49件中 31 - 40件表示
  • 1950年

    1950年から見た木戸修木戸修

    2月2日 - 木戸修、プロレスラー1950年 フレッシュアイペディアより)

  • ヒロ・マツダ

    ヒロ・マツダから見た木戸修木戸修

    1990年12月26日、新日本プロレスの浜松大会において、木戸修とのエキシビション・マッチが行われた。この試合が日本での最後の試合である。ヒロ・マツダ フレッシュアイペディアより)

  • フォール技

    フォール技から見た木戸修木戸修

    木戸修のオリジナル技。相手を脇固めに捕えた時に前方回転で逃げる勢いを利用して、そのまま腕と足をクラッチしてエビに固める。大技での決着しか歓迎されずに丸め込みでの勝利にはブーイングも上がるようになった1990年代以降においても木戸の、それは例外的に絶大な説得力を持った技だった。フィニッシュ・ホールドとしてだけでなく相手が脇固めにきたところをスルリとキド・クラッチに移行し気が付けば木戸が丸め込んでいた、という光景が以前は、よく見られた。エル・サムライがサムライ・クラッチ、ヤス・ウラノがヤス・パック、小川内潤が朧車の名称で使用。フォール技 フレッシュアイペディアより)

  • バズ・ソイヤー

    バズ・ソイヤーから見た木戸修木戸修

    1987年1月、全日本プロレスと新日本プロレスが来日をそれぞれ発表したが、最終的にはWCCWとの提携ルートで新日本プロレスにブレット・ソイヤーを帯同して初参戦、兄弟タッグでアントニオ猪木&坂口征二の黄金コンビや藤原喜明&木戸修の旧UWF勢とも対戦した。以降も新日本プロレスの常連外国人選手となり、サルマン・ハシミコフらソビエト連邦のレッドブル軍団とはアマチュア時代のレスリング・スタイルで対決。藤波辰巳や武藤敬司とも好勝負を行い、レイジング・ブルことマニー・フェルナンデスとのタッグでも活躍した。バズ・ソイヤー フレッシュアイペディアより)

  • 小林邦昭

    小林邦昭から見た木戸修木戸修

    長州の“かませ犬”発言があった日の凱旋帰国第一戦における、木戸修と組んでのジョニー・ロンドス&シルバー・ハリケーン戦で日本初公開するも、フックが強すぎて肩が上がってしまい、フォールではなくギブアップ勝利であった。小林邦昭 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロレス

    日本プロレスから見た木戸修木戸修

    2局放送体制となって、経営は引き続き好調を維持していたが、一部幹部に横領などの疑いがもたれ始める。一部の経営陣について「会社の金庫を勝手に開けて、そこから札束を鷲掴みにして、そのまま毎夜、銀座のバーに繰り出す」といった逸話がある。1971年に、これを憂えた馬場・猪木ら選手は、幹部に経営改善要求を突きつける。しかしその結果、会社乗っ取りを図ったとして猪木が除名された(詳しい経緯は上田馬之助の項を参照のこと)。猪木は日本プロレス脱退組である山本小鉄、柴田勝久、北沢幹之(魁勝司)、木戸修、藤波辰巳、レフェリーの ユセフ・トルコと共に1972年3月に新日本プロレスを創立し、日本プロレス退団後は東京プロレスや国際プロレスに参戦していた豊登も新日本を助けるべく参戦した。日本プロレスは、退団組の猪木や豊登などが参戦した新日本プロレスに対しても国際プロレス同様に外国人招聘ルートなどで妨害をかけた。日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚高史

    飯塚高史から見た木戸修木戸修

    この後も野上との「J・J・JACKS」、山崎一夫・永田裕志・木戸修との「山崎隊」などユニットの形でチャンスを与えられるが生かすことは出来ず、「隠れた実力派」と称される中堅選手の位置に甘んじていた。飯塚高史 フレッシュアイペディアより)

  • フィッシャーマンズ・スープレックス

    フィッシャーマンズ・スープレックスから見た木戸修木戸修

    日本での初公開は1982年10月8日、新日本プロレスの後楽園ホール大会において、小林邦昭が海外遠征からの凱旋試合(木戸修とタッグを組んでのジョニー・ロンドス&シルバー・ハリケーン組戦)で使用。技名は技を仕掛けるフォームが漁師が網を投げる姿をイメージさせることから実況アナウンサーの古舘伊知郎が命名。フィッシャーマンズ・スープレックス フレッシュアイペディアより)

  • 12月6日

    12月6日から見た木戸修木戸修

    1985年 - 新日本プロレス両国国技館大会にUWFの前田日明、藤原喜明、木戸修、高田伸彦、山崎一夫が乗り込み宣戦布告する。12月6日 フレッシュアイペディアより)

  • ブラック・キャット (プロレスラー)

    ブラック・キャット (プロレスラー)から見た木戸修木戸修

    メキシコの団体を中心に活動していたが、1981年にプロレス留学目的で新日本プロレスに入団。日本でのデビュー戦は4月21日の小山ゆうえんちにて行われたタッグマッチであった(パートナー:星野勘太郎 対戦者:木戸修・永源遥組)。ブラック・キャット (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

49件中 31 - 40件表示

「木戸愛」のニューストピックワード