61件中 31 - 40件表示
  • 高須洋介

    高須洋介から見た木佐貫洋木佐貫洋

    、開幕戦は「6番・三塁手」で先発出場し、2回にチーム初ヒットを放つなど4打数2安打と好スタートを切った。開幕直後は3割を超える打率と、高い出塁率でチームを支えた。5月13日のオリックス戦では8回に木佐貫洋から代打で決勝タイムリーを放ち、美馬学の先発転向後初勝利をアシストした。しかし、持ち味の得点圏での打撃は精彩を欠き、右肘痛の影響や、銀次、枡田慎太郎の台頭が重なりスタメンを外れることが増え、7月26日に出場選手登録抹消。結局シーズン終了まで1軍に上がることはなく、楽天移籍後最悪のシーズンとなった。契約更改では、年俸半減の3750万円で更改した。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 糸井嘉男

    糸井嘉男から見た木佐貫洋木佐貫洋

    1月25日に木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾との交換トレードで八木智哉とともにオリックス・バファローズに移籍した。糸井嘉男 フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見た木佐貫洋木佐貫洋

    も前年同様に二番・遊撃手として開幕戦に出場。開幕直後は高打率を残すも、緩やかに調子を落としていくが、坂口智隆や後藤の打撃不振もあって、5月5日の日本ハム戦ではプロ入り後初の一番打者、5月19日の対東京ヤクルトスワローズ戦では初の三番打者を務めた。8月に入ると更に調子を落とし、8月29日に腰痛のため登録抹消。シーズン終盤に一軍に復帰したが、結局は規定打席に14不足した。一方で、自己最多の6本塁打を放っており、本拠地である京セラドーム大阪では前年までの5年間で2本塁打しか放っていなかったが、この年だけで4本塁打を記録している。また、7月27日の日本ハム戦では自身初の右方向への本塁打を、7月8日のロッテ戦と10月1日の楽天戦では決勝本塁打を記録している。オフには引退した鈴木郁洋に代わって選手会長に就任したが、1月25日に八木智哉・糸井嘉男との交換トレードで、木佐貫洋・赤田将吾とともに日本ハムに移籍した。背番号は糸井の7を受け継いだ。なお日本ハムおよびその前身球団の背番号7を内野手登録の選手が使用するのは西園寺昭夫(1957年 - 1966年)以来で、47年ぶりである。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 辻内崇伸

    辻内崇伸から見た木佐貫洋木佐貫洋

    2軍の公式戦に復帰し、木佐貫洋に次ぐ7勝、防御率2.69という成績を残しチームのイースタンリーグ優勝に貢献、2006年に辞退したフレッシュオールスターゲームにも選出された。しかし、与四死球49、暴投7はいずれもチーム最多であり、制球力に課題を残す結果となった。なお公式戦出場は果たせていない。辻内崇伸 フレッシュアイペディアより)

  • 古川秀一

    古川秀一から見た木佐貫洋木佐貫洋

    2012年は一軍で主に敗戦処理で10試合に登板するも、7試合で失点を喫してしまい、被打率.415、WHIP2.21と散々な成績に終わった。8月21日の対日本ハム戦で、5回裏途中で先発の木佐貫洋の後を受けるも自身も打ち込まれ、この回で球団ワーストの1イニング11失点を喫してしまい、翌日に二軍降格となった。なお、二軍では先発も任され、3勝4敗ながら防御率は1.98とまずまずの成績を残した。古川秀一 フレッシュアイペディアより)

  • 今村猛

    今村猛から見た木佐貫洋木佐貫洋

    、オープン戦で先発要員として起用され好投を続けた。開幕ローテーション入りは逃したものの、同年4月16日の対読売ジャイアンツ戦で、先発ジオの負傷降板により急遽登板。3回1/3を無失点で切り抜け、プロ入り初勝利を挙げた。5月20日のオリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)では7番・指名打者として先発起用された。偵察要員としての起用のつもりであったが、監督の野村謙二郎が公認野球規則・6-10(b)に明記されている「指名打者は相手チームの先発投手に対して、少なくとも一度は、打撃を完了しなければ交代できない」というルールを失念してしまい、今村はオリックス先発の木佐貫洋が降板しない限り最低1打席は入らなければならなくなった。今村は2回表1死1塁の場面で打順が回り、送りバントを決める。その後、5回表の2打席目で代打(石井琢朗)が送られた。その後は、中継ぎ、セットアッパーとして起用され、守護神のデニス・サファテの離脱後は守護神に指名された。10月8日の対東京ヤクルトスワローズ戦ではプロ初セーブを挙げ、1997年に横山竜士が21歳2カ月で記録した球団最年少セーブを20歳5カ月で更新した。今村猛 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋尚成

    高橋尚成から見た木佐貫洋木佐貫洋

    には先発に復帰、4月には月間5勝を挙げ、球団の左投手としては5月の新浦壽夫以来、28年ぶりの快挙を成し遂げた。6月21日に実父が死去。葬儀に駆けつけられない中、23日の西武戦でチームでは1999年7月4日の上原浩治以来となる12球団一番乗りの10勝を達成。6月中では1990年6月22日の斎藤雅樹以来の記録になる。入団8年目にして監督推薦によりオールスターゲーム初出場を勝ち取り、フルキャストスタジアム宮城での第2戦に先発、山崎武司にホームランを打たれ2イニングで2失点を喫したものの、阿部慎之助の3ランなどのセ・リーグの打線の奮起に助けられて勝利投手となっている。シーズンでは自己最多となる14勝を挙げ、リーグ優勝に大きく貢献。シーズン終盤8月2日から9月15日まで1ヶ月以上白星が無いという状況になり一時的にセス・グライシンガーに防御率を抜かれたが、最後は2連勝で初の個人タイトルとなる最優秀防御率も獲得した。2007年のベースボールTVのインタビューの中で、「目標は、いつかは完全試合を達成する事。また工藤公康、桑田真澄らベテランが去り、内海哲也、金刃憲人や復活を遂げた木佐貫洋など、若手台頭の中でジャイアンツ投手陣の(上原と共に)最年長投手となり、G投手陣のリーダーになる」という宣言をした。高橋尚成 フレッシュアイペディアより)

  • 林孝哉

    林孝哉から見た木佐貫洋木佐貫洋

    小久保裕紀とはダイエー時代から親交が深く、斉藤和巳、木佐貫洋らとともに小久保組を形成している。林孝哉 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本シリーズ

    2010年の日本シリーズから見た木佐貫洋木佐貫洋

    TBSラジオ(JRN…MBS・RCC他) 実況:清水大輔 解説:佐々木主浩 ゲスト解説:木佐貫洋(オリックス投手) リポーター:戸崎貴広(ロッテサイド・TBS)、角上清司(中日サイド・CBC)2010年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 小山良男

    小山良男から見た木佐貫洋木佐貫洋

    亜大でも主将を務め木佐貫洋、永川勝浩らとバッテリーを組みの大学選手権、明治神宮大会で優勝。東都大学リーグ通算96試合出場、336打数88安打、打率.262、3本塁打、39打点。ベストナイン2回の実績を残す。4年生(2002年)の夏には山中正竹法政大学野球部監督が指揮を執る第1回世界大学野球選手権日本代表にも選出され3位入賞。大学卒業後は社会人野球のJR東日本に入社(同期入社に工藤隆人)、第74回都市対抗野球大会に出場し、翌年の第75回都市対抗野球大会では鷺宮製作所硬式野球部補強選手として出場。その後、2004年のドラフト会議で中日ドラゴンズから8巡目で指名され、下位指名ながら8000万円という破格の推定契約金で入団した。小山良男 フレッシュアイペディアより)

61件中 31 - 40件表示

「木佐貫洋」のニューストピックワード