474件中 91 - 100件表示
  • 李光洙

    李光洙から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    朝鮮戦争中、朝鮮人民軍がソウルを占拠した際に北朝鮮に拉致され、その後、重度の凍傷に罹って1950年10月25日、人民軍病院で結核の悪化のため死去した。李光洙 フレッシュアイペディアより)

  • KV-85

    KV-85から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    KV-85は火力の強化された新型ドイツ戦車に対し優越するほどの性能ではなかったが、KV重戦車系としては最もバランスのとれた性能だったといえる。第7、第11、第15、第29の4つの親衛重戦車連隊に21輌ずつが配備・実戦投入され、そして激戦により多数が失われたが、生き残った車輛は終戦まで使われ続けた。また朝鮮戦争の際、中国経由で北朝鮮軍に引き渡されているが、この時の戦闘記録は無い。KV-85 フレッシュアイペディアより)

  • 63式水陸両用戦車

    63式水陸両用戦車から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    63式水陸両用戦車は主に中国人民解放軍海軍の海軍陸戦隊に配備され、アルバニア、パキスタン、北朝鮮、ベトナム、ミャンマーに輸出され、PT-76と共にベトナム戦争や中越戦争に投入された。63式水陸両用戦車 フレッシュアイペディアより)

  • 第5空軍 (アメリカ軍)

    第5空軍 (アメリカ軍)から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    1950年からの朝鮮戦争においては主力部隊および司令部が朝鮮半島に移動し、北朝鮮軍との戦闘を行っている。第5空軍 (アメリカ軍) フレッシュアイペディアより)

  • 田村久三

    田村久三から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    朝鮮戦争開戦直後から、北朝鮮軍は機雷戦活動を開始しており、アメリカ海軍第7艦隊司令官は機雷対処を命じたものの、国連軍編成後も国連軍掃海部隊は極僅かであった。そこで国連軍は、元山上陸作戦にあたって、日本側へ海上保安庁の掃海部隊を派遣するよう求め、日本側は田村を朝鮮海域掃海部隊の総指揮官に任命。朝鮮水域の掃海隊は「特別掃海隊」と呼ばれ、国旗に替えて万国信号E(特別任務)旗を掲げるよう指定された。田村久三 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍FM放送

    朝鮮人民軍FM放送から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍FM放送(ちょうせんじんみんぐんエフエムほうそう)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の非武装地帯周辺の朝鮮人民軍の軍人向けのFMラジオ局である。朝鮮人民軍FM放送 フレッシュアイペディアより)

  • ツァスタバ M76

    ツァスタバ M76から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    M76は旧ユーゴスラビア以外では、朝鮮民主主義人民共和国でライセンス生産されており、朝鮮人民軍に配備・使用されている。ツァスタバ M76 フレッシュアイペディアより)

  • SG-43重機関銃

    SG-43重機関銃から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    この機関銃は、中国や東ヨーロッパ諸国でライセンス生産され、朝鮮戦争では朝鮮人民軍や中国人民志願軍が使用し、ベトナム戦争でもベトナム人民軍や南ベトナム民族解放戦線が運用した。また、モザンビーク独立戦争ではモザンビーク解放戦線が使用した。SG-43重機関銃 フレッシュアイペディアより)

  • 洛東江

    洛東江から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    朝鮮戦争初期、洛東江は北朝鮮軍に対する米韓軍の自然の障壁の役目を果たした。1950年8月3日には慶尚北道・漆谷郡倭館(ウェグァン)邑にあった橋が北朝鮮軍の侵入を防ぐために爆破され、多くの避難民が犠牲になった。1950年秋には軍事境界線となり、事実上、洛東江は北朝鮮軍が達した最南端のラインとなった。洛東江 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民警備隊

    朝鮮人民警備隊から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    月刊北韓の報道によれば、各旅団別兵力規模は基本的に類似するが、管轄区域の広さに従い多少の偏差があり、第15警備旅団が比較的兵力が多く、第22警備旅団が兵力が最も少ないという。旅団長は、少将級で、旅団参謀長は大佐又は少将級である。副旅団長は、軍事副旅団長と後方副旅団長等、2名がおり、階級は大佐である。旅団隷下に連隊、大隊、中隊、小隊、分隊等が朝鮮人民軍の編制と類似して組織されている。1970年代以降、兵力不足問題に直面するや、女性兵士の比率を高めて、兵力問題を解決させた。特に、金日成が「海岸において目で発見することは、女子でも可能だ」とし、積極的に女性人員の拡充を指示した。朝鮮人民警備隊 フレッシュアイペディアより)

474件中 91 - 100件表示

「朝鮮人民軍」のニューストピックワード