158件中 61 - 70件表示
  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た予備役

    約100万人は陸軍の地上兵力となっており、残る20万人が海軍と空軍の兵力である。他に予備役が470万人、労農赤衛隊350万人、保安部隊が19万人もおり、事実上男性皆兵といっても差し支えない。しかし、正規軍も多くは日常的に農漁業などに従事しているため、訓練は行き届いているとは言えない。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た金正日の死

    通信装備に関して、2011年12月17日の金正日の死去の前後に無線交信量の変化がさほどなかったと韓国国情院が報告しており、これと関連して朝日新聞は軍司令部など各所を結ぶ光ファイバー網が整備されているためであり、天安沈没事件の際にも人民軍にとって有効であったと報道している。近年、北朝鮮では、土台人により不正輸出された約1800台のパソコンを使用する「平壌情報センター(PIC)」が設立されている。サイバー戦争で仮想敵国のインフラを破壊することが狙いとみられている。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た高城郡 (江原道)

    第806機械化軍団 - 江原道高城郡朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た湾岸戦争

    配備中の弾道ミサイルのうちKN-02短距離弾道ミサイルを除き、全て液体燃料ミサイルであるが、液体酸素や液体水素では無く常温保存が可能なものなので即応性も相応にある。実際ソ連のSLBM/ICBMも常温保存液体燃料であったし、燃料注入状態で1ヶ月以上保存可能であった。また湾岸戦争においてイラクが発射したスカッドが米軍のスカッド狩りをすり抜けて多数、イスラエルとサウジアラビアに着弾した史実もある。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見たアメリカ戦略軍

    朝鮮人民軍戦略ロケット軍は、国防委員会の直轄部隊として、テポドン等の弾道ミサイル戦力の運用を担任している独立兵科である。諸外国では、以前から「ミサイル指導局」との通称で呼ばれていたが、2012年4月15日の軍事パレードにおいて金正恩自身が戦略ロケット軍の存在を認める演説をした。アメリカ戦略軍、ロシア戦略ロケット軍、中国人民解放軍第二砲兵部隊に相当する。核戦力の有無、人選や教育訓練等の詳細は不明である。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た爆撃機

    朝鮮人民軍空軍は、戦闘機と爆撃機を保有する4個飛行師団と、輸送機とヘリコプターを保有する2個戦術輸送旅団から成る。師団隷下の編制は、連隊編制を取っている。また、特殊部隊として、2個空軍狙撃旅団を保有する。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た朝銀信用組合

    ただし、年間軍事予算6500億円のうち一部は在日朝鮮人からの送金や、韓国との開城工業団地、朝銀信用組合事件など外国から吸い上げた資金が充当されているとする推測もある。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見た仁川上陸作戦

    しかし、国連軍の仁川上陸作戦が成功したことにより戦局が一転すると、人民軍は敗走を重ねて多くの戦力を失い、一時は臨時首都の平壌を喪失するまでに追い詰められた。その後、中国人民志願軍の参戦により再び戦局は膠着するものの、1953年7月27日の休戦まで、人民軍は戦争の中での主導的な役割を失った。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見たFN ブローニング・ハイパワー

    一般兵士の使う自動小銃(AK-47、AKM)は、老朽化が進んでいる。また、軍服や軍帽の品質も悪い。迷彩服やボディアーマーは、ごく一部の部隊にのみ貸与される。特に、歩兵にとって重要な武器である自動小銃の新調は近い将来行わざるを得ず、北朝鮮国内では、ロシアのイジェフスク機械製作工場からライセンス生産の許可を受けていないAK-74の密造が行われている。サイドアームとしては、製造元の許可を受けずにCz75、トカレフ、FN ブローニング・ハイパワーの密造が行われている。北朝鮮に銃器を輸出する国があるかどうかは不明である。ただ、軍事独裁国家であるミャンマーとの間で野砲などの兵器の取引が行われている。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍から見たCz75

    一般兵士の使う自動小銃(AK-47、AKM)は、老朽化が進んでいる。また、軍服や軍帽の品質も悪い。迷彩服やボディアーマーは、ごく一部の部隊にのみ貸与される。特に、歩兵にとって重要な武器である自動小銃の新調は近い将来行わざるを得ず、北朝鮮国内では、ロシアのイジェフスク機械製作工場からライセンス生産の許可を受けていないAK-74の密造が行われている。サイドアームとしては、製造元の許可を受けずにCz75、トカレフ、FN ブローニング・ハイパワーの密造が行われている。北朝鮮に銃器を輸出する国があるかどうかは不明である。ただ、軍事独裁国家であるミャンマーとの間で野砲などの兵器の取引が行われている。朝鮮人民軍 フレッシュアイペディアより)

158件中 61 - 70件表示

「朝鮮人民軍」のニューストピックワード