474件中 51 - 60件表示
  • 米朝関係

    米朝関係から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    1950年6月25日の朝鮮戦争勃発から2カ月後、北朝鮮は仁川上陸作戦の後に開戦前の国境線であった38度線を李承晩大統領の「北進統一」構想の下で北上した大韓民国国軍とアメリカ軍を主体とした国連軍により反撃され、占領された。この時代、韓国軍の支援を受け、米軍はダグラス・マッカーサー元帥の指示の下、朝鮮民主主義人民共和国により焦土と化した北朝鮮に自由民主主義政権を樹立しようとした。マッカーサーは北朝鮮の将軍、特に金日成を捜索する計画を立て、戦争犯罪者として裁こうとした。しかしながら同1950年10月25日に中華人民共和国が彭徳懐司令官率いる中国人民志願軍(抗美援朝義勇軍)を派遣し、直接介入した結果、国連軍は38度線以南にまで押し戻され、1953年7月27日にアメリカ軍のウィリアム・ハリソン・Jr中将と朝鮮人民軍の南日大将がそれぞれ国連軍と中朝連合軍の代表として朝鮮戦争休戦協定に署名した。米朝関係 フレッシュアイペディアより)

  • 海岸警備隊 (北朝鮮)

    海岸警備隊 (北朝鮮)から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    海岸警備隊は、内務省に属する警察の一種であったが、朝鮮民主主義人民共和国成立後の1949年8月に朝鮮人民軍に編入し、海軍となった。海岸警備隊 (北朝鮮) フレッシュアイペディアより)

  • 北朝鮮軍

    北朝鮮軍から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    北朝鮮軍 フレッシュアイペディアより)

  • 北朝鮮の軍事

    北朝鮮の軍事から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    北朝鮮の軍事 フレッシュアイペディアより)

  • 北朝鮮人民軍

    北朝鮮人民軍から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    北朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮民主主義人民共和国軍

    朝鮮民主主義人民共和国軍から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    朝鮮民主主義人民共和国軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮民主主義人民共和国国軍

    朝鮮民主主義人民共和国国軍から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    朝鮮民主主義人民共和国国軍 フレッシュアイペディアより)

  • 国境事変

    国境事変から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    かつて北朝鮮で護衛司令部第二総局の局長を務めた、元朝鮮人民軍の高官。総書記暗殺計画が露見し家族らを皆殺しにされた。朝鮮人民の解放を目的とした『アイアン計画』を立案し、吉男も協力していた。国境事変 フレッシュアイペディアより)

  • バイロコ (護衛空母)

    バイロコ (護衛空母)から見た北朝鮮軍朝鮮人民軍

    朝鮮戦争が勃発するとバイロコは直ちに現役復帰のための準備に入る。1950年9月12日に再就役し、太平洋艦隊に配属される。1950年11月から1953年8月の間にバイロコは三度の極東展開(1950年11月14日-1951年8月15日、1951年12月1日-1952年6月9日、1953年2月-8月)を行い、朝鮮半島水域で国連軍の支援活動に従事する。バイロコの艦載機部隊は北朝鮮軍、中国人民解放軍の地上部隊、機材、交通施設および海上部隊に対して何百回もの攻撃を行った。1951年5月9日に日本海で爆発、火災事故を起こし死者5名、負傷者13名の被害を出した。バイロコ (護衛空母) フレッシュアイペディアより)

  • レンドヴァ (護衛空母)

    レンドヴァ (護衛空母)から見た北朝鮮軍朝鮮人民軍

    半年後の1950年6月25日、朝鮮半島で北朝鮮軍が38度線を超え、朝鮮戦争が勃発する。レンドヴァは活性化を命じられた。1951年1月3日に再就役し、4月に配備が完了、7月3日に西へ向けて出航する。8月2日に横須賀に到着し、その後沖縄水域で訓練を行う。9月20日に神戸に到着し、シシリー (USS Sicily, CVE-l18) と任務を交代する。レンドヴァ (護衛空母) フレッシュアイペディアより)

474件中 51 - 60件表示

「朝鮮人民軍」のニューストピックワード