49件中 11 - 20件表示
  • キャッチ・アズ・キャッチ・キャン

    キャッチ・アズ・キャッチ・キャンから見た木戸修木戸修

    ゴッチはその後も新日本プロレスでコーチ活動を続け、アントニオ猪木、木戸修、藤波辰巳、藤原喜明、前田日明、西村修、船木誠勝、鈴木みのる、石川雄規らを指導した。ゴッチの教え子達は特にCACCの技術に拘りを持ち、前田は1984年にUWFを、船木、鈴木は1993年にパンクラスを立ち上げ、藤波、西村はドラディションを主宰するなどそれを前面に押し出した活動を継続している。キャッチ・アズ・キャッチ・キャン フレッシュアイペディアより)

  • UWAI STATION

    UWAI STATIONから見た木戸修木戸修

    木戸修&田村和宏組 vs ドン荒川&フジタ"Jr"ハヤト組UWAI STATION フレッシュアイペディアより)

  • ビッグマウス

    ビッグマウスから見た木戸修木戸修

    2005年9月11日、後楽園ホールで旗揚げ戦を開催。また同興行で引退していた木戸修が上井文彦の個人事務所「ビッグマウス」所属選手として復帰や同じく引退していた船木が登場して復帰することを宣言。また前田が言っている「総合で通用するレスラー」を作ることに協力することも同時に宣言。ビッグマウス フレッシュアイペディアより)

  • 山崎一夫 (プロレスラー)

    山崎一夫 (プロレスラー)から見た木戸修木戸修

    佐山引退(新日本プロレスを退団)後も新日本に残留して前座を沸かせていた(高田とのシングルマッチはTV中継された)。その後、佐山のタイガージム開設時に退団し、同ジムのインストラクターを務めていたが、1984年、佐山が第1次UWFへ参加することが決定した際、一緒に入団。前田日明、高田延彦、藤原喜明、木戸修らと活動する。佐山のスーパータイガージムでもインストラクターを務め、佐山と共に指導者としても活動した。山崎一夫 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • ちょっとかわいいアイアンメイデン

    ちょっとかわいいアイアンメイデンから見た木戸修木戸修

    木戸静波(きど しずな)ちょっとかわいいアイアンメイデン フレッシュアイペディアより)

  • プロレス夢のオールスター戦

    プロレス夢のオールスター戦から見た木戸修木戸修

    マイティ井上(国際)、星野勘太郎(新日本) vs 木戸修(新日本)、石川敬士(全日本)プロレス夢のオールスター戦 フレッシュアイペディアより)

  • レースガイド

    レースガイドから見た木戸修木戸修

    BGMが一度変更されている。「クイズDEデート」二代目司会者時代の「チャンスチャンス」コーナーオープニングで使われたものと同一の曲を使った時代もある。それ以前は、プロレスラー・木戸修の入場テーマにして、元々は1979年公開の映画『夢一族 ザ・らいばる』(久世光彦監督)サウンドトラック収録曲で、同時期に放送されたフジテレビ系のランキング歌謡番組「ビッグベストテン」のテーマ曲でもある「BLACK-RIDER」(作曲 - 都倉俊一)。レースガイド フレッシュアイペディアより)

  • エル・サムライ

    エル・サムライから見た木戸修木戸修

    同年6月10日、「武藤祭」へ素顔の松田納として登場。木戸修、西村とのユニット「オサム軍団」を結成し、NOSAWA、MAZADA、TAKEMURAの東京愚連隊と対戦。自らNOSAWAを下すとマスクを被り、土方の持つ世界ジュニア王座への挑戦を表明した。さらに、エル・サムライ フレッシュアイペディアより)

  • 星野勘太郎

    星野勘太郎から見た木戸修木戸修

    1995年2月19日、両国国技館で木戸修戦を最後に現役を引退した。その際、挨拶をした猪木が星野への慰労の言葉もそこそこに、延々と北朝鮮への熱い思いを語ってしまったが、神妙に拝聴する星野の姿はファンの心を打った。星野勘太郎 フレッシュアイペディアより)

  • GAMI

    GAMIから見た木戸修木戸修

    技名通り木戸修が得意としたフォームで使用している。GAMI フレッシュアイペディアより)

49件中 11 - 20件表示

「木戸愛」のニューストピックワード