前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
103件中 1 - 10件表示
  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見た金本知憲金本 知憲

    は、開幕から低迷するチームの中で好投し、4月で3勝(1敗)をあげ、敗戦による「8イニング完投」ながら2004年以来となる完投も記録した。しかし5月から調子を崩し、7日の阪神戦では3回途中金本知憲への頭部死球で危険球退場となる。以後、短いイニングで降板する試合が続き8月に一軍登録を抹消。そのままシーズンを終え、前半戦の貢献を主張するが認められず年俸減で更改した。年末会田有志などの成長株がドミニカウィンターリーグに派遣されることを受け、本人の希望でドミニカへ渡った。木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見た高木康成

    は、開幕先発ローテーション枠争いに敗れ、二軍スタート。8月のローテーションの谷間でようやくシーズン初登板・初先発のチャンスを得たが、3回途中3失点でKOされ、二軍降格。その後、一軍登板機会が得られぬまま、シーズンを終えた。二軍では先発の軸として活躍し、リーグ最多勝(9勝)、最多奪三振(94個)の二冠となったが、防御率は4.05と奮わなかった。同年12月4日、高木康成との交換トレードでオリックス・バファローズに移籍した。木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見た斉藤和巳

    ルーキーイヤーのはリーグ最多の2完封を含むシーズン10勝を挙げ新人王に選ばれる。しかし翌は成績が伸びず、シーズン途中から一時抑えに転向する。は14試合の登板にとどまり未勝利(0勝1敗5セーブ)、7月に右肩甲骨下の手術を行う。1月に二岡智宏とともに奄美大島での小久保裕紀・斉藤和巳の自主トレに同行。6月19日のオリックス戦で約1年ぶりに一軍登録、即先発するも、3失点で敗戦投手になる。合計3度先発のチャンスを与えられるが、いずれも序盤にKOされてしまい0勝3敗でシーズンを終え、2年連続未勝利という結果に終わった。木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見た赤田将吾

    1月25日、糸井嘉男・八木智哉との交換トレードで赤田将吾・大引啓次とともに北海道日本ハムファイターズへ移籍した。木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見た杉内俊哉

    鹿児島県川内市(現:薩摩川内市)出身。川内高校では3年時の、鹿児島県春季高校野球大会にて杉内俊哉を擁する鹿児島実業を破り優勝。夏の全国高等学校野球選手権鹿児島大会決勝では鹿児島実業に1-3で惜敗。甲子園出場を逃した。卒業後は亜細亜大学に進学。東都大学リーグ通算31試合登板、12勝8敗、防御率1.80、225奪三振。4年生時は2季連続で最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインの三冠受賞。第1回世界大学野球選手権日本代表にも選出された。木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見た永川勝浩

    ルーキーイヤーの2003年には、大学から同期で広島東洋カープの永川勝浩投手と、シーズン最後まで新人王争いを演じた。本人曰く、大雑把な性格だったが、亜細亜大に入ってから変わったと話している。木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見た吉川輝昭

    初打点:2004年7月8日、対横浜ベイスターズ16回戦(東京ドーム)、3回裏に吉川輝昭から右越適時二塁打木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見たジェレミー・パウエル

    は主力投手であった上原浩治・ジェレミー・パウエルが故障で出遅れたため開幕一軍入りを果たし、自己最高となる12勝(9敗)・防御率3.09を記録した。内海哲也・高橋尚成とともに一年を通してローテーションを守った。木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見た福留孝介

    初奪三振:同上、1回表に福留孝介から木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見た今村猛

    は、東日本大震災の影響で延期されて実施の4月12日に大阪ドームでの開幕戦で自身初の開幕投手を務め02年全日本大学野球選手権大会決勝や2003年のオールスターゲーム第1戦同様に早稲田大学野球部出身のホークスの大黒柱和田毅と投げ合い9回0/3を自責点1。が、12球団の開幕投手で唯一勝利がなく5月4日に登録抹消となった。その後、5月14日に一軍登録され、その日の日本ハム戦(函館市千代台公園野球場)に先発したが、2回1死から本塁打と連打で8失点で降板。セ・パ交流戦の阪急ブレーブスユニフォーム復刻試合の5月20日の対広島戦で7回1失点で相手の7番指名打者今村猛の犠牲バントも無難に処理しシーズン初白星を挙げたが、その後は先発で結果を残せず、7月11日の対西武戦で4回9安打6失点で二軍落ちする。二軍落ちを通告され、帰阪する道中の新横浜駅で偶然にも巨人時代のコーチである鹿取義隆に遭遇し、「ツーシームやチェンジアップを覚えたら?」と助言を受け、ツーシームを習得する。その後昇格し、閉幕間際の10月15日の対日本ハム戦で、6回無失点の好投で漸く2勝目をあげた。シーズンを通しては、2勝7敗、防御率4.60と不本意な成績に終わった。木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
103件中 1 - 10件表示

「木佐貫洋」のニューストピックワード