158件中 41 - 50件表示
  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た核弾頭

    朝鮮人民軍は、通常兵器の質では仮想敵である周辺諸国にかなわないため、仮想敵国を標的とするサイバー戦争・大量破壊兵器・弾道ミサイルの開発に傾注しており、北朝鮮の6000億円の年間軍事予算(公表された数字では年間3000億前後)のうち4000億円近くを核・ミサイルおよびクラッキング技術の研究開発に費やしている。韓国・日本の中には、北朝鮮要人の「民族統一のためには核戦争すら辞さず」との発言から、「北朝鮮は端から韓国機甲戦力を核兵器で破砕する意思があり、核を撃ち合うなら集中した機甲より散開した歩兵が適正な選択。韓国の第三世代戦車も核で溶けないわけではない」「北朝鮮の核実験により、半島の軍事バランスは一気に北に傾いた」という見解もある。現段階では弾道ミサイルへの核弾頭搭載については見解が分かれているが、これは北朝鮮自身の核実験の実績から推測しているものにすぎない。実際、パキスタンのアブドゥル・カディール・カーンも関与していた核の闇市場を通じてパキスタンあるいは中国製の1960年代に設計された弾道ミサイルに搭載可能なウラン爆縮型原子爆弾の設計図が北朝鮮に流入している事は考慮されておらず、正確性を欠く恐れがある。なお、核実験だけの実績から考えると、最大評価は米シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)の研究者らによってノドンにおける核弾頭化は可能というもので、最小評価は「ファットマン規模の大きさの10キロトン程度の原子爆弾を保有」との評価である。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見たMiG-29 (航空機)

    「韓国国防白書2008年版」によれば、保有航空機数は、戦闘任務機840機、監視統制機30機、輸送機330機、ヘリ310機、訓練機180機である。この内、実働戦力として勘定されるのは、米韓軍に対抗可能なSu-25(20機)、MiG-23(48?50機)、MiG-29(30機)、Mi-24(20機)などの新型機のみであると考えられる。この他、中国製のY-5も保有しており、低速の複葉機でレーダーに映りにくいという特徴を利用して空挺降下や対艦攻撃に用いるとも考えられている。さらに有事の際にはフラッグ・キャリアの高麗航空機も編入するとされる。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た先軍政治

    朝鮮人民軍(ちょうせんじんみんぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍隊。制度上は朝鮮労働党の指導を受けるとされるが、党の指導が形骸化しているという指摘がある(先軍政治を参照)。陸軍、海軍、空軍などから編成される。北朝鮮の事実上の国軍であるため、メディアを始めとして北朝鮮軍とも呼ぶ。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見たノドン

    朝鮮人民軍は、戦略ロケット軍に、KN-02短距離弾道ミサイル、スカッド短距離弾道ミサイルおよび、それを独自に改造した準中距離弾道ミサイルのノドン、中距離弾道ミサイルであるムスダン、さらに大陸間弾道ミサイルのテポドン2号を配備している。また移動式であり個体燃料のエンジンが疑われるKN-08大陸間弾道ミサイルも開発中とされる。KN-02短距離弾道ミサイルは韓国の首都ソウル、スカッドは韓国全域、日本の一部、ノドンは日本の大半、ムスダンとテポドン2は日本の全域やアメリカの大半を射程に含めるため、極東アジアにおける軍事的緊張の一因となっている。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見たソビエト連邦

    朝鮮人民軍では諸外国軍の階級にあたるものを、階級のない国家であると言う建前から、「軍事称号」と呼んでいる。その体系はソ連・中国のそれに似ており、士兵(下士官兵に相当)の軍事称号が簡素である一方、軍官(士官に相当)の軍事称号は細分化が進んでいる。これを共産主義諸国の軍隊に特徴的であるとする見方もある。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た瑞興郡

    第815機械化軍団 - 黄海北道瑞興郡朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た空軍

    朝鮮人民軍(ちょうせんじんみんぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍隊。制度上は朝鮮労働党の指導を受けるとされるが、党の指導が形骸化しているという指摘がある(先軍政治を参照)。陸軍、海軍、空軍などから編成される。北朝鮮の事実上の国軍であるため、メディアを始めとして北朝鮮軍とも呼ぶ。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た沙里院市

    第820戦車軍団 - 黄海北道沙里院市コブル洞。2006年末に機甲師団に改編朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た朝鮮民主主義人民共和国国家安全保衛部

    指揮系統は複雑である。公式には国家の最高軍事指導機関として国防委員会が明定されており、2012年4月から金正恩 国防委員会第一委員長が司っている。そして国防委員会の下に国家安全保衛部、人民武力部、護衛司令部があり、この人民武力部が朝鮮人民軍を統轄する。これとは全く独立して朝鮮人民軍最高司令部が設けられており、朝鮮人民軍最高司令官にも金正恩が就いている。しかしこの最高司令部は、法律にも党規約にも規定がなく、実際にどのような役割を果たすかは不明である。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た宗教

    第二に、朝鮮人民軍では、韓国に対する縦深攻撃を行う際に将校と下士官が大量に死傷することを予め想定しており、実際の戦闘中に階級が上位の者を失っても、その隷下にあって生き残った者が「主体思想」を信念として、直ちに階級が1ないし2階級上位にある者の職務を代行できるよう「全軍の幹部化」を追求している。そのために、部隊においては「日帝残滓」を人民軍から一掃する反日教育や情報統制が推進され、一種の宗教のように金日成一族のことを崇拝させるマインドコントロールが行われている。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

158件中 41 - 50件表示

「朝鮮人民軍」のニューストピックワード