前へ 1 2 3 4
36件中 1 - 10件表示
  • カール・ゴッチ

    カール・ゴッチから見た木戸修木戸修

    1972年1月の新日本プロレス設立に選手及びブッカーとして助力。1972年3月から1974年8月にかけて、アントニオ猪木と5回対戦し、3勝2敗。1973年10月ルー・テーズをパートナーとしてアントニオ猪木&坂口征二組と3本勝負で対戦し、1-2で敗れる。その後、フロリダ州タンパの「ゴッチ道場」において、藤波辰巳、木戸修、藤原喜明、佐山聡、前田日明らプロレスラーを数多く育成する。1982年1月1日後楽園ホールにおいて藤原喜明とエキシビション・マッチで対戦、同年1月8日後楽園ホールにおいて木戸修と対戦したエキシビション・マッチが、プロレスラーとして最後の試合である。カール・ゴッチ フレッシュアイペディアより)

  • 山崎一夫 (プロレスラー)

    山崎一夫 (プロレスラー)から見た木戸修木戸修

    佐山引退(新日本プロレスを退団)後も新日本に残留して前座を沸かせていた(高田とのシングルマッチはTV中継された)。その後、佐山のタイガージム開設時に退団し、同ジムのインストラクターを務めていたが、1984年、佐山が第1次UWFへ参加することが決定した際、一緒に入団。前田日明、高田延彦、藤原喜明、木戸修らと活動する。佐山のスーパータイガージムでもインストラクターを努め、佐山と共に指導者としても活動した。山崎一夫 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 新日本プロレス

    新日本プロレスから見た木戸修木戸修

    1月13日、新日本プロレスリング株式会社設立。日本人の参加レスラーはアントニオ猪木、山本小鉄、魁勝司、柴田勝久、藤波辰巳、木戸修 の他、豊登が「テレビが付くまで」との条件付きで助っ人参戦。新日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 木村健悟

    木村健悟から見た木戸修木戸修

    新日本プロレス創世期は、創設組の猪木派(山本小鉄、魁勝司、柴田勝久、木戸修、藤波辰爾とその後の入門組のグラン浜田、ドン荒川、藤原喜明、栗栖正伸ら)と合流組の坂口派(永源遥、木村健悟、キラー・カーン、大城大五郎)の派閥があり、選手の売り出し方に差が出た。若手の登竜門カール・ゴッチ杯は第一回優勝者藤波、準優勝カーン。第二回優勝者藤原、準優勝木村。第三回は若手のリーグ戦にベテランの魁が入り優勝、木村は準優勝に終わり、すべて猪木派が優勝している。木村は海外遠征に出るのも藤波より約3年、4年も後輩の佐山サトルよりも遅かった。藤波はニューヨークでWWWFジュニアヘビー級王座を獲得し、金曜8時のゴールデンタイムでテレビ放映されシンデレラボーイとなったが、木村がメキシコでNWA世界ライトヘビー級王座を獲得しても大きくは報じられず、凱旋帰国第一戦もノーテレビであった。木村健悟 フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ライト

    スティーブ・ライトから見た木戸修木戸修

    1982年3月には第5回MSGシリーズに来日(リーグ戦には不参加)、タイガーマスクのWWFジュニアヘビー級王座に連続挑戦し、名勝負を残している。なお、木戸修はライトについて「自分が戦ったレスラーでは一番上手かった」と語っている。スティーブ・ライト フレッシュアイペディアより)

  • 1950年のスポーツ

    1950年のスポーツから見た木戸修木戸修

    2月2日 - 木戸修(神奈川県、プロレス)1950年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 毒霧

    毒霧から見た木戸修木戸修

    武藤敬司が語るところによると、潔癖症としても知られる木戸修が、グレート・ムタから毒霧を受けた際、武藤は3日間口を利いてもらえなかったらしい。毒霧 フレッシュアイペディアより)

  • ケーフェイ (著書)

    ケーフェイ (著書)から見た木戸修木戸修

    新日プロ時代、あれだけ負けつづけた藤原と木戸が、シューティングをやりだしたとたん、勝ちだしたということを、キミは理解しているか?ケーフェイ (著書) フレッシュアイペディアより)

  • 高松市民文化センター

    高松市民文化センターから見た木戸修木戸修

    かつてのプロレス会場としても知られている。特にプロレスブーム時の新日本プロレスは、この会場をMSGシリーズやIWGPリーグ戦の公式戦用に使用し、猪木対藤波、猪木対ジャイアント、ハンセン対ジャイアント、ホーガン対ジャイアント、猪木対前田、長州対ジャイアントなど、地方興行としては豪華なカードを編成しテレビ中継していた。このうち猪木対藤波戦、猪木対前田戦、ハンセン対ジャイアント戦はDVDに収録されて販売されている。他にも1982年(昭和57年)5月21日のタイガー、木戸組対ゴンザレス、エストラーダ組のタッグマッチもソフト化され、当時の館内の様子を見ることができる。 また長州力がアンドレ・ザ・ジャイアントをボディスラムで投げたのもこの会場である。片や全日本プロレスもそれまで不定期的に会場使用していたが、テレビ中継されることはほとんどなかった。高松市民文化センター フレッシュアイペディアより)

  • キャッチ・アズ・キャッチ・キャン

    キャッチ・アズ・キャッチ・キャンから見た木戸修木戸修

    ゴッチはその後も新日本プロレスでコーチ活動を続け、アントニオ猪木、木戸修、藤波辰巳、藤原喜明、前田日明、西村修、船木誠勝、鈴木みのるらを指導した。ゴッチの教え子達は特にCACCの技術に拘りを持ち、前田は1984年にUWFを、船木、鈴木は1993年にパンクラスを立ち上げ、藤波、西村はドラディションを主宰するなどそれを前面に押し出した活動を継続している。キャッチ・アズ・キャッチ・キャン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
36件中 1 - 10件表示

「木戸愛」のニューストピックワード