73件中 11 - 20件表示
  • 内田俊雄

    内田俊雄から見た木佐貫洋木佐貫洋

    1977年、亜細亜大野球部コーチに就任後、翌1978年監督に就任。以降2006年までの26年間の長きに渡り同大学野球部を指導。在任中、東都大学野球リーグで優勝13回、全日本大学野球選手権大会で3度、明治神宮野球大会で2度優勝に導いた。この間、宮本賢治、高津臣吾、小池秀郎、川尻哲郎、井端弘和、赤星憲広、木佐貫洋、永川勝浩、松田宣浩ら、多くのプロ野球界で活躍する選手を輩出、また東都大学野球連盟のレベルアップに多大な貢献をした。2004年春季より監督を当時コーチであった生田勉に譲り、自身は総監督に就任した。しかし、同年秋季リーグ終了後に部員の不祥事が発覚。大きな批判も浴び、半年間の対外試合禁止処分を受け、2005年春季リーグ出場を辞退。それに伴い二部落ちとなったが、すぐに一部昇格を果たした。内田俊雄 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の読売ジャイアンツ

    2009年の読売ジャイアンツから見た木佐貫洋木佐貫洋

    12月4日 - 木佐貫洋とオリックスの高木康成の交換トレードが発表。2009年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 亀山つとむのかめ友 Sports Man Day

    亀山つとむのかめ友 Sports Man Dayから見た木佐貫洋木佐貫洋

    木佐貫洋(オリックス→北海道日本ハムファイターズ投手)亀山つとむのかめ友 Sports Man Day フレッシュアイペディアより)

  • MBSたびぐみ とっておき旅ラジオ

    MBSたびぐみ とっておき旅ラジオから見た木佐貫洋木佐貫洋

    2010年12月8日(水曜日)には、「プロ野球界きっての鉄道ファン」という木佐貫洋(オリックス・バファローズ投手)が、オープニングから「ビッグムーン大月のクイズで旅する○○」の直前までゲストで出演。「現役のプロ野球選手(木佐貫)とスポーツアナウンサー(馬野)」という顔合わせにもかかわらず、双方の意向で、放送中は鉄道の話題に終始した。MBSたびぐみ とっておき旅ラジオ フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の北海道日本ハムファイターズ

    2015年の北海道日本ハムファイターズから見た木佐貫洋木佐貫洋

    9月29日 - 木佐貫洋が現役引退を表明。2015年の北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • 山内壮馬

    山内壮馬から見た木佐貫洋木佐貫洋

    初安打:2010年5月16日、対オリックス・バファローズ2回戦(ナゴヤドーム)、4回裏に木佐貫洋からワンバウンドの球を右前2点適時打山内壮馬 フレッシュアイペディアより)

  • 原拓也 (野球)

    原拓也 (野球)から見た木佐貫洋木佐貫洋

    初盗塁:2012年4月15日、対オリックス・バファローズ1回戦(西武ドーム)、1回裏に二盗(投手:木佐貫洋、捕手:伊藤光)原拓也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • コルビー・ルイス

    コルビー・ルイスから見た木佐貫洋木佐貫洋

    初本塁打:2008年5月18日、対読売ジャイアンツ9回戦(東京ドーム)、3回表に木佐貫洋から右中間へソロコルビー・ルイス フレッシュアイペディアより)

  • 古川秀一

    古川秀一から見た木佐貫洋木佐貫洋

    2012年には、一軍公式戦10試合に登板。しかし、7試合で失点を喫したほか、被打率.415、WHIP2.21という成績に終わった。8月21日の対北海道日本ハムファイターズ戦(旭川スタルヒン球場)では、先発の木佐貫洋が5回裏に6点を失ったことを受けて、この回の途中から登板。自身も6点を失った結果、木佐貫と合わせて球団ワースト記録の1イニング11失点を喫したことから、翌22日に出場選手登録を抹消された。なお、ウエスタン・リーグ公式戦には先発でも登板。3勝4敗ながら、防御率は1.98であった。古川秀一 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本プロ野球

    2009年の日本プロ野球から見た木佐貫洋木佐貫洋

    12月4日 - 巨人の木佐貫洋とオリックスの高木康成の交換トレードが発表。2009年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

73件中 11 - 20件表示

「木佐貫洋」のニューストピックワード