158件中 31 - 40件表示
  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見たAK-47

    一般兵士の使う自動小銃(AK-47、AKM)は、老朽化が進んでいる。また、軍服や軍帽の品質も悪い。迷彩服やボディアーマーは、ごく一部の部隊にのみ貸与される。特に、歩兵にとって重要な武器である自動小銃の新調は近い将来行わざるを得ず、北朝鮮国内では、ロシアのイジェフスク機械製作工場からライセンス生産の許可を受けていないAK-74の密造が行われている。サイドアームとしては、製造元の許可を受けずにCz75、トカレフ、FN ブローニング・ハイパワーの密造が行われている。北朝鮮に銃器を輸出する国があるかどうかは不明である。ただ、軍事独裁国家であるミャンマーとの間で野砲などの兵器の取引が行われている。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見たサイバー戦争

    朝鮮人民軍は、通常兵器の質では仮想敵である周辺諸国にかなわないため、仮想敵国を標的とするサイバー戦争・大量破壊兵器・弾道ミサイルの開発に傾注しており、北朝鮮の6000億円の年間軍事予算(公表された数字では年間3000億前後)のうち4000億円近くを核・ミサイルおよびクラッキング技術の研究開発に費やしている。韓国・日本の中には、北朝鮮要人の「民族統一のためには核戦争すら辞さず」との発言から、「北朝鮮は端から韓国機甲戦力を核兵器で破砕する意思があり、核を撃ち合うなら集中した機甲より散開した歩兵が適正な選択。韓国の第三世代戦車も核で溶けないわけではない」「北朝鮮の核実験により、半島の軍事バランスは一気に北に傾いた」という見解もある。現段階では弾道ミサイルへの核弾頭搭載については見解が分かれているが、これは北朝鮮自身の核実験の実績から推測しているものにすぎない。実際、パキスタンのアブドゥル・カディール・カーンも関与していた核の闇市場を通じてパキスタンあるいは中国製の1960年代に設計された弾道ミサイルに搭載可能なウラン爆縮型原子爆弾の設計図が北朝鮮に流入している事は考慮されておらず、正確性を欠く恐れがある。なお、核実験だけの実績から考えると、最大評価は米シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)の研究者らによってノドンにおける核弾頭化は可能というもので、最小評価は「ファットマン規模の大きさの10キロトン程度の原子爆弾を保有」との評価である。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た軍隊

    朝鮮人民軍(ちょうせんじんみんぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍隊。制度上は朝鮮労働党の指導を受けるとされるが、党の指導が形骸化しているという指摘がある(先軍政治を参照)。陸軍、海軍、空軍などから編成される。北朝鮮の事実上の国軍であるため、メディアを始めとして北朝鮮軍とも呼ぶ。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た大韓民国国家情報院

    韓国国家情報院(旧・国家安全企画部)が、北朝鮮研究の成果をとりまとめて刊行した書籍である「北韓常識」によれば、北朝鮮海軍の訓練内容は、有事の際に持てる艦船の全てのミサイルを同時に発射して、敵の防空システムを麻痺させて敵を撃破する「飽和攻撃」を行う訓練や、潜水艇や魚雷艇に爆弾を搭載して敵艦船に体当たりする自爆攻撃の訓練、機雷戦訓練、潜水艦による特殊作戦部隊の敵国侵入訓練を行っている。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た清津市

    第6軍団 - 咸鏡北道清津市。1995年に反乱が発生し、解体されたという噂もある。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た人民武力部

    指揮系統は複雑である。公式には国家の最高軍事指導機関として国防委員会が明定されており、2012年4月から金正恩 国防委員会第一委員長が司っている。そして国防委員会の下に国家安全保衛部、人民武力部、護衛司令部があり、この人民武力部が朝鮮人民軍を統轄する。これとは全く独立して朝鮮人民軍最高司令部が設けられており、朝鮮人民軍最高司令官にも金正恩が就いている。しかしこの最高司令部は、法律にも党規約にも規定がなく、実際にどのような役割を果たすかは不明である。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た労農赤衛隊

    第一に、「全人民の武装化」が追求されている。すなわち、徴兵制によって人民に長期間の兵役の義務を課し、除隊後も予備役として「地方軍」に所属させ、もしくは人民軍とほぼ同じ階級制度を導入する「労農赤衛隊」等の民間防衛組織に加入させることで、人海戦術による朝鮮半島全域での全縦深同時突破を実現しうる約400万人の予備兵力を確保している。また、有事の際に人民軍の兵站輸送等に使役される鉄道員や一部の役人たちの職階には、人民軍による指揮監督の円滑化のために人民軍とほぼ同じ階級制度を導入している。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見たパキスタン

    兵員数が非常に多く数の上では大規模な陸軍である。ただし近代化が進んでおらず50-60年代の技術で製作された兵器が主力を占めている。装備上の特徴として山岳戦となった朝鮮戦争の戦訓から火砲の自走砲化に注力し、多数を保有する。ただし、対砲レーダーの保有が確認されておらず通信設備も貧弱であることから現代の砲兵戦でどれほど戦えるかは未知数である。さらに、経済制裁による石油の枯渇や物資不足で、車両を中心に急速な無力化が進んでいる。その代わり、イラク戦争の頃からは自爆テロやIED(即席爆発装置)の研究をしているという。米国防総省の専門家が下院軍事委員会小委員会で証言したところによれば、北朝鮮はアルカイダ等のイスラム原理主義過激派が使用するIEDについて興味を示しており、戦術を学ぶためパキスタンのイスラム過激派支配地域に人民軍から視察団を派遣したとされている。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た兵站

    有事の際には韓国領内に電撃的侵攻を行い、主な攻略目標として韓国の首都であるソウルを早期に制圧することで韓国側の戦争遂行能力に打撃を与えることを基本戦略とする。朝鮮人民軍の兵力は世界有数の規模だが、装備に着目すると軍事専門家から『動く軍事博物館』と揶揄されるほどの旧式装備が大半を占め、燃料不足のため訓練も十分ではなく、複数の軍事専門家から制空権・制海権の獲得は絶望的と指摘されている。北朝鮮はこのような装備面での劣勢を膨大な動員力でカバーし、爆発的な破壊をもたらす飽和攻撃で韓国軍や在韓米軍を押し潰す戦術をとらざるを得ないため、兵力の多くは前方配置されているが、武器弾薬の補充(兵站)が困難な状況から継戦能力は限定的なものであるとみなされている。もっとも、北朝鮮国内では外国人に対する監視が極めて厳しく、情報収集が困難なため、食糧難や燃料難の情報は漏れでてくるが、朝鮮人民軍の規模や深刻度についての憶測はソースにより様々であり、情報が錯綜しているのが現状である。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た咸鏡北道

    第6軍団 - 咸鏡北道清津市。1995年に反乱が発生し、解体されたという噂もある。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

158件中 31 - 40件表示

「朝鮮人民軍」のニューストピックワード