前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
316件中 1 - 10件表示
  • 日本国大統領 桜坂満太郎

    日本国大統領 桜坂満太郎から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    中・露の後押しを受けた朝鮮人民軍が韓国軍をわずか3日間であっさり敗北させ、韓国政府の面々が以後全く登場しないことや、米中が核兵器を大量に発射したり、ロシア人やフランス人といった欧州諸国の人物が全く登場しない等、政治的・軍事的観点から見て突っ込みどころの多い作品である。またアメリカ政府首脳が、侵略に成功するとみすみす中国を世界の超大国にしてしまうような極東の軍事行動を終盤まで黙認するなど、設定自体が現実性よりも日本独立戦争を描きたいとする娯楽的観点を重視したものである。日本国大統領 桜坂満太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 兪成哲

    兪成哲から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    兪成哲(ユ・ソンチョル、、朝鮮語:、1917年 - 1996年)は、ソ連・北朝鮮の軍人。朝鮮人民軍の中将。朝鮮戦争時、朝鮮人民軍の第一副総参謀長/作戦局長を務め、南侵命令を下達した。兪成哲 フレッシュアイペディアより)

  • 延坪島砲撃事件

    延坪島砲撃事件から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    延坪島砲撃事件(ヨンピョンドほうげきじけん)は、2010年11月23日に大延坪島近海で起きた朝鮮人民軍と韓国軍による砲撃戦と、それを発端とする北朝鮮・韓国間の緊張の高まりなどの一連の事件のことである。延坪島砲撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • 金正日

    金正日から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    金 正日(キム・ジョンイル、、1941年2月16日 - 2011年12月17日)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の政治家、軍人。北朝鮮を建国した金日成の長男であり、同国の最高指導者の地位を父より継承した。権力継承後、死去するまで朝鮮労働党中央委員会総書記、朝鮮民主主義人民共和国国防委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官、朝鮮労働党中央軍事委員会委員長を務めた。金正日 フレッシュアイペディアより)

  • マーセナリーズ

    マーセナリーズから見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    21世紀初頭。朝鮮民主主義人民共和国の最高指導者、チョイ・キム総統が大韓民国に対し、朝鮮半島の平和的な再統一を目的とした和平を提案した。これに韓国側の太陽政策と相まって、朝鮮人民軍の解体を条件に韓国側は北朝鮮に対する経済援助要求に合意し、半島統一の気運が高まっていった。マーセナリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 板門店

    板門店から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    ここで朝鮮戦争における北側の朝鮮人民軍と南側の「国連軍」の停戦条約が1953年に調印され、同年10月以降は両国間の停戦を監視する「中立国監視委員会」と「軍事停戦委員会」の本会議場が設置され、停戦協定遵守の監視を行っている(なお、北朝鮮は1991年に国際連合に加盟しているが、国連軍との間における「停戦」状態は現在も継続している)。板門店 フレッシュアイペディアより)

  • 作戦計画5027

    作戦計画5027から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    本計画は、北朝鮮が事前に最小限の兆候しか見せず「第二次朝鮮戦争」を開戦し、ソウルを要塞化火砲などで砲撃すること等を想定している。また対峙する韓国軍や米軍に比べ明らかに技術的能力に劣る朝鮮人民軍(北朝鮮軍)が兵力の数量的優位性を生かし、彼らがまず初期には半島全土を占領するため黙示的な目標を持って韓国を侵略、その後彼らが朝鮮労働党支配下の単一政体により朝鮮半島を赤化統一する程まで侵略を続けるなど、というシナリオも想定されている。この計画の内容は地上軍主体の朝鮮人民軍(陸軍が大半を占め、海空軍は圧倒的にそれに劣る)の侵攻を迅速に無力化するため、米韓が圧倒的優位に立つ空海戦力に傾斜していることを示している。作戦計画5027 フレッシュアイペディアより)

  • 李斗益

    李斗益から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    李斗益(リ・ドゥイク、1920年11月16日 - 2002年3月13日)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍人、政治家。朝鮮人民軍次帥。李斗益 フレッシュアイペディアより)

  • 折襟

    折襟から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    現在世界各国の軍服のうち、戦闘服は平折襟仕立てが一般的である(ただし第一ボタンを留めずに「開襟」のような形で着用する場合が多い)。また礼服・勤務服に折襟を用いている軍隊は、現在では中国人民解放軍、朝鮮人民軍(以上開襟ネクタイ式と併用)、チリ陸軍等少数となっている。折襟 フレッシュアイペディアより)

  • 大青海戦

    大青海戦から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    大青海戦(だいせいかいせん、デチョン-、)とは、2009年11月10日に、黄海で発生した大韓民国(韓国)海軍の艦艇と、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)海軍の警備艇の銃撃戦である。同年11月17日、韓国国防部によって「大青海戦」と命名された。大青海戦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
316件中 1 - 10件表示

「朝鮮人民軍」のニューストピックワード