73件中 51 - 60件表示
  • 薩摩川内市

    薩摩川内市から見た木佐貫洋木佐貫洋

    木佐貫洋(元プロ野球選手) 旧:川内市出身薩摩川内市 フレッシュアイペディアより)

  • 松井稼頭央

    松井稼頭央から見た木佐貫洋木佐貫洋

    300二塁打:2011年10月1日、対オリックス・バファローズ23回戦(京セラドーム大阪)、1回表に木佐貫洋から右中間二塁打 ※史上57人目松井稼頭央 フレッシュアイペディアより)

  • 松田宣浩

    松田宣浩から見た木佐貫洋木佐貫洋

    ''から選手会長に就任。レギュラーシーズンでは、5月13日の対ロッテ戦(QVCマリンフィールド)で、涌井秀章からNPB公式戦通算9万5000本目の本塁打を放った。また、オールスターゲームのファン投票および選手間投票では、パシフィック・リーグの三塁手部門でいずれも1位を獲得している。しかし、7月2日の対ロッテ戦(福岡ヤフオク!ドーム)試合前練習中に、ノックの打球が右手人差し指を直撃。同日の試合には出場したが、翌3日に病院で診察を受け、右人さし指末節骨骨折で全治に6週間を要することが判明した。結局、3日付で出場選手登録抹消。2012年10月5日対オリックス戦からの公式戦連続フルイニング出場記録が218試合で止まった。また、7月4日には、球団を通じてオールスターゲーム出場の辞退を届け出(楽天の銀次が代替選手として出場)。結局、一軍復帰は8月26日の対日本ハム戦まで持ち越された。復帰後は、9月10日の同カードで、大学の先輩に当たる木佐貫洋から球団通算8,000号本塁打を記録。レギュラーシーズン最終戦であり、勝てばリーグ優勝、負ければ2位という状況であった10月2日の対オリックス戦(福岡ヤフオク!ドーム)では、1対1で迎えた延長10回裏1死満塁の場面で比嘉幹貴から左中間へサヨナラ安打を放って、チームのパシフィック・リーグ優勝を決めた。この安打は、スカパー!が選ぶドラマティックサヨナラ賞で、同リーグの年間大賞に選ばれている。松田宣浩 フレッシュアイペディアより)

  • 小山良男

    小山良男から見た木佐貫洋木佐貫洋

    亜大でも主将を務め木佐貫洋、永川勝浩らとバッテリーを組みの大学選手権、明治神宮大会で優勝。東都大学リーグ通算96試合出場、336打数88安打、打率.262、3本塁打、39打点。ベストナイン2回の実績を残す。4年生(2002年)の夏には山中正竹法政大学野球部監督が指揮を執る第1回世界大学野球選手権日本代表にも選出され3位入賞。大学卒業後は社会人野球のJR東日本に入社(同期入社に工藤隆人)。JR東日本硬式野球部に所属して第74回都市対抗野球大会に出場し、翌年の第75回都市対抗野球大会では鷺宮製作所硬式野球部補強選手として出場。その後、2004年のドラフト会議で中日ドラゴンズから8巡目で指名され、下位指名ながら8000万円という破格の推定契約金で入団。小山良男 フレッシュアイペディアより)

  • 久保裕也 (野球)

    久保裕也 (野球)から見た木佐貫洋木佐貫洋

    沖学園高等学校から東海大学へ進学。大学時代には1年時はストッパー、2年からはエースとして明治神宮野球大会で共に準優勝。3年時は全日本大学野球選手権大会で優勝し、最高殊勲選手賞、最優秀投手賞を受賞。2年までは150kmを超える速球で三振を取る投球で、早くから将来のドラフトの目玉と言われたが登板過多により右肘を故障。打たせて取る投球に変更した。首都大学リーグ通算58試合登板、33勝8敗、防御率1.06、345奪三振。33勝はリーグ歴代5位。最高殊勲選手4回、最優秀投手4回、ベストナイン2回受賞。鞘師智也や亜細亜大学の木佐貫洋と共に第1回世界大学野球選手権日本代表選出され3位入賞に貢献した。久保裕也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た木佐貫洋木佐貫洋

    ''、開幕マスクで勝利したが、同年も大野と併用起用となった。4月は好ブロックで完封試合を作るなど順調だったが、5月5日からの先発マスクで6連敗した(チームは9連敗)。6月1日の対中日戦で出た2年ぶりの本塁打が新人・大谷翔平の初勝利を援護する逆転弾となった。6月16日の対ソフトバンク戦では8回同点二死一二塁の場面で代打起用されるとプロ初のヘッドスライディングでブライアン・ファルケンボーグから内野安打をもぎ取り、稲葉篤紀の勝ち越し打を呼んだ。6月26日の同カードでは10回無死二塁の場面でバントした所、一塁手の中村晃が悪送球し、チームは同年初のサヨナラ勝利で最下位を脱出した。7月1日に監督推薦でオールスターへ選出された。オールスターでは7月19日第1戦で4回守備から途中出場して澤村拓一から安打したが2盗塁・同点打を許した。第2戦は6回の守備のみ出場して1盗塁・1失点を許した。8月10日の対千葉ロッテ戦11回同点一死三塁の場面で代打起用され、藤岡貴裕からプロ11年目にして初のサヨナラタイムリー打を放った。8月23日の対オリックス戦では初めて指名打者で先発出場して2打点を挙げた。9月14日から先発マスクで6連敗し、チームは前年優勝からの最下位に終わった。最終的に76試合に先発出場して(指名打者1試合)、フル出場した41試合で24勝17敗、3完封勝利だった。移籍してきた木佐貫洋とのコンビで初勝利・完封勝利を含む9勝を挙げたものの、他の主力投手では負け越してチームの借金の大半を背負った。盗塁阻止率もリーグワーストの.188だった。打撃では規定未到達ながら自己最高の打率.295で終えた。鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 内川聖一

    内川聖一から見た木佐貫洋木佐貫洋

    3打席連続本塁打:2004年5月18日、対読売ジャイアンツ7回戦(横浜スタジアム)、1回裏・3回裏に木佐貫洋、4回裏にマシュー・ランデルから内川聖一 フレッシュアイペディアより)

  • ケーシー・マギー

    ケーシー・マギーから見た木佐貫洋木佐貫洋

    初本塁打:2013年4月11日、対北海道日本ハムファイターズ3回戦(東京ドーム)、5回表に木佐貫洋から左越ソロケーシー・マギー フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉篤紀

    稲葉篤紀から見た木佐貫洋木佐貫洋

    3000塁打:2011年4月19日、対オリックス・バファローズ1回戦(ほっともっとフィールド神戸)、1回表に木佐貫洋から左前適時打 ※史上49人目稲葉篤紀 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋尚成

    高橋尚成から見た木佐貫洋木佐貫洋

    には先発に復帰、4月には月間5勝を挙げ、球団の左投手としては5月の新浦壽夫以来、28年ぶりの快挙を成し遂げた。6月21日に実父が死去。葬儀に駆けつけられない中、23日の西武戦でチームでは1999年7月4日に達成した上原浩治以来となる12球団一番乗りの10勝を達成。6月中では1990年6月22日の斎藤雅樹以来の記録になる。入団8年目にして監督推薦によりオールスターゲーム初出場を勝ち取り、フルキャストスタジアム宮城での第2戦に先発、山崎武司にホームランを打たれ2イニングで2失点を喫したものの、阿部慎之助の3ランなどのセ・リーグの打線の奮起に助けられて勝利投手となっている。シーズンでは自己最多となる14勝を挙げ、リーグ優勝に大きく貢献。シーズン終盤8月2日から9月15日まで1ヶ月以上白星が無いという状況になり一時的にセス・グライシンガーに防御率を抜かれたが、最後は2連勝で初の個人タイトルとなる最優秀防御率も獲得し、チーム5年ぶりのリーグ優勝に貢献した。しかし、この年より導入されたCSではファイナルステージで2位の中日と対戦しで第3戦に先発し、3回まで無失点に抑えるも1点リードの4回にタイロン・ウッズに逆転3ラン本塁打を浴び、7回には谷繁元信にソロ本塁打を浴びるなど7回4失点で敗戦投手となり日本シリーズ進出を逃した。同年のベースボールTVのインタビューの中で、「目標は、いつかは完全試合を達成する事。また工藤公康、桑田真澄らベテランが去り、内海哲也、金刃憲人や復活を遂げた木佐貫洋など、若手台頭の中で(上原と共に)ジャイアンツ投手陣の最年長投手となり、G投手陣のリーダーになる」という宣言をした。高橋尚成 フレッシュアイペディアより)

73件中 51 - 60件表示

「木佐貫洋」のニューストピックワード