前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示
  • 木戸修

    木戸修から見た木村健悟

    木戸の存在が改めてクローズアップされたのが、1990年2月10日、東京ドームでの全日本プロレスとの対抗戦で木村健悟と組み、ジャンボ鶴田・谷津嘉章組と闘い、鶴田を脇固めでキリキリ舞いさせた試合であり、1992年から始まった天龍源一郎率いるWARとの対抗戦においてである。天龍のパワー、打たれ強さに多くの実力者がシングルマッチで敗れるなど苦戦する中で、WAR勢にない関節技を主体とする木戸の存在が切り札としてクローズアップされる。そしてWAR勢との5対5のタッグマッチに出場した木戸は脇固めやアキレス腱固めといった関節技でWAR勢を苦しめ、右腕を痛めた天龍を試合終了まで戦闘不能に追い込む大活躍を見せて新日本勢の勝利に大きく貢献した。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た前田日明

    1985年12月に第1次UWFの崩壊に伴い新日マットへ復帰すると、キド・クラッチや脇固めを駆使して活躍するようになる。1986年8月、前田日明とのタッグでIWGPタッグ王座を獲得した。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た藤原喜明藤原 喜明

    大技の攻防が日常化していく1990年代以後の新日本の中で一人、地味ながら切れ味鋭いレスリングスタイルを貫いた木戸は「新日本の良心」として、特に札幌地区での人気はすさまじいものがあった。木戸自身と札幌とは特に縁があるわけではないが、新日本の札幌大会は藤原喜明のテロリスト事件(藤原の項を参照)に代表されるハプニングが頻発し、しっかりとした試合が提供されないことが多かったためである。新日本の札幌大会では会場中に応援ののぼりが立ち、札幌の後援者から贈られたハッピを着た木戸が登場すると大歓声が沸きあがった。木戸もその後押しに答え、佐々木健介をキド・クラッチで下した実績がある。専門誌はその現象を「木戸の異常人気」として伝え、後に木戸は「札幌男」と呼ばれるようになった。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見たカール・ゴッチ

    木戸 修(きど おさむ、1950年2月2日 - )は、日本のプロレスラー。神奈川県川崎市出身。ビッグマウス所属。褐色の肌と、どんなに激しく動いても乱れないヘアスタイルが特徴。寡黙だが、カール・ゴッチ直伝のグラウンド技術で「いぶし銀」のプロレスラーと呼ばれる。長女はプロゴルファーの木戸愛(めぐみ)。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た西村修

    2008年6月10日、全日本プロレス「武藤祭」にて西村修・松田納とのユニット「オサム軍団」として参戦。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た藤波辰爾藤波 辰爾

    1968年10月に日本プロレスに入門し(入門の経緯は後述)、1969年2月21日にプロレスデビュー。1972年3月に新日本プロレスの旗揚げに参加した後、藤波辰巳と共に西ドイツ遠征に出る。その後アメリカの「カール・ゴッチ道場」の門を叩き、ゴッチから直接レスリング技術を学んだ。ゴッチは木戸を「ムスコ」「私の領域に一番近づいた男」と評している。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た天龍源一郎

    木戸の存在が改めてクローズアップされたのが、1990年2月10日、東京ドームでの全日本プロレスとの対抗戦で木村健悟と組み、ジャンボ鶴田・谷津嘉章組と闘い、鶴田を脇固めでキリキリ舞いさせた試合であり、1992年から始まった天龍源一郎率いるWARとの対抗戦においてである。天龍のパワー、打たれ強さに多くの実力者がシングルマッチで敗れるなど苦戦する中で、WAR勢にない関節技を主体とする木戸の存在が切り札としてクローズアップされる。そしてWAR勢との5対5のタッグマッチに出場した木戸は脇固めやアキレス腱固めといった関節技でWAR勢を苦しめ、右腕を痛めた天龍を試合終了まで戦闘不能に追い込む大活躍を見せて新日本勢の勝利に大きく貢献した。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た武藤敬司武藤 敬司

    潔癖症としても知られ、武藤敬司が語るところによると、グレート・ムタから毒霧を受けた際、武藤は3日間口を利いてもらえなかったらしい。巡業先のホテルにチェックインすると洗面所にタオルをひき、アフターシェーブローション、ヘアートニック、ヘアリキッド、コロン・・・と決まった順番に置いていく。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た佐々木健介佐々木 健介

    大技の攻防が日常化していく1990年代以後の新日本の中で一人、地味ながら切れ味鋭いレスリングスタイルを貫いた木戸は「新日本の良心」として、特に札幌地区での人気はすさまじいものがあった。木戸自身と札幌とは特に縁があるわけではないが、新日本の札幌大会は藤原喜明のテロリスト事件(藤原の項を参照)に代表されるハプニングが頻発し、しっかりとした試合が提供されないことが多かったためである。新日本の札幌大会では会場中に応援ののぼりが立ち、札幌の後援者から贈られたハッピを着た木戸が登場すると大歓声が沸きあがった。木戸もその後押しに答え、佐々木健介をキド・クラッチで下した実績がある。専門誌はその現象を「木戸の異常人気」として伝え、後に木戸は「札幌男」と呼ばれるようになった。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た谷津嘉章

    木戸の存在が改めてクローズアップされたのが、1990年2月10日、東京ドームでの全日本プロレスとの対抗戦で木村健悟と組み、ジャンボ鶴田・谷津嘉章組と闘い、鶴田を脇固めでキリキリ舞いさせた試合であり、1992年から始まった天龍源一郎率いるWARとの対抗戦においてである。天龍のパワー、打たれ強さに多くの実力者がシングルマッチで敗れるなど苦戦する中で、WAR勢にない関節技を主体とする木戸の存在が切り札としてクローズアップされる。そしてWAR勢との5対5のタッグマッチに出場した木戸は脇固めやアキレス腱固めといった関節技でWAR勢を苦しめ、右腕を痛めた天龍を試合終了まで戦闘不能に追い込む大活躍を見せて新日本勢の勝利に大きく貢献した。木戸修 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示

「木戸愛」のニューストピックワード