前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
474件中 1 - 10件表示
  • 大韓民国

    大韓民国から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    1950年6月25日、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)は韓国との境界であった北緯38度線を越えて南下を開始し、朝鮮戦争(韓国動乱)が勃発した。その頃、弱体である韓国軍は敗退を重ね、洛東江以東の釜山周辺にまで追い詰められた。北朝鮮の侵攻に対して国連安保理は非難決議を上げ、米国を中心とする西側諸国は国連軍を結成して韓国軍と共に後退戦を戦っていたが、仁川上陸作戦により北朝鮮軍の戦線を崩壊させ、反攻に転換した。韓国軍・国連軍は敗走する北朝鮮軍を追ってを鴨緑江近辺にまで侵攻した。これに対し中国が義勇軍を派遣して北朝鮮の支援を開始、韓国軍・国連軍を南に押し戻し、一時再びソウルを占領した。その後、北緯38度線付近で南北の両軍は膠着状態になり、戦争で疲弊した米国と北朝鮮は1951年7月10日から休戦合意を巡る協議を開始した。2年間に渡る戦協議の末、1953年7月27日の朝鮮戦争休戦協定締結を以って大規模な戦闘は停止した。ただし、韓国政府は休戦協定に署名しておらず、戦争自体も協定上は停戦状態のままとなっている。この戦争により、朝鮮半島のほとんど全域が戦場となり、インフラや文化財の焼失、戦闘での死者のみならず、保導連盟事件や済州島四・三事件の例にあるように双方とも敵の協力者と見なした一般市民の大量処刑を行うなど、物的、人的被害が著しく、国土は荒廃した。また、38度線が引かれた事により朝鮮半島が分断が確定的となり、朝鮮統一問題が南北朝鮮の最重要課題となっている。大韓民国 フレッシュアイペディアより)

  • 兪成哲

    兪成哲から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    兪成哲(ユ・ソンチョル、、朝鮮語:、1917年 - 1996年)は、ソ連・北朝鮮の軍人。朝鮮人民軍の中将。朝鮮戦争時、朝鮮人民軍の第一副総参謀長/作戦局長を務め、南侵命令を下達した。兪成哲 フレッシュアイペディアより)

  • プエブロ (環境調査艦)

    プエブロ (環境調査艦)から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    ファイル:Pueblo a12 26-jan-68 1.jpg|朝鮮人民軍に拿捕されたプエブロ号(中央情報局のA-12撮影)。プエブロ (環境調査艦) フレッシュアイペディアより)

  • 延坪島砲撃事件

    延坪島砲撃事件から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    延坪島砲撃事件(ヨンピョンとう ほうげきじけん、韓国語:??? ??〔延坪島砲擊〕)は、2010年11月23日に大延坪島近海で起きた朝鮮人民軍と大韓民国国軍による砲撃戦と、それを発端とする朝鮮民主主義人民共和国・大韓民国間の緊張の高まりなどの一連の事件のことである。延坪島砲撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • マーセナリーズ

    マーセナリーズから見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    21世紀初頭、北朝鮮の最高指導者、チョイ・キム総統が韓国に対し、朝鮮半島の平和的な再統一を目的とした和平を提案した。これに韓国側の太陽政策と相まって、朝鮮人民軍の解体を条件に韓国側は北朝鮮に対する経済援助要求に合意し、半島統一の気運が高まっていった。マーセナリーズ フレッシュアイペディアより)

  • JSA (映画)

    JSA (映画)から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    大韓民国国軍(韓国軍)を筆頭とした国連軍と、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士が共同で警備に当たるJSAにおいて、ふとしたきっかけから許されざる友情を育む事になった南北の兵士達の交流と顛末を描いたフィクション映画。JSA (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 李承晩

    李承晩から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    圧倒的な朝鮮人民軍(北朝鮮軍)との人員・戦力・装備の差から大韓民国国軍(韓国軍)は瞬く間に総崩れとなった。李承晩は開戦2日後の6月27日午前3時に特別列車でソウルから逃亡し、6月28日に首都ソウルは陥落した。その際、北朝鮮軍の進行を遅らせるために、蔡秉徳少将の命令により、漢江にかかる橋が爆破され(漢江人道橋爆破事件)多くの軍人・民間人を置き去りにする結果となった。また李承晩 フレッシュアイペディアより)

  • K9 155mm自走榴弾砲

    K9 155mm自走榴弾砲から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    2010年11月23日 - 北朝鮮軍が、黄海上の北方限界線(NLL)に近い仁川広域市・延坪島とその近海に向け、2回にわたり計170発余りの砲撃を加え、うち80発余りが延坪島に、90発余りが付近の海上に着弾した(延坪島砲撃事件)。韓国軍は、海兵隊延坪部隊の「K9」6両で敵の砲陣地2か所に計80発応射し、K9は初の実戦を経験した。この際、最初は6両中3両が故障で作動せず(3両のうち2両は、北朝鮮軍の砲撃を受けたことが故障の原因で、残りの1台は訓練中に不発弾が発生していた)3両で反撃、その約30分後に1両の応急修理を終え、後は4両で応射したという。K9 155mm自走榴弾砲 フレッシュアイペディアより)

  • 牡丹峰楽団

    牡丹峰楽団から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    北朝鮮の最高指導者である金正恩第一書記(当時)の指示により、2012年7月に結成された。メンバーは金正恩本人により選抜され、同楽団の結成段階においては、金正恩の正妻で第一線の歌手としての来歴があり、同国の演芸界に影響力を持つ李雪主が大きな役割を果たしたとされる。メンバーや幹部の待遇は朝鮮人民軍(朝鮮人民軍陸軍)の軍人であり、例としてそれぞれ2015年末時点では団長の玄松月は大佐、ボーカルの一人であるキム・ユギョンは大尉の軍事称号を持つ。牡丹峰楽団 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮民主主義人民共和国の歴史

    朝鮮民主主義人民共和国の歴史から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    1950年6月25日の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の大韓民国(韓国)侵攻(南進)によって勃発した朝鮮戦争は、当初韓国の李承晩大統領を釜山に追い詰めるまでに優勢だった北朝鮮の朝鮮人民軍をダグラス・マッカーサー率いる国連軍が朝鮮半島北上によって押し戻し、一時期大韓民国国軍は中朝国境の鴨緑江にまで達したが、この国連軍北上に対抗して成立間もない中華人民共和国から中国人民志願軍(抗美援朝義勇軍)が派遣され、戦争は朝鮮半島全土を荒廃させた後、1953年7月27日に朝鮮戦争休戦協定によって軍事境界線(38度線)を挟んでの朝鮮民主主義人民共和国と大韓民国との休戦が実現した。この朝鮮戦争では北朝鮮による武力統一こそ実現しなかったものの、この際に軍事委員会委員長となった金日成首相の権力を強化させ、甲山派・延安派・ソ連派と連携協力して最初の政敵とされた南労党派の打倒へと向かわせた。なお、朝鮮戦争の際の中国の介入により、中朝連合軍が結成された際、中朝連合軍の彭徳懐司令官は金日成首相を差し置いて延安派の朴一禹を中朝連合軍の副司令官に任命している。朝鮮民主主義人民共和国の歴史 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
474件中 1 - 10件表示

「朝鮮人民軍」のニューストピックワード