103件中 61 - 70件表示
  • 朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送から見た主体思想塔

    ウォーターマークは1996年に主体思想塔をモチーフしたロゴを導入したが、2012年8月からはロゴのリニューアルを行った。朝鮮中央放送 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送から見た漢拏山

    また、北朝鮮におけるドラマや映画なども、朝鮮中央放送委員会が製作し、放送している。殆どが現政治体制および思想を称える構成になっており、中には日本統治時代やアメリカ軍を描写した内容を構成に組み入れているものもある。「漢拏の木霊」(「ハルラのこだま」)などがあった。朝鮮中央放送 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送から見た日本統治時代の朝鮮

    朝鮮中央放送は、日本統治時代の放送局(社団法人朝鮮放送協会)が起源となっている。朝鮮中央放送 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送から見たハイビジョン制作

    近年、放送設備の増強や一部番組でのレターボックスによるHD制作化などの近代化が行われている。なお当初は、ニュースを読み上げる際の背景は、ほとんど水色一色であったが、近年は平壌の街並みであることが多い。2012年9月8日からはスタジオの雰囲気を一新、「プロンプター」(原稿映写機)と背景に六つの画面をつなげた大型スクリーンを導入した。朝鮮中央放送 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送から見た朝日新聞

    漫評(マンピョン、まんぴょう) ※評論(風刺)番組 - 笑い声である「ウェー・ハッハッハ」を朝日新聞が原文のまま報じたことで話題となった。朝鮮中央放送 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送から見たタイ王国

    ※カラー方式はPAL方式。北朝鮮では有線放送が整えられており、国内向け放送のうちテレビについては有線放送となっている。このため、北朝鮮以外では視聴することができない。ただし、朝鮮中央テレビについては、Thaicom 5と呼ばれるタイ王国の人工衛星を用いて衛星放送も行っている。周波数/偏波はそれぞれ3424MHz/水平。朝鮮中央放送 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送から見た大日本帝国

    1945年8月 - 日本による朝鮮統治終了。朝鮮中央放送 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送から見た労働新聞 (朝鮮労働党)

    北朝鮮当局からの公式発表の多くは、朝鮮中央放送や朝鮮中央通信、労働新聞などから発表される。独立系メディアが公式に存在しない同国であり、駐平壌外国系メディアにも取材に制限があるため、これらは貴重な情報源となっている。朝鮮中央放送 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送から見た中国語

    1947年3月16日 - ラジオ平壌、中国語放送を開始(現在の「朝鮮の声放送」の始まり)。朝鮮中央放送 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮中央放送

    朝鮮中央放送から見たCBCラジオ岐阜中継局

    621,657,1053(海州局),1080kHzなど。うち621,657kHzが平壌放送(このうち621kHzは朝鮮標準時(UTC+9)6:00-9:00、17:00-22:00は「朝鮮の声放送」の日本語放送となる。)、1053,1080kHzが朝鮮中央放送である。ただし1053kHzは午後11時に放送を終了する。1053kHzは1500kWの大電力局のため、同じ周波数を使用する名古屋のCBCラジオに混信することが多く、岐阜に中継局が設置される理由となった。朝鮮中央放送 フレッシュアイペディアより)

103件中 61 - 70件表示

「朝鮮中央放送」のニューストピックワード