は平壌直轄市、開城工業地区、金剛山観光地区、新義州特別行政区、羅先特別市、羅先経済特区、南浦特級(特別)市と八つの道に分かれる。朝鮮民主主義人民共和国 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
18件中 11 - 18件表示