242件中 91 - 100件表示
  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た軍隊

    朝鮮人民軍(ちょうせんじんみんぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍隊で、メディアからは北朝鮮軍とも呼ばれている。陸軍、海軍、空軍、弾道ミサイルを運用する戦略軍()、内務軍、特殊部隊を統括する特殊作戦軍の各兵科により編成されている。朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法第11条の規定により、制度上は朝鮮労働党の指導を受けるとされる。ただし先軍政治を掲げた金正日執権時には「国家主権の最高軍事指導機関かつ全般的国防管理機関」と定められた国防委員会の全面的な指揮・統制を受け、特に党の指導が形骸化したという指摘があった。金正恩時代になってからは軍事的な意思決定は朝鮮労働党中央軍事委員会が担うようになっており、2016年6月29日に国防委員会は廃止された。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た首都

    平時においては、韓国の首都であるソウルを射程に収める長距離火砲・ロケット砲とミサイルの即応体制を維持し、ソウル在住の要人や約1000万人の非戦闘員を事実上の人質として、韓国軍と在韓米軍の動きを抑止している。有事の際には韓国領内に電撃的侵攻を行い、主な攻略目標として首都ソウルを制圧することで韓国側の戦争遂行能力を奪うこと(人民軍では「速度戦」と呼称される)を基本戦略とする。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た要塞

    1960年代初めから現在に至るまで50年以上の長きにわたり、北朝鮮当局は朝鮮戦争における軍事的な教訓に基づく国家戦略として「四大軍事路線」を堅持し、人民の暮らしよりも軍事が優先される「先軍政治」を標榜している。具体的な政策は、金日成が自ら教示した4つのキーワードである「全人民の武装化、全軍の幹部化、全軍の現代化、全国土の要塞化」に基づく。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た新義州市

    第11警備旅団 - 平安北道新義州市朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た志願制度

    さらに甚大な食糧難だった1990年代の苦難の行軍の世代は、出生率が例年より3割も低く、この世代を招集する時期には兵力の減少が見込まれる。兵力の規模を維持するため、2015年には男性の兵役期間を11年に延長、これまで志願制であった女性にも7年の兵役義務を科す方針である。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た制空権

    兵員数は世界有数の規模だが、通常兵器は軍事専門家から『動く軍事博物館』と揶揄されるほどの旧式装備が大半を占める。石油は主に中国からの輸入に頼っているが、外貨不足や中国に対北朝鮮制裁を迫る米国の圧力による燃料不足のため、訓練も十分ではない。複数の軍事専門家からは、特に制空権・制海権の獲得は絶望的と指摘されている。このため、核・生物・化学の大量破壊兵器とその運搬手段である弾道ミサイル、合計20万人にも達する特殊部隊、軍事境界線の北朝鮮側から韓国北部を狙える長距離砲などで、韓国軍の後方や日本本土、在韓・在日米軍基地などを直接攻撃できる態勢をとり、空軍力などでの不利を補う戦略をとっている。弾道ミサイルについてはアメリカ合衆国本土や米領のグアムやハワイへの攻撃能力獲得を目指して長射程化を進め、2017年11月には射程13,000kmの火星15の発射に成功し、米国全土を射程に収めるまでに至った。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た特殊部隊

    朝鮮人民軍(ちょうせんじんみんぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍隊で、メディアからは北朝鮮軍とも呼ばれている。陸軍、海軍、空軍、弾道ミサイルを運用する戦略軍()、内務軍、特殊部隊を統括する特殊作戦軍の各兵科により編成されている。朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法第11条の規定により、制度上は朝鮮労働党の指導を受けるとされる。ただし先軍政治を掲げた金正日執権時には「国家主権の最高軍事指導機関かつ全般的国防管理機関」と定められた国防委員会の全面的な指揮・統制を受け、特に党の指導が形骸化したという指摘があった。金正恩時代になってからは軍事的な意思決定は朝鮮労働党中央軍事委員会が担うようになっており、2016年6月29日に国防委員会は廃止された。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た下士官

    第二に、朝鮮人民軍では、韓国に対する縦深攻撃を行う際に、部隊の多くが壊滅に追い込まれ将校と下士官が大量に死傷することは既に織り込み済みである。極限状態の中にあっても戦闘序列を守り、作戦を成功させるため、実際の戦闘中に階級が上位の者を失っても、その隷下にあって生き残った者が「主体思想」を信念として、直ちに階級が1ないし2階級上位にある者の職務を代行できるよう、「全軍の幹部化」を追求している。そのために、部隊においては「日帝残滓」を人民軍から一掃する反日教育が推進され、一種の宗教のように金日成一族のことを崇拝させるマインドコントロールが行われている。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た石油

    兵員数は世界有数の規模だが、通常兵器は軍事専門家から『動く軍事博物館』と揶揄されるほどの旧式装備が大半を占める。石油は主に中国からの輸入に頼っているが、外貨不足や中国に対北朝鮮制裁を迫る米国の圧力による燃料不足のため、訓練も十分ではない。複数の軍事専門家からは、特に制空権・制海権の獲得は絶望的と指摘されている。このため、核・生物・化学の大量破壊兵器とその運搬手段である弾道ミサイル、合計20万人にも達する特殊部隊、軍事境界線の北朝鮮側から韓国北部を狙える長距離砲などで、韓国軍の後方や日本本土、在韓・在日米軍基地などを直接攻撃できる態勢をとり、空軍力などでの不利を補う戦略をとっている。弾道ミサイルについてはアメリカ合衆国本土や米領のグアムやハワイへの攻撃能力獲得を目指して長射程化を進め、2017年11月には射程13,000kmの火星15の発射に成功し、米国全土を射程に収めるまでに至った。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た釜山橋頭堡の戦い

    朝鮮人民軍の奇襲により1950年6月25日に勃発した朝鮮戦争(北朝鮮では「祖国解放戦争」と位置づけている)では、当初の朝鮮人民軍はソ連や中華人民共和国からの豊富な支援を受けて前述のように韓国軍を質量ともに圧倒しており、緒戦で韓国の首都ソウルを陥落させ、アメリカ軍やイギリス軍を始めとした国連軍の参戦後も大田の戦いなどで勝利を得て、国連軍を釜山円陣に追い詰めた。1950年7月4日に金日成(当時、首相)が朝鮮人民軍の最高司令官となった。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

242件中 91 - 100件表示

「朝鮮人民軍」のニューストピックワード