316件中 81 - 90件表示
  • 軍服 (朝鮮半島)

    軍服 (朝鮮半島)から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    第二次世界大戦後の東西冷戦の最前線である分断国家として出発したという事情から、朝鮮半島の2つの国の軍服は、大韓民国(韓国軍)においては西側諸国とりわけアメリカ合衆国、朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮人民軍)においてはソビエト連邦、中国の軍服の強い影響を受けた。軍服 (朝鮮半島) フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍総参謀部

    朝鮮人民軍総参謀部から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍総参謀部(????)は、朝鮮人民軍の軍令機関。朝鮮人民軍総参謀部 フレッシュアイペディアより)

  • 粛川・順川の戦い

    粛川・順川の戦いから見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    仁川・ソウル攻略に間に合わなかった米陸軍第187空挺連隊は9月末以降金浦飛行場の警備に当たっていた。そして本戦争の最終段階(と当時思われた)の平壌の攻略が間近に迫ったので同連隊の投入が決定された。当初は平壌近郊に直接降下、地上部隊の大同江渡河を支援することが期待されたが、北朝鮮軍が平壌死守の公算は低いとの見積もりから、作戦目標を「北朝鮮政権首脳と北朝鮮軍主力の退路遮断、平壌付近に拘置されている国連軍捕虜」を救出」するという、空挺作戦史上、初めての政治戦略的見地(敵対政権首脳部の拘束を作戦目標に入れた、という意味において)を有する作戦を実施することとなった。粛川・順川の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 白鶴林

    白鶴林から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    白 鶴林(ペク・ハクリム、1918年 - 2006年10月5日)は、朝鮮民主主義人民共和国の政治家・軍人で、元人民保安相(内務相)、社会安全相。国防委員会委員、朝鮮人民軍大将、朝鮮労働党中央軍事委員、中央委員、最高人民会議代議員、法制委員会副委員長などを務めた。満州出身。白鶴林 フレッシュアイペディアより)

  • 金昌奉

    金昌奉から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    金 昌奉(キム・チャンボン、生没年不詳)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍人、政治家。金日成が率いる朝鮮労働党の主流派である満州派に属していた。朝鮮人民軍大将。金昌奉 フレッシュアイペディアより)

  • 金光侠

    金光侠から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    金光侠(キム・グァンヒョップ、1915年 - )は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍人、政治家。金日成が率いる朝鮮労働党の主流派である満州派に属していた。朝鮮人民軍大将。金光侠 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年中国における日本人死刑執行問題

    2010年中国における日本人死刑執行問題から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    なお、中国の死刑執行であるが、殺人犯のような「凶悪犯」の場合、死刑判決確定後迅速に執行されるが、薬物犯罪の場合には組織犯罪であることが多いため、「捜査の必要性」から死刑執行に2年から5年の猶予があるという。そのため今回死刑が執行された4人に確定から執行まで猶予期間があったのはこのためであるといえる。また今回死刑が執行された4人は中国東北部で拘束されたが、いずれも北朝鮮製の覚醒剤を取り扱っていたと見られている。中国人民解放軍の関係者によれば、これら北朝鮮製の覚醒剤で中国に密輸される9割は北朝鮮の朝鮮人民軍が関与しており、同国軍には覚醒剤製造を任務とする部隊すら存在するという。いわば、中国の捜査当局は中国国内の麻薬汚染が無視できなくなってきたことから、「友好国」である北朝鮮からの麻薬密輸ルートの摘発を強化し、さらに死刑による威嚇で押さえ込もうと懸命になっていたというわけである。2010年中国における日本人死刑執行問題 フレッシュアイペディアより)

  • M18 57mm無反動砲

    M18 57mm無反動砲から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    大戦後も配備は継続され、アメリカ軍では小銃中隊の無反動砲分隊に2門が配備されていたが、朝鮮戦争では、北朝鮮軍のT-34戦車に対して有効な打撃を与えることができなかった。このように戦車の進歩に追いつけなくなってきていたことから、大口径の携行型無反動砲として開発されたM67 90mm無反動砲、のちには新開発のドラゴン対戦車ミサイルによって代替されて、退役した。M18 57mm無反動砲 フレッシュアイペディアより)

  • レンドヴァ (護衛空母)

    レンドヴァ (護衛空母)から見た北朝鮮軍朝鮮人民軍

    半年後の1950年6月25日、朝鮮半島で北朝鮮軍が38度線を超え、朝鮮戦争が勃発する。レンドヴァは活性化を命じられた。1951年1月3日に再就役し、4月に配備が完了、7月3日に西へ向けて出航する。8月2日に横須賀に到着し、その後沖縄水域で訓練を行う。9月20日に神戸に到着し、シシリー (USS Sicily, CVE-l18) と任務を交代する。レンドヴァ (護衛空母) フレッシュアイペディアより)

  • 崔永林

    崔永林から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    日本統治時代に、咸鏡北道で生まれる。朝鮮民主主義人民共和国建国後、朝鮮戦争が始まった1950年の7月、朝鮮人民軍に入隊。戦後、万景台革命学院、金日成総合大学を卒業し、モスクワ大学へ留学して同大学も卒業した。崔永林 フレッシュアイペディアより)

316件中 81 - 90件表示

「朝鮮人民軍」のニューストピックワード