158件中 11 - 20件表示
  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見たイラク戦争

    兵員数が非常に多く数の上では大規模な陸軍である。ただし近代化が進んでおらず50-60年代の技術で製作された兵器が主力を占めている。装備上の特徴として山岳戦となった朝鮮戦争の戦訓から火砲の自走砲化に注力し、多数を保有する。ただし、対砲レーダーの保有が確認されておらず通信設備も貧弱であることから現代の砲兵戦でどれほど戦えるかは未知数である。さらに、経済制裁による石油の枯渇や物資不足で、車両を中心に急速な無力化が進んでいる。その代わり、イラク戦争の頃からは自爆テロやIED(即席爆発装置)の研究をしているという。米国防総省の専門家が下院軍事委員会小委員会で証言したところによれば、北朝鮮はアルカイダ等のイスラム原理主義過激派が使用するIEDについて興味を示しており、戦術を学ぶためパキスタンのイスラム過激派支配地域に人民軍から視察団を派遣したとされている。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見たプルトニウム

    現時点で核兵器を保有しているかについては不明であるものの、過去に核保有国であるパキスタンからウラン型核兵器に関する技術供与を受けている点、さらにプルトニウム型核兵器に関しても独自の核開発を行っているとされることから、核兵器を将来的に保有するのではないかとの国際的認識が広まっていた。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た国内総生産

    日本の『平成23年版防衛白書』では、総兵力は120万人とされている。これは、対峙している韓国軍の兵力(66万人)と在韓米軍(2万5千人)の合計よりも多い。北朝鮮の人口は約2400万人なので、国民の5%程度が軍役に就いていることになるが、そのために兵役期間が10年(2005年までは、13年だった)と極めて長く、元々GDPが1.2?2.4兆円で著しく低迷する北朝鮮経済に与える影響は極めて甚大である。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た工作船

    第三に、「全軍の現代化」と称して、現代の戦略兵器である弾道ミサイルおよび核兵器の開発、日本や韓国において特殊部隊の協力者ネットワーク「土台人」を確保。特殊部隊による工作船運用やクラッキング等の諜報戦に、限りある資源の投資を集中している。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見たソウル特別市

    有事の際には韓国領内に電撃的侵攻を行い、主な攻略目標として韓国の首都であるソウルを早期に制圧することで韓国側の戦争遂行能力に打撃を与えることを基本戦略とする。朝鮮人民軍の兵力は世界有数の規模だが、装備に着目すると軍事専門家から『動く軍事博物館』と揶揄されるほどの旧式装備が大半を占め、燃料不足のため訓練も十分ではなく、複数の軍事専門家から制空権・制海権の獲得は絶望的と指摘されている。北朝鮮はこのような装備面での劣勢を膨大な動員力でカバーし、爆発的な破壊をもたらす飽和攻撃で韓国軍や在韓米軍を押し潰す戦術をとらざるを得ないため、兵力の多くは前方配置されているが、武器弾薬の補充(兵站)が困難な状況から継戦能力は限定的なものであるとみなされている。もっとも、北朝鮮国内では外国人に対する監視が極めて厳しく、情報収集が困難なため、食糧難や燃料難の情報は漏れでてくるが、朝鮮人民軍の規模や深刻度についての憶測はソースにより様々であり、情報が錯綜しているのが現状である。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た平壌

    しかし、国連軍の仁川上陸作戦が成功したことにより戦局が一転すると、人民軍は敗走を重ねて多くの戦力を失い、一時は臨時首都の平壌を喪失するまでに追い詰められた。その後、中国人民志願軍の参戦により再び戦局は膠着するものの、1953年7月27日の休戦まで、人民軍は戦争の中での主導的な役割を失った。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た防衛白書

    日本の『平成23年版防衛白書』では、総兵力は120万人とされている。これは、対峙している韓国軍の兵力(66万人)と在韓米軍(2万5千人)の合計よりも多い。北朝鮮の人口は約2400万人なので、国民の5%程度が軍役に就いていることになるが、そのために兵役期間が10年(2005年までは、13年だった)と極めて長く、元々GDPが1.2?2.4兆円で著しく低迷する北朝鮮経済に与える影響は極めて甚大である。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た弾道ミサイル

    朝鮮人民軍は、通常兵器の質では仮想敵である周辺諸国にかなわないため、仮想敵国を標的とするサイバー戦争・大量破壊兵器・弾道ミサイルの開発に傾注しており、北朝鮮の6000億円の年間軍事予算(公表された数字では年間3000億前後)のうち4000億円近くを核・ミサイルおよびクラッキング技術の研究開発に費やしている。韓国・日本の中には、北朝鮮要人の「民族統一のためには核戦争すら辞さず」との発言から、「北朝鮮は端から韓国機甲戦力を核兵器で破砕する意思があり、核を撃ち合うなら集中した機甲より散開した歩兵が適正な選択。韓国の第三世代戦車も核で溶けないわけではない」「北朝鮮の核実験により、半島の軍事バランスは一気に北に傾いた」という見解もある。現段階では弾道ミサイルへの核弾頭搭載については見解が分かれているが、これは北朝鮮自身の核実験の実績から推測しているものにすぎない。実際、パキスタンのアブドゥル・カディール・カーンも関与していた核の闇市場を通じてパキスタンあるいは中国製の1960年代に設計された弾道ミサイルに搭載可能なウラン爆縮型原子爆弾の設計図が北朝鮮に流入している事は考慮されておらず、正確性を欠く恐れがある。なお、核実験だけの実績から考えると、最大評価は米シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)の研究者らによってノドンにおける核弾頭化は可能というもので、最小評価は「ファットマン規模の大きさの10キロトン程度の原子爆弾を保有」との評価である。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た中国人民解放軍

    当時の北朝鮮の体制内では、ソ連から帰国したソ連派、中華民国(同国内の中国共産党指揮下の中国人民解放軍)から帰国した延安派と呼ばれる幹部が大きな役割を担っていた。創建直後の人民軍でもそれは変わらず、軍事的な経験や知識を持った彼ら帰国者たちは軍団長や師団長などの高級幹部の地位を占めて、人民軍を質的に補完した。これは、幹部に日本軍出身者が多かった創建直後の韓国軍とは対照的といえる。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見たウラン

    現時点で核兵器を保有しているかについては不明であるものの、過去に核保有国であるパキスタンからウラン型核兵器に関する技術供与を受けている点、さらにプルトニウム型核兵器に関しても独自の核開発を行っているとされることから、核兵器を将来的に保有するのではないかとの国際的認識が広まっていた。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

158件中 11 - 20件表示

「朝鮮人民軍」のニューストピックワード