61件中 21 - 30件表示
  • 西村弥

    西村弥から見た木佐貫洋木佐貫洋

    初盗塁:2010年5月1日、対オリックス・バファローズ5回戦(クリネックススタジアム宮城)、5回裏に二盗(投手:木佐貫洋、捕手:鈴木郁洋)西村弥 フレッシュアイペディアより)

  • 清田育宏

    清田育宏から見た木佐貫洋木佐貫洋

    初盗塁:2010年9月8日、対オリックス・バファローズ20回戦(京セラドーム大阪)、1回表に二盗(投手:木佐貫洋、捕手:鈴木郁洋)清田育宏 フレッシュアイペディアより)

  • 川内市

    川内市から見た木佐貫洋木佐貫洋

    木佐貫洋 - プロ野球選手川内市 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本敦士

    藤本敦士から見た木佐貫洋木佐貫洋

    500安打:2007年7月11日、対読売ジャイアンツ11回戦(東京ドーム)、2回表に木佐貫洋から左前適時打藤本敦士 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た木佐貫洋木佐貫洋

    3月30日の横浜ベイスターズ戦で初の開幕投手を務め、勝利する。その後も安定した活躍を続け、9月19日の阪神タイガース戦では自己最多の13勝目を上げる。自身初タイトルとなる最多奪三振を獲得。シーズン終了後、チームがセス・グライシンガーを獲得したことについて、あるイベントで内海は「(補強する)お金があるなら投手陣に回して欲しい。僕ら3人(ローテーションを投げぬき2桁勝利を挙げた内海、高橋尚成、木佐貫洋)は精一杯やったし、他のみんなもそう」と、球団の相次ぐ補強に物申した。こうした補強に対する反発・苦言とも取れる発言が公になることは全球団でも異例で、この後に球団から厳重注意を受け、さらに公式サイトが予告なしに閉鎖された。内海はこの後、発言については反省し、球団批判はしないと述べた。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 聖澤諒

    聖澤諒から見た木佐貫洋木佐貫洋

    は「1番・中堅手」での開幕スタメンを勝ち取る。5月1日のオリックス戦で木佐貫洋から決勝のタイムリー二塁内野安打を放つなど、シーズン序盤は高打率を残したが徐々に下降。しかし中盤には踏み止まり、自身初の規定打席に到達。打率.290とチームトップの24盗塁を記録。外野手では唯一、開幕からシーズン終了まで一度も一軍登録を抹消されなかった。聖澤諒 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木正詞

    佐々木正詞から見た木佐貫洋木佐貫洋

    高校卒業後は亜細亜大学に進み、同期の小山良男とともに1年春のリーグ戦からレギュラーとなった。1年秋のリーグ戦では打率.316でベストナインに選ばれ、2年春は主に3番・中堅手として打率.327の成績を残してベストナインとなり、チームの優勝に貢献した。4年生のには全日本大学選手権で優勝し、同期の小山、木佐貫洋らとともに日米大学野球の代表に選ばれている。同年秋もリーグ優勝し、3度目のベストナインに選出された。4年間で、東都大学リーグ史上6位となる通算107安打を放っている。佐々木正詞 フレッシュアイペディアより)

  • 高木康成

    高木康成から見た木佐貫洋木佐貫洋

    は開幕では一軍登録はされなかったが7月10日に一軍登録された。しかし、登板機会がないまま7月15日に登録抹消された。8月7日に再登録され8月12日の試合に抑えとして出場。六点の差があったためセーブはつかなかったが、1安打無失点と好投した。しかし、翌日の8月13日の試合では1回2安打2四球2失点と乱調であった(ビハインドの場面だったので勝ち負けつかず)。その後も乱調が続き、8月21日に再び登録抹消された。しかし、9月10日に再登録され、この日の試合に先発。結果は5回5安打2四球4失点(自責点3)と失点こそは多かったが、まずまずのピッチングをした(高木は敗戦投手)。その後は抹消と登録を繰り返し、登録された時は先発するという形になった。9月22日には近鉄以来の先発での勝利投手となった(6回2安打2四球無失点)。10月9日のオリックス最終戦でも先発した(結果は負けて、高木は敗戦投手となった)。なお、この年の先発した試合はすべて東北楽天ゴールデンイーグルス戦であった。12月4日、木佐貫洋とのトレードで読売ジャイアンツに移籍。高木康成 フレッシュアイペディアより)

  • 八木智哉

    八木智哉から見た木佐貫洋木佐貫洋

    1月25日に木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾との交換トレードで糸井嘉男とともにオリックス・バファローズに移籍した。八木智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 赤田将吾

    赤田将吾から見た木佐貫洋木佐貫洋

    1月25日に八木智哉と糸井嘉男との交換トレードで、木佐貫洋・大引啓次とともに北海道日本ハムファイターズに移籍。背番号は10。赤田将吾 フレッシュアイペディアより)

61件中 21 - 30件表示

「木佐貫洋」のニューストピックワード