137件中 61 - 70件表示
  • GREE

    GREEから見た木下優樹菜木下 優樹菜

    多くのCMでは、冒頭で『グリー』というサウンドロゴが入る。基本無料で遊べる1つのゲームコンテンツの内容を紹介した簡素なCMが多い。芸能人の起用は比較的少ないが、前述の岸部四郎のほか、ナインティナインの岡村隆史と矢部浩之、ベッキー、木下優樹菜、福山雅治、EXILE(CMソングも担当)、明石家さんまがCMに起用されたことがある。恋愛系ゲームの場合は作品によってCM向けに声優が起用されることもある。GREE フレッシュアイペディアより)

  • 八木沼悟志

    八木沼悟志から見た木下優樹菜木下 優樹菜

    下ネタが大好きで、共演している南條やゲストから引かれる事もしばしば。また、「チョリース」や「ザギンでシースー」(「銀座で寿司をいただく」のこと)などといった現在では死語とされるギャグを好む。八木沼悟志 フレッシュアイペディアより)

  • 香田晋

    香田晋から見た木下優樹菜木下 優樹菜

    大沢あかねと同じく『今夜はクイズパレード』時代から出演している番組最古参の「おバカタレント」であり、番組初期の最下位争いの中心格。2006年9月頃に里田まいが常連となった頃から彼女が最下位を独占するようになり、最下位になることはなくなった。2007年につるの剛士、木下優樹菜、スザンヌが常連となった頃からアンカーになることがなくなり、上地雄輔、野久保直樹が常連となった頃からまれに中位入りすることもあり、「脳解明クイズ!」に出場することもなくなった。2008年上半期にはほとんど中位入りで、本人は「良い感じに世代交代できた」と語っていたが、下半期に入るとつるのや野久保の点数向上などで下位に入る場合もあった。しかしmisonoや赤井沙希など新たな下位常連出演者も増えた影響でつるのや野久保に負けても中位入りで留まることが多い。香田晋 フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見た木下優樹菜木下 優樹菜

    2007年7月11日の放送でこの3人は揃ってアンカーとなり、それ以降から同番組でCDデビューした里田まい、スザンヌ、木下優樹菜の「おバカ」アイドルトリオ・『Pabo』と同様に、天然ボケによる珍解答が受けて準レギュラーとなる。そのうち、「おバカ3人衆」「ヘキサゴン三銃士」「究極のおバカイケメントリオ」などと呼ばれるようになった。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 第59回NHK紅白歌合戦

    第59回NHK紅白歌合戦から見た木下優樹菜木下 優樹菜

    フジテレビ関連としては、『クイズ!ヘキサゴンII』より、羞恥心 with Pabo が白組から出場。NHKは出演交渉を彼らの所属事務所やレコード会社ではなくフジテレビに行った。この初出場に元ヤンキーという経歴があるPaboのメンバー・木下優樹菜は「ヤンキー出身の優樹菜的には、世の中ちょろいなと思いました」とコメントし、物議を醸した。当日のステージには、『ヘキサゴンII』の進行役を担当するフジテレビアナウンサーの中村仁美もヘキサゴンオールスターズと称される番組出演者らとともに応援ゲストとして出演し、バックダンサーを務めた(ただし、紹介テロップやコメント出しはなかった)。民放の現役アナウンサーが紅白に出演するのは史上初。なお、『ヘキサゴンII』の司会者で羞恥心・Paboのプロデュースや楽曲の作詞を手掛けた島田紳助(作詞家および音楽プロデューサーとしては「カシアス島田」名義)のゲスト出演も噂されたが、実現しなかった。第59回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • ヘキサゴンファミリーコンサート 2010 WE LIVE ヘキサゴン

    ヘキサゴンファミリーコンサート 2010 WE LIVE ヘキサゴンから見た木下優樹菜木下 優樹菜

    トモとスザンヌの「出会えてよかった」の途中で、この年に入籍した藤本敏史と木下優樹菜夫妻が登場した。ラストの出演者紹介では、まいける&はなかは小学生であるため夜の部には登場しなかった。ヘキサゴンファミリーコンサート 2010 WE LIVE ヘキサゴン フレッシュアイペディアより)

  • 石出奈々子

    石出奈々子から見た木下優樹菜木下 優樹菜

    お笑いのネタは、全身タイツを着て演じるものが多い。白いタイツの時は「トイレ芸人」として、便器に関する色々なネタやあるあるネタなどを演じ(この時は、最後に「サンキューWC!」と言うのが主)、赤いタイツの時は「臓器芸人」として、臓器・器官に関するネタを言っていくというものである。全身タイツを着るもの以外では、「DJミキコ」に扮してDJキャラでネタを演じるもの、などがある。物真似を演じることも多く、レパートリーにはaiko、ともさかりえ、吉高由里子、天海祐希、小嶋陽菜、木下優樹菜、武井咲、YOU、浅野温子がある。石出奈々子 フレッシュアイペディアより)

  • 井上 公造

    井上公造から見た木下優樹菜木下 優樹菜

    2008年(平成20年)7月30日放送分の『クイズ!ヘキサゴンII』に出演した際、予選ペーパーテストは26点で10位とそこそこ良い成績だったが、井上の前の藤本敏史(FUJIWARA)がなかなか抜けられない間に他のチームが優勝してしまい、残ったメンバーでクイズを続けることになった。井上は里田まい、野久保直樹、木下優樹菜、つるの剛士、スザンヌ、上地雄輔の「ヘキサゴンのおバカ6人組」に先に正解されてしまい、司会の島田紳助に「日本でドベ」と言われた(正確には井上の他に1人残っていたが、その1人はイラン出身のサヘル・ローズであったため)。井上公造 フレッシュアイペディアより)

  • 西岡剛 (内野手)

    西岡剛 (内野手)から見た木下優樹菜木下 優樹菜

    シーズン終了後にはサブローとともに球団負担で渡米し、故障箇所をメディカルチェックするとともにケガのケア・リハビリ方法を学んだ。12月11日には西麻布で同期入団の早坂圭介と共に無賃乗車犯を取り押さえる。また、高校の後輩である平田良介や中田翔を含む6人と「TEAM TSUYOSHI」を結成し、都内で合同自主トレを行った。2009年1月2日放送の「クイズ!ヘキサゴンII」にゲスト出演した際には珍回答を連発し司会の島田紳助には「毎年、オフは待っている」、「レギュラーでも出てくれへん」とその素質を見出され、同年2月11日放送にも出演。予選ペーパーテストでの成績はわずか2回の出演で木下優樹菜以外のおバカ6人組に負けるほど悪かった。後に平田と中田と共に羞恥心に対抗して「好奇心」を結成する。西岡剛 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ユーキャン

    ユーキャンから見た木下優樹菜木下 優樹菜

    「はじめてユーキャン」出演者として木下優樹菜、畑野ひろ子、澤穂希ユーキャン フレッシュアイペディアより)

137件中 61 - 70件表示

「木下優樹菜」のニューストピックワード