73件中 61 - 70件表示
  • 井口資仁

    井口資仁から見た木佐貫洋木佐貫洋

    1000本安打:2010年4月4日、対オリックス・バファローズ3回戦(京セラドーム大阪)、6回表に木佐貫洋から遊前内野安打 ※史上256人目井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た木佐貫洋木佐貫洋

    3月30日の横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)で初の開幕投手を務め、勝利し、その後も安定した活躍を続け、9月19日の阪神タイガース戦では自己最多の13勝目を上げる。自身初タイトルとなる最多奪三振を獲得。中日と対戦したクライマックスシリーズでは初戦に先発。内海はこの年中日を得意としたが、タイロン・ウッズに2ランホームランを浴びるなど4回4失点(自責点2)で敗戦投手となった。チームはストレートの3連敗で日本シリーズ進出を逃した。シーズン終了後、チームがセス・グライシンガーを獲得したことについて、あるイベントで内海は「(補強する)お金があるなら投手陣に回して欲しい。僕ら3人(ローテーションを投げぬき2桁勝利を挙げた内海、高橋尚成、木佐貫洋)は精一杯やったし、他のみんなもそう」と、球団の相次ぐ補強に物申した。こうした補強に対する反発・苦言とも取れる発言が公になることは全球団でも異例で、この後に球団から厳重注意を受け、さらに公式サイトが予告なしに閉鎖された。内海は発言について反省し、球団批判はしないと述べた。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 銀次

    銀次から見た木佐貫洋木佐貫洋

    初打席:同上、3回表に木佐貫洋から左飛銀次 フレッシュアイペディアより)

  • オーランド・ロマン

    オーランド・ロマンから見た木佐貫洋木佐貫洋

    初打点:2012年5月19日、対オリックス・バファローズ1回戦(明治神宮野球場)、2回裏に木佐貫洋から左前適時打オーランド・ロマン フレッシュアイペディアより)

  • 柳田悠岐

    柳田悠岐から見た木佐貫洋木佐貫洋

    クライマックスシリーズファイナルステージでは、10月15日第1戦に浦野博司から先制タイムリー二塁打を放ち、10月18日第4戦では木佐貫洋から初回先頭打者本塁打で先制するなど、全6試合に出場し25打数で打率.280、3打点の成績だった。日本シリーズでは10月25日第1戦では、先発のランディ・メッセンジャーから6回に日本シリーズ初安打を放つと、7回二死三塁でも同投手からライトへ安打を放ち日本シリーズ初打点を記録。全5試合に出場、20打数8安打(打率4割)、5得点と活躍してチームの日本一に貢献、同選手権の優秀選手賞も受賞した。他にも三井ゴールデン・グラブ賞と、ベストナインを初受賞した。柳田悠岐 フレッシュアイペディアより)

  • 多田野数人

    多田野数人から見た木佐貫洋木佐貫洋

    も前年に続いてあまり出場機会を与えられなかったが、交流戦期間となる6月1日の対阪神戦で、中継ぎとしてシーズン初登板を果たす。試合では得意のスローボールを披露して観客を沸かせたが、6月30日には一軍から登録抹消された。それから一度復帰したものの、7月30日に木佐貫洋・金子誠らと再度抹消され、9月時点で登板回数は5試合に留まった。10月1日、北海道日本ハムファイターズから退団が発表された。2010年の戦力外通告からの再契約を含め、二度目の日本ハム退団となった。多田野数人 フレッシュアイペディアより)

  • 糸井嘉男

    糸井嘉男から見た木佐貫洋木佐貫洋

    1月25日、木佐貫洋・大引啓次・赤田将吾との交換トレードで、八木智哉と共にオリックス・バファローズへ移籍することが発表された。激震が走った大型トレードに、チームメイトの武田勝は「痛手であることは間違いない。僕らも気持ちの整理をつけてキャンプに臨みたい」と語り、日本ハム時代に一緒にトレーニングをする仲だったという元同僚で当時テキサス・レンジャースのダルビッシュ有も「糸井さんトレードとか、ありえん」と自身のツイッターにツイートし、衝撃が走ったことを素直に表現した。翌26日にほっともっとフィールド神戸で記者会見した糸井は、「関西出身なので、小さいころからよくテレビで見ていた。優勝目指して頑張りたい」と抱負を語った。なお背番号は日本ハム時代と同じ「7」となった。2月20日に第3回WBC日本代表選手28人に選出された。この大会では全7試合に出場し、打率.286、1本塁打、7打点、OPS1.024を記録した。糸井嘉男 フレッシュアイペディアより)

  • ピタゴラスイッチ

    ピタゴラスイッチから見た木佐貫洋木佐貫洋

    ジャイアンツのピッチャーのみなさんといっしょ(内海哲也・木佐貫洋・久保裕也・林昌範)ピタゴラスイッチ フレッシュアイペディアより)

  • 杉内俊哉

    杉内俊哉から見た木佐貫洋木佐貫洋

    高校3年生次の、全国高等学校野球選手権鹿児島大会決勝では、共に当時から注目を集めていた川内高校の木佐貫洋との投げ合いに勝利し、甲子園出場を決めた。県大会では47回2/3で64三振を奪い、「南国のドクターK」と称された。第80回全国高等学校野球選手権大会の1回戦で八戸工大一(青森県)相手にノーヒットノーランを達成。杉内俊哉 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た木佐貫洋木佐貫洋

    1月22日に糸井、八木とオリックスの木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾の2対3のトレードが成立。中でも糸井嘉男は、2009年より4年連続で「打率3割・ゴールデングラブ賞」を続け、その間2度のリーグ優勝に貢献した主力打者であったため、放出には選手から動揺、不満の声が上がったが、主力選手や人気選手であっても温情抜きでトレードの対象とする日本ハムの革新的な球団運営を象徴する大型トレードであった。開幕戦の西武戦には勝利したものの、そこから連敗し借金生活は6月28日まで続いた。4月13日のオリックス戦では球団14年ぶりの1試合5失策を記録。5月4日から15日にかけて9連敗で、借金は2010年6月16日以来の10、5月終了時点で19勝28敗1分の勝率.404で最下位。6月2日、新たにナイター照明がついた旭川市にある旭川スタルヒン球場で北海道移転後、屋外球場初のナイター主催試合となる横浜DeNA戦を開催。またそれまでは旭川では年2試合の主催試合の開催であったが、この年は北海道移転後、札幌ドームと旧本拠地東京ドーム以外では最多となる4試合の公式戦を開催し(翌年も4試合を開催)、計8万人を動員。移転当初から掲げる地域密着の姿勢をさらに強く示した。7月3日に開幕日以来の貯金を実現したが、7月17日に負け越すとついに勝ち越すことがないままシーズンを終えた。8月14日から守り続けてきた5位も9月21日にシーズン前のトレード相手のオリックスに抜かれ最下位に転落。9月28日のオリックス戦(京セラドーム)に0対8で敗れたことで、クライマックスシリーズ出場の可能性がなくなり、3年ぶりのBクラスが確定した。10月1日の札幌ドームでの楽天戦に2対11で敗れたことで、この年優勝した楽天には本拠地で1勝も勝てずに終わり、この年24勝無敗というシーズン成績を挙げた田中将大に対しても8連敗に終わった。10月6日の西武戦(札幌ドーム)に4対3で敗れ、12年ぶりに北海道移転後では初の最下位が決定、前年リーグ優勝からの最下位は1981年の近鉄以来32年ぶりの記録となった。64勝78敗2分で勝率.451はチーム8年ぶりの負け越し、チーム防御率は2006年以降全て2位以上であったが同年はリーグ5位、失策はリーグワーストの88を記録した。 陽岱鋼が自身そして球団史上初となる盗塁王を、ミチェル・アブレイユが本塁打王を獲得。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

73件中 61 - 70件表示

「木佐貫洋」のニューストピックワード