474件中 41 - 50件表示
  • 朝鮮戦争休戦協定

    朝鮮戦争休戦協定から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    朝鮮戦争休戦協定(ちょうせんせんそうきゅうせんきょうてい、、、)は、1950年から続く朝鮮戦争を終わらせた休戦協定である。国連軍(UNC)を代表してアメリカ陸軍の中将と、朝鮮人民軍及び中国人民志願軍(中朝連合司令部)を代表して南日大将の署名後、国連軍総司令官のマーク・W・クラーク大将、中国人民志願軍司令員の彭徳懐と朝鮮人民軍最高司令官の金日成も署名した。日本語による正式名称は「朝鮮における軍事休戦に関する一方国際連合軍司令部総司令官と他方朝鮮人民軍最高司令官および中国人民志願軍司令員との間の協定」。朝鮮戦争休戦協定 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮労働党

    朝鮮労働党から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    党大会は、日成時代の1980年10月10日以降、2016年5月6日の第7回党大会まで36年間開かれなかった。6ヶ月に1度開かれることになっている中央委員会総会の開催も、公表されなくなるなど、支配組織としての形骸化が指摘された。これは「先軍政治」(軍事優先政策)を掲げる正日がもはや党ではなく、朝鮮人民軍のみを信頼の対象にしているからだとされる。朝鮮労働党 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮義勇軍

    朝鮮義勇軍から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    朝鮮義勇軍(ちょうせんぎゆうぐん)は、1942年7月に山西省太行山脈で組織された中国共産党配下の朝鮮人部隊である。この部隊の幹部が北朝鮮に帰還して延安派を形成した。実際に日本軍と交戦したことはなく、日本軍に対する宣伝活動等を行った。戦後に中国の国民党軍との国共内戦に参加し、最終的には北朝鮮の朝鮮人民軍に帰順した。朝鮮義勇軍 フレッシュアイペディアより)

  • 2018年の朝鮮民主主義人民共和国

    2018年の朝鮮民主主義人民共和国から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    2月8日 - 平壌市中区域の金日成広場で、朝鮮人民軍創建70周年を記念して軍事パレード開催。2018年の朝鮮民主主義人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国軍慰安婦

    韓国軍慰安婦から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    朝鮮戦争中に韓国軍に逮捕された北朝鮮人女性は強制的に慰安婦にされることもあった。韓国軍の北派工作員は北朝鮮で拉致と強姦により慰安婦をおいていた。捕虜となった朝鮮人民軍女軍、女性パルチザンゲリラ、そのほかに朝鮮人民軍や中国の人民志願軍の占領地内の住民である朝鮮人女性のうちまだ疎開しなかった女性などが、共産主義者を助けたとの名目で強制的に性奴隷にされた。韓国軍慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 朴正煕

    朴正煕から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    1968年1月21日 - 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が「対南工作」で派遣した朝鮮人民軍のゲリラにより青瓦台襲撃未遂事件が発生、暗殺されかける。朴正煕 フレッシュアイペディアより)

  • 軍服 (中華人民共和国)

    軍服 (中華人民共和国)から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    こうした傾向と、内発的な共産主義革命という性格も手伝い、中華人民共和国の軍服は大きく言えば、ソ連軍を盟主とする東側諸国の軍服の類型に属しながらも、ソ連圏と親密であった時期の「五五式」軍服も含め、ソ連・東欧式の軍服の基準あるいは美意識に完全には同調しなかったところがある。たとえばソ連・東欧の軍服の最も一般的な素材であったウールはあまり用いられず、防寒着も含めて木綿が最も多用されたし、乗馬ズボンとブーツというスタイルも長らく定着せず、ソ連の軍服がロシア帝国の軍服から引き継いだきらびやかな装飾的要素(金ボタンや士官軍服の金糸刺繍等)も控えめにしか取り入れられなかった。このような傾向は、同じアジアの共産主義国家の軍服でも、朝鮮人民軍などとは大きく異なっている。人民服をベースに、ソ連軍の影響を「ワン・ノブ・ゼム」としつつ、かつての日本軍や中華民国軍をも含め、各国の要素を取り入れて渾然一体としたというのが、中華人民共和国の軍服のもう1つの特徴といえる。軍服 (中華人民共和国) フレッシュアイペディアより)

  • ムスダン (ミサイル)

    ムスダン (ミサイル)から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    この弾道ミサイルは2007年4月25日に平壌で行われた朝鮮人民軍創設75周年記念パレードで初めてその姿がアメリカの偵察衛星により確認された。また、2010年10月10日に行われた朝鮮労働党創建65周年記念パレードで初めてその姿が世界中のメディアに公開された。パレードでは12輪の移動式発射台に搭載されたムスダン8基が登場し、この時の映像は世界中で報道された。ムスダン (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • 金鐘五

    金鐘五から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    これらの事件を皮切りに第1連隊が警備していた議政府でも北朝鮮軍の侵入が度重なっていた。連隊長の金鐘五は越北を装い収容に来た北朝鮮軍部隊を攻撃する計画を立案した。情報局の金昌龍大尉と図り、38度線を行き来している二重スパイを利用して北朝鮮軍に「一個大隊が5月8日に社稷里を経て燕谷に越北するから収容の措置を講じてほしい」と伝えさせた。第8連隊の集団越北の直後だったこともあり北朝鮮軍側はこれを信用し、報道関係者まで集めて収容の準備を行った。金鐘五 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊

    自衛隊から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    防衛白書では北朝鮮による核兵器や、化学兵器、生物兵器などの保有を「重大な脅威」と公式表明し、自衛隊は朝鮮人民軍を特に強く警戒している。自衛隊 フレッシュアイペディアより)

474件中 41 - 50件表示

「朝鮮人民軍」のニューストピックワード