1 2 3 4 次へ
36件中 31 - 36件表示
  • 藤波 辰爾

    藤波辰爾から見た木戸修木戸修

    1974年、若手の登龍門たるカール・ゴッチ杯を制し(決勝の相手は小沢正志、後のキラー・カーン)、初の海外遠征で木戸修と共に西ドイツへ、その後アメリカに渡って、カール・ゴッチの元で修行、木戸の帰国後ノースカロライナ州をサーキット、その後メキシコを転戦。藤波辰爾 フレッシュアイペディアより)

  • 長州力

    長州力から見た木戸修木戸修

    ミスター高橋は、「長州には少しばかり横柄な面がある」と指摘する。高橋によると、新日本プロレスの現場監督就任後、プロレスラーを集めて話をする際に、自身よりもキャリアの長い柴田勝久や木戸修、小林邦昭、木村健吾らまでをもひと纏めに「お前ら」と呼んだ。高橋はまた、長州が他のプロレスラーを人前で怒鳴ったり殴ったりしていたことを示唆している。長州力 フレッシュアイペディアより)

  • 古舘 伊知郎

    古舘伊知郎から見た木戸修木戸修

    「寡黙のダンディズム」(木戸修古舘伊知郎 フレッシュアイペディアより)

  • 天龍源一郎

    天龍源一郎から見た木戸修木戸修

    打撃技の攻防には強い一方で、新日本勢と5対5のタッグマッチで戦った際には木戸修の脇固めやアキレス腱固めといった関節技に苦しめられ、試合途中にもかかわらず右腕を痛めてそのまま場外に戦線離脱したこともある。天龍源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 佐山聡

    佐山聡から見た木戸修木戸修

    UWF正式入団時にスーパー・タイガーと改名(タイガージムが商標登録しているザ・タイガーの名称が使用できないため)。紫×銀のマスク+コスチュームに一新。自身のジムは一旦閉鎖。「スーパータイガージム」として後に再スタートする。前田、藤原、高田、木戸修、山崎らとの日本人対決を軸に壮絶な試合を行なった。「UWFはプロレスではなくシューティング。」自分達を「シューター」と称した。藤原との試合でがぶられて(上からホールドされること。レスリングでよく使われる言葉)スタミナを失い、アームロックから逃れられずに腕を脱臼したことから、スーパー・タイガー名義のままで素顔にて試合をするようになる。リーグ戦により、「実力NO.1」の称号を得るも、スポーツライクなルール、競技としてのシューティングを推進しようとする佐山と他の選手との間には徐々に溝ができていた。「自分はカール・ゴッチより強い。」等と発言する佐山に対して、特に不信に思っていた前田はセメントを仕掛ける。1985年9月2日。大阪臨海スポーツセンターにて、試合中に金的蹴りをする(結果は18分57秒スーパー・タイガーの反則勝ち)。実際には金的には入っていなかったが、試合中、前田の張り手、膝蹴りを多用し、グラウンドの佐山にローキックをする等、尋常ならざるファイト、精神状態を懸念した佐山が、腹部に入った右膝を金的アピールしてレフェリーに試合を止めさせたのが実情である。これがきっかけとなって、佐山はこの後に予定されていた「UWF無限大記念日2」出場をキャンセルし、UWFを離脱。第1次UWFも崩壊する。佐山聡 フレッシュアイペディアより)

  • UWF

    UWFから見た木戸修木戸修

    一方の新日本プロレスは長州力率いる維新軍との軍団抗争が激化。純プロレス路線をさらに推し進めるなか、UWFは1984年7月23日・同24日の後楽園ホール「UWF無限大記念日」大会に、引退していたタイガーマスク=佐山聡がザ・タイガーとして、新日本退団後に佐山自身のジム(当時の名称はタイガージム)でインストラクターをしていた山崎一夫を引き連れて、出場することになる。大会が成功した後も一部のプロレスマスコミやファンの強力なバックアップもあり、山崎共々、継続参戦することになり、8月4日、正式にUWF入団を果たす。後に新日本を退団した木戸修も加わることになり、基本となるUWFの陣容はこれで固まった。なお、佐山は復帰の条件として一部フロントの追放を挙げ、これにより新間寿は正式にUWFから手を引いた。この時、新間に追従する形でグラン浜田が離脱した。UWF フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
36件中 31 - 36件表示

「木戸愛」のニューストピックワード