316件中 51 - 60件表示
  • 李善実

    李善実から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    済州島南部の村の出身。梨花女子専門学校卒業後、南朝鮮労働党(南労党)出身者が運営する金剛政治学園を修了した。解放前に独立運動を行い、その後、釜山で南労党の金三龍の下で女性運動を展開し、発覚するや単身越北した。朝鮮戦争当時、太白山でパルチザン生活を送り、朝鮮人民軍がソウルに進駐したとき、引き続き活動を再開した。李善実 フレッシュアイペディアより)

  • 金英哲

    金英哲から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    金英哲(キム・ヨンチョル、1946年 - )は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍人、政治家。朝鮮人民軍上将。金英哲 フレッシュアイペディアより)

  • 金明国

    金明国から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    金明国(キム・ミョングク、1940年 - )は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍人、政治家。朝鮮人民軍大将。金明国 フレッシュアイペディアより)

  • 北韓解放人民戦線

    北韓解放人民戦線から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    構成員たちは腕の部分に組織のロゴが入ったワッペンついた灰色の迷彩服、迷彩帽姿に身を包んでおり、軍事色が強い。これは組織の結成者らが朝鮮人民軍出身であるためである。実際に、組織の結成式典の際には金正日に模した人物を銃殺刑に処するというパフォーマンスを行っている。ただ、彼らが行っていることは主に北朝鮮の現体制を批判するビラ、DVDなどの北朝鮮への大量散布などである。内容は、北朝鮮の次期指導者に指名されている金正恩について、「あんな若造に国を治められるはずがない」などと批判、更に、2011年のリビアのカダフィ政権崩壊を引合いにだし、「あなた達も独裁政権を打倒するために立ち上がろう」といった趣旨の内容のビラを撒いている。北韓解放人民戦線 フレッシュアイペディアより)

  • トライアンフ (空母)

    トライアンフ (空母)から見た北朝鮮軍朝鮮人民軍

    トライアンフ搭載のシーファイアおよびファイアフライは、アメリカ空母ヴァリー・フォージ (USS Valley Forge, CV-45) の搭載機と共に7月3日に平壌および Chinnam の飛行場を攻撃した。シーファイアは機敏で高速であり、信頼性も高い機体であった。これは北朝鮮軍が運用したソ連製のヤク9と類似した外観を持っていた。このことは後に朝鮮戦争におけるトライアンフの配備において、悲劇的な事件の発生に繋がった。トライアンフ (空母) フレッシュアイペディアより)

  • ヴァシーリイ・チャパーエフ (大型対潜艦)

    ヴァシーリイ・チャパーエフ (大型対潜艦)から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    1986年9月15日から9月17日にかけて、「ヴァシーリイ・チャパーエフ」は初めて実施された太平洋艦隊と朝鮮人民軍海軍東海艦隊との合同演習に参加した。演習は、「海上へ移動する揚陸部隊の撃破」であり、 V・V・シードロフ太平洋艦隊司令官が演習の指揮を取った。ソ連海軍からは、「ヴァシーリイ・チャパーエフ」のほかに大型対潜艦「タシュケント」、ミサイル艇 5 隻、補給船舶 3 隻、航空機 12 基が演習に参加し、羅先を根拠地として活動した。演習後、「ヴァシーリイ・チャパーエフ」はインド洋での駐留任務を継続した。この年、大型対潜艦「タシュケント」、「ヴァシーリイ・チャパーエフ」、警備艦「ゴルヂェリーヴィイ」、および第710独立艦載対潜ヘリコプター連隊からなる第10作戦艦隊のは、対潜行動の分野で最優秀であると表彰された。ヴァシーリイ・チャパーエフ (大型対潜艦) フレッシュアイペディアより)

  • バイロコ (護衛空母)

    バイロコ (護衛空母)から見た北朝鮮軍朝鮮人民軍

    朝鮮戦争が勃発するとバイロコは直ちに現役復帰のための準備に入る。1950年9月12日に再就役し、太平洋艦隊に配属される。1950年11月から1953年8月の間にバイロコは三度の極東展開(1950年11月14日-1951年8月15日、1951年12月1日-1952年6月9日、1953年2月-8月)を行い、朝鮮半島水域で国連軍の支援活動に従事する。バイロコの艦載機部隊は北朝鮮軍、中国人民解放軍の地上部隊、機材、交通施設および海上部隊に対して何百回もの攻撃を行った。1951年5月9日に日本海で爆発、火災事故を起こし死者5名、負傷者13名の被害を出した。バイロコ (護衛空母) フレッシュアイペディアより)

  • 天安 (コルベット)

    天安 (コルベット)から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    1989年に起工し、1991年から韓国沿岸の哨戒艇として就役した。日本では翻訳の関係で哨戒艦として報道されることが多かったが、本艦の属する浦項級は、哨戒艦 (OPV) ではなくコルベットに類別される艦艇である。天安は1999年に北朝鮮の朝鮮人民軍と韓国海軍との武力衝突である第1延坪海戦で、北朝鮮と交戦した一隻であった。浦項級は24隻就役したが、2009年から順次退役が始まっており、天安も遠くない将来に退役する予定であった。天安 (コルベット) フレッシュアイペディアより)

  • ユニコーン (空母)

    ユニコーン (空母)から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    第二次世界大戦後にユニコーンは退役したが、朝鮮戦争の勃発に伴って再就役した。1950年6月から1953年10月までの間に、ユニコーンは韓国水域でイギリス海軍およびイギリス連邦軍の空母を支援した。ユニコーンはしばしば搭載機によって戦闘に参加した。ある時は搭載する4インチ砲で朝鮮人民軍の陣地に砲撃を行い、他の空母よりも最も敵陣に接近した。ユニコーン (空母) フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍総政治局

    朝鮮人民軍総政治局から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍総政治局(????)は、朝鮮人民軍の政治査察機関。朝鮮人民軍総政治局 フレッシュアイペディアより)

316件中 51 - 60件表示

「朝鮮人民軍」のニューストピックワード