49件中 21 - 30件表示
  • ドロップキック

    ドロップキックから見た木戸修木戸修

    日本では遠藤幸吉、吉村道明が名手として名をあげて藤波辰爾もジュニアヘビー級時代に連発式で繰り出していた。木戸修も、かつては名手として評価されていた1人である。ドロップキック フレッシュアイペディアより)

  • プロレスの星 アステカイザー

    プロレスの星 アステカイザーから見た木戸修木戸修

    第1話には、アントニオ猪木、ミスター高橋(レフェリー)、倍賞鉄夫(リングアナウンサー)の3名が本人役で出演したほか、ジョージ高野が「鮮血のヘル」、佐山聡が「マッドコンドル」という覆面レスラーを演じている。また、猪木のスパーリングパートナーとして木戸修が出演している。佐山や荒川真は、これ以降も役名を変えて度々出演。プロレスの星 アステカイザー フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見た木戸修木戸修

    同年6月10日、全日本プロレス「武藤祭」にて木戸修、松田納とのユニット「オサム軍団」をとして参戦。西村修 フレッシュアイペディアより)

  • カネック

    カネックから見た木戸修木戸修

    前代未聞の敵前逃亡として話題になったが、カネックは来日中、3月18日の藤原喜明戦および翌19日の木戸修戦で勝利したものの膝を負傷し、その後の6大会を欠場するほどの怪我を負っていた。また、この事件の背景には、新日本サイドがカネックの覆面と藤波のWWFジュニア王座を賭けて戦うコントラ・マッチを直前になって一方的に通告してきたこと、さらに、同じシリーズに参戦していた一部のアメリカ人レスラーが、メキシコ人に対する差別意識から、タイトルマッチ直前の28日深夜に宿泊先のホテルでカネックに暴行を加えていたことなどが発覚している(首謀者はロン・スターとされる)。カネック フレッシュアイペディアより)

  • 高松市民文化センター

    高松市民文化センターから見た木戸修木戸修

    かつてのプロレス会場としても知られている。特にプロレスブーム時の新日本プロレスは、この会場をMSGシリーズやIWGPリーグ戦の公式戦用に使用し、猪木対藤波、猪木対ジャイアント、ハンセン対ジャイアント、ホーガン対ジャイアント、猪木対前田、長州対ジャイアントなど、地方興行としては豪華なカードを編成しテレビ中継していた。このうち猪木対藤波戦、猪木対前田戦、ハンセン対ジャイアント戦はDVDに収録されて販売されている。他にも1982年(昭和57年)5月21日のタイガー、木戸組対ゴンザレス、エストラーダ組のタッグマッチもソフト化され、当時の館内の様子を見ることができる。 また長州力がアンドレ・ザ・ジャイアントをボディスラムで投げたのもこの会場である。片や全日本プロレスもそれまで不定期的に会場使用していたが、テレビ中継されることはほとんどなかった。高松市民文化センター フレッシュアイペディアより)

  • 佐山聡

    佐山聡から見た木戸修木戸修

    リング上では前田、藤原、高田、木戸修、山崎らとの日本人対決を軸に壮絶な試合を行ない、「UWFはプロレスではなくシューティング」自分達を「シューター」と称した。公式ルールの制定にも着手するが、スポーツライクな、競技としてのシューティングを確立しようとする佐山と他の選手との間には徐々に溝ができていた。そして1985年9月2日。大阪府立臨海スポーツセンターで行われた試合で、特に不信を抱えていた前田からセメントを仕掛けられる。張り手や膝蹴りを多用し、グラウンドの佐山にローキックをする等、前田の尋常ならざるファイト、精神状態を懸念した佐山が、腹部に入った右膝を金的アピールしてレフェリーに試合を止めさせた(結果は18分57秒スーパー・タイガーの反則勝ち)。これがきっかけとなって、佐山は10月11日にUWF脱退を表明。看板選手を失った団体は活動休止に追い込まれ、佐山以外の選手は新日本プロレスと業務提携することになる。佐山聡 フレッシュアイペディアより)

  • MSGシリーズ

    MSGシリーズから見た木戸修木戸修

    アントニオ猪木、坂口征二、藤波辰巳、長州力、星野勘太郎、山本小鉄、木戸修、木村健吾、藤原喜明、永源遙、アンドレ・ザ・ジャイアント(シード)、ニコリ・ボルコフ、バグジー・マグロー、チーフ・ジェイ・ストロンボー、トニー・ガレア、バロン・シクルナ、コロソ・コロセッティ、マーティン・ジョーンズ、レイ・スチール、ピート・リーブス、上田馬之助MSGシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 山本小鉄

    山本小鉄から見た木戸修木戸修

    猪木の日本プロレス追放発表の記者会見で、星野が坂口、小鹿らと乾杯(ちなみに木戸修と藤波は会場にいたが、乾杯の写真撮影時に消えた。藤波と木戸は猪木追放会見の翌日に日本プロレスを退団)していたことに大激怒する。そのようなことから後に坂口らが日本プロレスから新日へ移籍した後、日本プロレス崩壊時にメキシコに遠征していた星野を新日本プロレスに移籍させるに当たって猪木と坂口が山本の了解を取ったという経緯がある。山本小鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 寺西勇

    寺西勇から見た木戸修木戸修

    練習熱心であり、国際でビル・ロビンソンから仕込まれたためシュートの心得もあった。国際プロレスが新日本プロレスと対抗戦を始めた際の第一戦が寺西・アニマル浜口 vs. 長州力・木戸修戦であり、両団体とも何かあった時に対処できるシュートの強い選手を出してきている。寺西勇 フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤープロレスリングの登場レスラー

    ファイヤープロレスリングの登場レスラーから見た木戸修木戸修

    水戸勇(木戸修ファイヤープロレスリングの登場レスラー フレッシュアイペディアより)

49件中 21 - 30件表示

「木戸愛」のニューストピックワード