前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
73件中 1 - 10件表示
  • 2013年の北海道日本ハムファイターズ

    2013年の北海道日本ハムファイターズから見た木佐貫洋木佐貫洋

    田中賢介がFAでメジャー移籍した一方で、野手と投手の二刀流挑戦で話題を呼んだ大谷翔平がドラフトで入団し、1月に糸井嘉男、八木智哉とオリックスの木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾の2対3のトレードが成立したことから、前年のリーグ優勝から大きくメンバーが入れ替わった。シーズンが始まると5割弱の勝率が長く続き、7月に一時勝率5割を越えるも7月中に借金生活に戻り、その後は勝率5割に復帰することなく、借金14のリーグ最下位に終わった。成績は64勝78敗2分で勝率・451はチーム8年ぶりの負け越し、チーム防御率は2006年以降1位、2位だったが同年はリーグ5位、失策はリーグワーストの88を記録した。2013年の北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本プロ野球

    2013年の日本プロ野球から見た木佐貫洋木佐貫洋

    1月23日 - オリックスの木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾と北海道日本ハムファイターズの糸井嘉男、八木智哉と3対2のトレードが成立2013年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のオリックス・バファローズ

    2013年のオリックス・バファローズから見た木佐貫洋木佐貫洋

    前年最下位に終わったバファローズは積極的にチームの再建を図り、20人以上の選手が入れ替わった。投手陣では、トレードやFA補償により、東野峻、馬原孝浩、八木智哉を獲得した一方で、木佐貫洋、寺原隼人(FA移籍)が退団した。野手陣は、トレードにより糸井嘉男を獲得し、FAで平野恵一がチームに復帰した。その一方、トレードで赤田将吾と大引啓次、FAで日高剛が退団し、さらに、2001年に近鉄バファローズで3点差からパ・リーグ優勝を決める逆転サヨナラ満塁本塁打を放った北川博敏が現役引退した。2013年のオリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 坂田遼

    坂田遼から見た木佐貫洋木佐貫洋

    ''、7月6日の対オリックス・バファローズ戦で木佐貫洋からプロ初本塁打を放った。翌7日には2試合連続本塁打を放ち、7月11日の対楽天戦では2打席連続本塁打を記録するなど本塁打を量産した。その後打率は低迷したものの、8本塁打・18打点を記録した。坂田遼 フレッシュアイペディアより)

  • 永川勝浩

    永川勝浩から見た木佐貫洋木佐貫洋

    、の苫米地鉄人以来となる新人開幕一軍入り。前年30セーブを挙げた小山田保裕が故障で出遅れるとクローザーを任され活躍。新人としては球団最高の25セーブを記録。オールスターゲームにも出場。41イニングで50三振を奪った。10勝を挙げた木佐貫洋や25本塁打を打った村田修一と新人王争いを繰り広げ、結局、新人王は木佐貫に譲った。永川勝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 小久保裕紀

    小久保裕紀から見た木佐貫洋木佐貫洋

    は開幕戦(対オリックス・バファローズ戦)で木佐貫洋から死球を受け、右手第一末節骨剥離骨折。それでも僅か10日間で一軍復帰し、初安打が自身3年連続10度目のサヨナラ打となった。同年5月12日には史上16人目(大卒選手では史上5人目)の通算400本塁打を達成した。シーズンでも8年連続の二桁本塁打を記録したが、後半は度重なる故障や年齢もあり、6月までは.298を記録した打率は7月 - 9月間では.228と急降下、同年8月4日の対オリックス・バファローズ戦では高宮和也から死球を受け、左第9肋骨を骨折、同年9月17日にも持病の首痛で出場選手登録を抹消される。2011年の日本シリーズでは全試合に出場し、打率.320、第4戦と5戦の2試合連続先制打、守備でも無失策とチームとして8年ぶりの日本一に貢献し、日本シリーズMVPを獲得した。40歳1ヶ月での日本シリーズMVPも2011年現在で最年長記録である(それまでの最年長記録は1999年の秋山)。小久保裕紀 フレッシュアイペディアより)

  • 尾形佳紀

    尾形佳紀から見た木佐貫洋木佐貫洋

    初盗塁:2004年7月29日、対読売ジャイアンツ21回戦(東京ドーム)、4回表に二盗(投手:木佐貫洋、捕手:阿部慎之助)尾形佳紀 フレッシュアイペディアより)

  • 西村弥

    西村弥から見た木佐貫洋木佐貫洋

    初盗塁:2010年5月1日、対オリックス・バファローズ5回戦(クリネックススタジアム宮城)、5回裏に二盗(投手:木佐貫洋、捕手:鈴木郁洋)西村弥 フレッシュアイペディアより)

  • 志田宗大

    志田宗大から見た木佐貫洋木佐貫洋

    青山学院大学時代は後にヤクルトでもチームメイトになる石川雅規と同期で、高学年では主にセンターを守っていた。下級生の頃には、内野の経験もある。4年生の時には、翌年読売ジャイアンツに自由枠で入団することになる木佐貫洋から本塁打を放つ活躍を見せている。東都大学リーグ通算95試合出場、326打数91安打、打率.279、4本塁打、34打点。ベストナイン2回受賞。志田宗大 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木正詞

    佐々木正詞から見た木佐貫洋木佐貫洋

    高校卒業後は亜細亜大学に進み、同期の小山良男とともに1年春のリーグ戦からレギュラーとなった。1年秋のリーグ戦では打率.316でベストナインに選ばれ、2年春は主に3番・中堅手として打率.327の成績を残してベストナインとなり、チームの優勝に貢献した。4年生のには全日本大学選手権で優勝し、同期の小山、木佐貫洋らとともに日米大学野球の代表に選ばれている。同年秋もリーグ優勝し、3度目のベストナインに選出された。4年間で、東都大学リーグ史上6位となる通算107安打を放っている。佐々木正詞 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
73件中 1 - 10件表示

「木佐貫洋」のニューストピックワード