103件中 41 - 50件表示
  • 朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送から見た社団法人

    朝鮮中央放送は、日本統治時代の放送局(社団法人朝鮮放送協会)が起源となっている。朝鮮中央放送 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送から見た風刺

    漫評(マンピョン、まんぴょう) ※評論(風刺)番組 - 笑い声である「ウェー・ハッハッハ」を朝日新聞が原文のまま報じたことで話題となった。朝鮮中央放送 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送から見た周波数

    ※カラー方式はPAL方式。北朝鮮では有線放送が整えられており、国内向け放送のうちテレビについては有線放送となっている。このため、北朝鮮以外では視聴することができない。ただし、朝鮮中央テレビについては、Thaicom 5と呼ばれるタイ王国の人工衛星を用いて衛星放送も行っている。周波数/偏波はそれぞれ3424MHz/水平。朝鮮中央放送 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送から見た外国語

    国内向け放送として、数局のラジオとテレビ局がある。また、大韓民国統治圏(南朝鮮)及び国外向けの朝鮮語放送(国際放送)として「平壌放送」、朝鮮語以外の外国語による放送として「朝鮮の声放送」(英語:Voice of Korea)がある。朝鮮中央放送 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送から見た革命

    国内向け放送及び平壌放送では、放送開始時の国歌(愛国歌)演奏後に「栄えあるわが祖国、朝鮮民主主義人民共和国、万歳!」「朝鮮人民の全ての勝利の立役者であり、導き手である朝鮮労働党、万歳!」と言うスローガンを読み上げている。2003年4月までは「偉大な領袖・金日成同志の革命思想万歳!」「栄えある朝鮮労働党万歳!」というスローガンを使っていた)。朝鮮中央放送 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送から見たロサンゼルス

    朝鮮中央放送(ちょうせんちゅうおうほうそう、朝鮮語:??????, 英語:Korean Central Broadcasting Station (略称:KRT) ) は、朝鮮民主主義人民共和国(以下:北朝鮮)の国営放送局であり、テレビとラジオで放送を行っている。運営機関は朝鮮中央放送委員会である。ロサンゼルスのテレビ・ラジオ局とサンフランシスコのラジオ局のコールサインであるKCBSとは全く関係ない。朝鮮中央放送 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送から見たマスメディア

    北朝鮮当局からの公式発表の多くは、朝鮮中央放送や朝鮮中央通信、労働新聞などから発表される。独立系メディアが公式に存在しない同国であり、駐平壌外国系メディアにも取材に制限があるため、これらは貴重な情報源となっている。朝鮮中央放送 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送から見たアメリカ軍

    また、北朝鮮におけるドラマや映画なども、朝鮮中央放送委員会が製作し、放送している。殆どが現政治体制および思想を称える構成になっており、中には日本統治時代やアメリカ軍を描写した内容を構成に組み入れているものもある。「漢拏の木霊」(「ハルラのこだま」)などがあった。朝鮮中央放送 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送から見た通信教育

    1973年4月13日 - 金日成放送大学開学(平壌放送を利用した通信教育)。朝鮮中央放送 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送から見たPAL

    ※カラー方式はPAL方式。北朝鮮では有線放送が整えられており、国内向け放送のうちテレビについては有線放送となっている。このため、北朝鮮以外では視聴することができない。ただし、朝鮮中央テレビについては、Thaicom 5と呼ばれるタイ王国の人工衛星を用いて衛星放送も行っている。周波数/偏波はそれぞれ3424MHz/水平。朝鮮中央放送 フレッシュアイペディアより)

103件中 41 - 50件表示

「朝鮮中央放送」のニューストピックワード