1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
89件中 81 - 89件表示
  • サッカー朝鮮民主主義人民共和国代表

    サッカー朝鮮民主主義人民共和国代表から見た朝鮮中央放送朝鮮中央放送

    ユース育成や海外リーグの経験、在日朝鮮人の選手の受け入れなどの努力の結果、2010年南アフリカ大会アジア予選を突破し、44年ぶりの本大会出場を決めた。グループリーグ初戦のブラジル戦では1-2で敗れはしたが、強豪のブラジルを相手に善戦したとして注目度が高まった。これを受けて2戦目のポルトガル戦では朝鮮中央テレビが史上初となるW杯実況中継で放送したが試合は0-7で惨敗し、この時点で北朝鮮のグループリーグ敗退が決定した(この試合の後、ポルトガルの選手達は「北朝鮮代表の選手たちが罰を受けないか心配だ」と彼らの身を案じたという)。この中継放送については、「ポルトガルの4点目が入った時点で打ち切られた」とする報道がある。消化試合となった最後のコートジボワール戦でも0-3で敗れ、3戦全敗(勝ち点0)、得失点差-11(得点1・失点12)という惨憺たる結果に終わった。なお、この時使われた北朝鮮の代表ユニフォームはイタリアのスポーツウェアメーカー・レゲアが製作した。サッカー朝鮮民主主義人民共和国代表 フレッシュアイペディアより)

  • CBCラジオ

    CBCラジオから見た朝鮮中央放送朝鮮中央放送

    北朝鮮の地下放送「救国の声」が、1978年12月20日、それまでの1135kHzを1053kHzに変更、1,500kWの大出力(CBCラジオは50kW)で放送され、夜間は電離層の影響も加わり混信が発生し、特にエリア外リスナーから「エリア外でCBCラジオを聴くことは不可能だ。周波数を変えて欲しい」などとの不満の声が上がっていたこともあったが、2003年8月1日で同放送は中止された(施設は「朝鮮中央放送」が流用し使用している)。CBCラジオ フレッシュアイペディアより)

  • 国営放送

    国営放送から見た朝鮮中央放送朝鮮中央放送

    北朝鮮 - 朝鮮中央放送(国内向け)、平壌放送(朝鮮語のみの海外向け)、朝鮮の声放送(Voice of Korea。朝鮮語以外の言語の海外向け)国営放送 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮民主主義人民共和国

    朝鮮民主主義人民共和国から見た朝鮮中央放送委員会朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送委員会によってラジオ、テレビが運営されている。朝鮮民主主義人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 東海ラジオ ガッツナイター

    東海ラジオ ガッツナイターから見た朝鮮中央放送朝鮮中央放送

    日本シリーズについては中日が出場しない年は、長年SFが中継を行わなかったため、中京地区ではNHKラジオ第1とCBCのみの放送となり、前者は途中18:50?19:30にニュースによって中断され、後者は朝鮮中央放送との混信が最悪となる時間に差し掛かるなど、クリアな状態且つ完全放送で聴けることが出来なくなっていた。しかし、前述のように2012年以降は中日不出場にもかかわらず中継することになったため、この状況は回避されている。東海ラジオ ガッツナイター フレッシュアイペディアより)

  • 日本テレビ放送網

    日本テレビ放送網から見た朝鮮中央放送朝鮮中央放送

    1972年5月23日 朝鮮中央放送委員会とテレビフィルムを定期交換する協定に調印日本テレビ放送網 フレッシュアイペディアより)

  • 2018年

    2018年から見た朝鮮中央放送朝鮮中央放送

    北朝鮮、祖国平和統一委員会の李善権委員長、朝鮮中央放送のラジオを通じ、板門店の韓国との連絡チャンネルを開通すると表明。2018年 フレッシュアイペディアより)

  • 長廻政志

    長廻政志から見た朝鮮中央放送朝鮮中央放送

    朝鮮半島に地理的に近い山陰地方出身。中学生の頃、偶然、朝鮮中央放送(日本語放送)(現在の朝鮮の声放送)をラジオで受信し、聞いたことから朝鮮半島に興味を抱き、1980年9月1日、朝鮮中央放送の聴取者団体である平壌放送愛聴会を結成。長廻政志 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮中央放送委員会

    朝鮮中央放送委員会から見た朝鮮中央放送朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送委員会 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
89件中 81 - 89件表示

「朝鮮中央放送」のニューストピックワード