36件中 21 - 30件表示
  • 寺西勇

    寺西勇から見た木戸修木戸修

    国際プロレスが新日本プロレスと対抗戦を始めた際の第一戦が寺西・アニマル浜口 vs. 長州力・木戸修戦であり、両団体とも何かあった時に対処できるシュートの強い選手を出してきている。寺西勇 フレッシュアイペディアより)

  • 前田日明

    前田日明から見た木戸修木戸修

    1985年12月6日、藤原喜明、木戸修、高田伸彦(現:高田延彦)、山崎一夫らと共に業務提携という形で新日本に復帰。前田はリング上で「1年半UWFとしてやってきたことが何であるか確かめに来ました」とマイクアピールを行った。前田日明 フレッシュアイペディアより)

  • 小林邦昭

    小林邦昭から見た木戸修木戸修

    長州の“かませ犬”発言があった日の凱旋帰国第一戦で木戸修と組み、ジョニー・ロンドス、シルバー・ハリケーン組と闘い、日本初公開するも、フックが強すぎて肩が上がってしまい、フォールではなくギブアップ勝利であった。小林邦昭 フレッシュアイペディアより)

  • ブラック・キャット (プロレスラー)

    ブラック・キャット (プロレスラー)から見た木戸修木戸修

    メキシコの団体を中心に活動していたが、1981年にプロレス留学目的で新日本プロレスに登場する。日本でのデビュー戦は4月21日の小山ゆうえんちにて行われたタッグマッチであった(パートナー:星野勘太郎 対戦者:木戸修・永源遥組)。ブラック・キャット (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た木戸修木戸修

    2002年、新日本プロレスに入団(同期は山本尚史、田口隆祐、後藤洋央紀、長尾浩志)。同年8月29日、日本武道館における安田忠夫戦でデビュー、セコンドには当時引退をして中邑を指導していた木戸修が付いた。レスリングでの実績とデビュー前に総合格闘技のトレーニングを行っていたことから、当時の新日本の格闘技路線の申し子として期待を受け、デビュー戦後はシリーズには帯同せずLA道場で総合格闘技のトレーニングを重ねるという新人としては異例の待遇を受けた。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • フォール技

    フォール技から見た木戸修木戸修

    木戸修が開発。相手を脇固めに捕えた時に前方回転で逃げる勢いを利用し、そのまま腕と足をクラッチしてエビに固める。木戸のそれは大技での決着しか歓迎されず、丸め込みでの勝利にはブーイングも上がるようになった1990年代以降においても、例外的に絶大な説得力を持った技だった。フィニッシュ・ホールドとしてだけでなく相手が脇固めにきたところをスルリとキドクラッチに移行し気が付けば木戸が丸め込んでいた、という光景が以前はよく見られた。木戸以外の使い手としては女子プロレスラーのキャロル美鳥が数度使った他に、エル・サムライがサムライ・クラッチとして使用している。フォール技 フレッシュアイペディアより)

  • GAMI

    GAMIから見た木戸修木戸修

    技名通り木戸修が得意としたフォームで使用している。GAMI フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤープロレスリングの登場レスラー

    ファイヤープロレスリングの登場レスラーから見た木戸修木戸修

    水戸勇(木戸修ファイヤープロレスリングの登場レスラー フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚高史

    飯塚高史から見た木戸修木戸修

    この後も、野上彰との「J・J・JACKS」、山崎一夫・永田裕志・木戸修との「山崎隊」など、ユニットの形でチャンスを与えられるが、生かすことは出来ず、「隠れた実力派」と称される中堅選手の位置に甘んじていた。飯塚高史 フレッシュアイペディアより)

  • 星野勘太郎

    星野勘太郎から見た木戸修木戸修

    1995年2月19日に、両国国技館で木戸修戦を最後に現役を引退。その際、挨拶をしたアントニオ猪木が星野への慰労の言葉もそこそこに、延々と北朝鮮への熱い思いを語ってしまったが、神妙に拝聴する星野の姿はファンの心を打った。星野勘太郎 フレッシュアイペディアより)

36件中 21 - 30件表示

「木戸愛」のニューストピックワード