73件中 41 - 50件表示
  • 田中大貴

    田中大貴から見た木佐貫洋木佐貫洋

    野球界での人脈を大切にしており、大学の先輩である高橋由伸と交友が深い。また同世代である和田、館山昌平、木佐貫洋、後藤武敏、江草仁貴らとも交友が続いており、同メンバーで2015年11月に『CSプロ野球ニュースここだけの話』で東京六大学×東都大学連盟の特番を放送した。田中大貴 フレッシュアイペディアより)

  • 聖澤諒

    聖澤諒から見た木佐貫洋木佐貫洋

    は、「1番・中堅手」での開幕スタメンを勝ち取る。5月1日のオリックス戦で木佐貫洋から決勝のタイムリー二塁内野安打を放つなど、シーズン序盤は高打率を残したが徐々に下降。しかし中盤には踏み止まり、自身初の規定打席に到達。打率.290とチームトップの24盗塁を記録。外野手では唯一、開幕からシーズン終了まで一度も一軍登録を抹消されなかった。なお、9月22日の対日本ハム戦から外野手での連続守備機会無失策が始まっている。聖澤諒 フレッシュアイペディアより)

  • 浦野博司

    浦野博司から見た木佐貫洋木佐貫洋

    ''、4月5日の千葉ロッテマリーンズ戦でインフルエンザで先発登板を回避した木佐貫洋の代役として1軍初登板を果たした。この試合では6回2失点の好投を見せるも勝ち投手になれなかった。4月23日の福岡ソフトバンクホークス戦では5回1/3を4失点と苦しむもプロ初勝利を挙げた。最終的に規定投球回を逃すも7勝4敗と安定した成績を残した。浦野博司 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年の日本

    1980年の日本から見た木佐貫洋木佐貫洋

    5月17日 - 木佐貫洋、元プロ野球選手、スカウト1980年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 根元俊一

    根元俊一から見た木佐貫洋木佐貫洋

    初本塁打:2007年6月19日、対読売ジャイアンツ3回戦(東京ドーム)、7回表に木佐貫洋から右越2ラン根元俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た木佐貫洋木佐貫洋

    、開幕戦は「6番・三塁手」で先発出場し、2回にチーム初ヒットを放つなど4打数2安打と好スタートを切った。開幕直後は3割を超える打率と、高い出塁率でチームを支えた。5月13日のオリックス戦では8回に木佐貫洋から代打で決勝タイムリーを放ち、美馬学の先発転向後初勝利をアシストした。しかし、持ち味の得点圏での打撃は精彩を欠き、右肘痛の影響や、枡田慎太郎などの台頭が重なりスタメンを外れることが増え、7月26日に出場選手登録抹消。結局シーズン終了まで一軍に上がることはなかった。契約更改では、年俸半減の3750万円で更改した。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 今村猛

    今村猛から見た木佐貫洋木佐貫洋

    、オープン戦で先発要員として起用され好投を続けた。開幕ローテーション入りは逃したものの、4月16日の巨人戦で、先発のジオの負傷降板により急遽登板。3回1/3を無失点で切り抜け、プロ入り初勝利を挙げた。5月20日のオリックス戦(京セラドーム大阪)では「7番・指名打者」として先発起用された。偵察要員としての起用のつもりであったが、監督の野村謙二郎が公認野球規則・6-10(b)に明記されている「指名打者は相手チームの先発投手に対して、少なくとも一度は、打撃を完了しなければ交代できない」というルールを失念してしまい、今村はオリックス先発の木佐貫洋が降板しない限り最低1打席は入らなければならなくなった。今村は2回表1死1塁の場面で打順が回り、送りバントを決める。その後、5回表の2打席目で代打(石井琢朗)が送られた。その後は、中継ぎ、セットアッパーとして起用され、守護神のデニス・サファテの離脱後は守護神に指名された。10月8日の対東京ヤクルトスワローズ戦ではプロ初セーブを挙げ、1997年に横山竜士が21歳2カ月で記録した球団最年少セーブを20歳5カ月で更新した。今村猛 フレッシュアイペディアより)

  • 大引啓次

    大引啓次から見た木佐貫洋木佐貫洋

    も前年同様に二番・遊撃手として開幕戦に出場。開幕直後は高打率を残すも、緩やかに調子を落としていくが、坂口智隆や後藤の打撃不振もあって、5月5日の日本ハム戦ではプロ入り後初の一番打者、5月19日の対東京ヤクルトスワローズ戦では初の三番打者を務めた。8月に入ると更に調子を落とし、8月29日に腰痛のため登録抹消。シーズン終盤に一軍に復帰したが、結局は規定打席に14不足した。一方で、自己最多の6本塁打を放っており、本拠地である京セラドーム大阪では前年までの5年間で2本塁打しか放っていなかったが、この年だけで4本塁打を記録している。また、7月27日の日本ハム戦では自身初の右方向への本塁打を、7月8日のロッテ戦と10月1日の楽天戦では決勝本塁打を記録している。オフには引退した鈴木郁洋に代わって選手会長に就任したが、1月25日に八木智哉・糸井嘉男との交換トレードで、木佐貫洋・赤田将吾と共に日本ハムに移籍した。背番号は糸井の7を受け継いだ。なお日本ハムおよびその前身球団の背番号7を内野手登録の選手が使用するのは西園寺昭夫(1957年 - 1966年)以来で、47年ぶりである。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 石川貢

    石川貢から見た木佐貫洋木佐貫洋

    初盗塁:同上、5回裏に二盗(投手:木佐貫洋、捕手:伊藤光)石川貢 フレッシュアイペディアより)

  • これぞ!Bs魂 〜気になるオリックス・バファローズ〜

    これぞ!Bs魂 〜気になるオリックス・バファローズ〜から見た木佐貫洋木佐貫洋

    木佐貫洋●(2013年に北海道日本ハムファイターズへ移籍)これぞ!Bs魂 〜気になるオリックス・バファローズ〜 フレッシュアイペディアより)

73件中 41 - 50件表示

「木佐貫洋」のニューストピックワード