73件中 21 - 30件表示
  • マイク・キンケード

    マイク・キンケードから見た木佐貫洋木佐貫洋

    初安打・初本塁打・初打点:2004年4月4日、対読売ジャイアンツ3回戦(東京ドーム)、4回表に木佐貫洋から右越2ランマイク・キンケード フレッシュアイペディアより)

  • トレイ・ムーア

    トレイ・ムーアから見た木佐貫洋木佐貫洋

    5月17日の読売ジャイアンツ戦(甲子園球場)では、木佐貫洋から決勝適時打を三遊間に放ち、投打で活躍した。また、オールスターゲームのファン投票では一塁手代表として多くの票が集まり、一塁手部門3位に入った。この年は前年より調子を落とし、規定投球回を逃したものの2年連続となる10勝を挙げ、チームのリーグ優勝に貢献した。日本シリーズでは第3戦と7戦に先発した。第3戦は和田毅からチーム初安打を放った。本業のピッチングでは勝ち投手にならなかったものの7回1失点と好投した。しかし、第7戦は3回5失点と打ち込まれ、敗戦投手となってしまい日本一を逃した。同年オフに阪神を退団。トレイ・ムーア フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ウルフ

    ブライアン・ウルフから見た木佐貫洋木佐貫洋

    はシーズン途中で離脱し登板数が22試合となり規定投球回数に満たなかったが、木佐貫洋と並ぶチームトップでリーグ7位の9勝をマーク。来日4年目で初完封も記録した。しかし、11月13日に球団から退団を発表される。ブライアン・ウルフ フレッシュアイペディアより)

  • 2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た木佐貫洋木佐貫洋

    11月20日14時より新高輪プリンスホテルで行われ、78選手の交渉権が確定した。いわゆる「松坂世代」の大学生が卒業する年度ということもあって有力選手が多く、投手は和田毅、新垣渚、木佐貫洋、永川勝浩など、野手は後藤武敏、村田修一などが上位指名を受けた。2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 八木智哉

    八木智哉から見た木佐貫洋木佐貫洋

    ''、1月25日に木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾との交換トレードで糸井嘉男とともにオリックス・バファローズへ移籍。6月27日に移籍後初先発を果たすも、2回を投げ5失点と結果を残せず、翌日登録抹消された。9月に入って2度先発するも、いずれも結果を残せなかった。結局、この3試合の登板に終わり、プロ入り初のシーズン未勝利に終わった。八木智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 松井淳 (外野手)

    松井淳 (外野手)から見た木佐貫洋木佐貫洋

    初安打:2012年6月6日、対オリックス・バファローズ4回戦(京セラドーム大阪)、3回表に木佐貫洋から右前安打松井淳 (外野手) フレッシュアイペディアより)

  • 林孝哉

    林孝哉から見た木佐貫洋木佐貫洋

    同じ和歌山県出身の先輩、小久保裕紀とはダイエー時代から親交が深く、斉藤和巳、木佐貫洋らとともに小久保組を形成している。林孝哉 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道ニュース546

    鉄道ニュース546から見た木佐貫洋木佐貫洋

    第56回 2015年12月25日 梅原淳、櫻井寛、木佐貫洋、平野文 *年末1時間拡大SP!鉄道ニュース546 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た木佐貫洋木佐貫洋

    パ:●和田(ソフトバンク)、ダルビッシュ(日本ハム)、木佐貫(オリックス)、小林宏(ロッテ)、ファルケンボーグ(ソフトバンク)、馬原(ソフトバンク) - 嶋(楽天)、里崎(ロッテ)2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 下窪陽介

    下窪陽介から見た木佐貫洋木佐貫洋

    初盗塁:2007年8月1日、対読売ジャイアンツ16回戦(横浜スタジアム)、2回裏に二盗(投手:木佐貫洋、捕手:阿部慎之助)下窪陽介 フレッシュアイペディアより)

73件中 21 - 30件表示

「木佐貫洋」のニューストピックワード