55件中 21 - 30件表示
  • 木戸修

    木戸修から見た都倉俊一

    BLACK-RIDER(都倉俊一グランド・オーケストラ)木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た佐山聡

    ゴッチが木戸を認めるように、木戸もゴッチに対して心酔に近い感情を持っていた。第1次UWFに移籍した際も雑誌のインタビューで理由を「ゴッチさんに誘われたから」とコメントしていた。また、第2次UWFへ新日より移籍する選手が続いた頃、記者に「木戸さんは行かないのか?」と聞かれた際に「ゴッチさんがいないから」(当時、佐山聡のスーパータイガージムに指導にいったことが原因でゴッチは第2次UWFの顧問から外れていた。)と移籍しない理由としてコメントしたことが週刊プロレスで紹介されている。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た札幌市

    大技の攻防が日常化していく1990年代以後の新日本の中で一人、地味ながら切れ味鋭いレスリングスタイルを貫いた木戸は「新日本の良心」として、特に札幌地区での人気はすさまじいものがあった。木戸自身と札幌とは特に縁があるわけではないが、新日本の札幌大会は藤原喜明のテロリスト事件(藤原の項を参照)に代表されるハプニングが頻発し、しっかりとした試合が提供されないことが多かったためである。新日本の札幌大会では会場中に応援ののぼりが立ち、札幌の後援者から贈られたハッピを着た木戸が登場すると大歓声が沸きあがった。木戸もその後押しに答え、佐々木健介をキド・クラッチで下した実績がある。専門誌はその現象を「木戸の異常人気」として伝え、後に木戸は「札幌男」と呼ばれるようになった。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た川崎市

    木戸 修(きど おさむ、1950年2月2日 - )は、日本のプロレスラー。神奈川県川崎市出身。ビッグマウス所属。褐色の肌と、どんなに激しく動いても乱れないヘアスタイルが特徴。寡黙だが、カール・ゴッチ直伝のグラウンド技術で「いぶし銀」のプロレスラーと呼ばれる。長女はプロゴルファーの木戸愛(めぐみ)。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た東北高等学校

    娘が2人いる。長女・木戸愛(めぐみ)は神奈川県で生まれ、東北高等学校ゴルフ部出身で、2006年には全国高等学校ゴルフ選手権の優勝メンバーとなった。2008年にプロゴルファーとなり、2012年のサマンサタバサレディースでプロ初優勝を飾った。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見たハッスル (プロレス)

    2005年9月11日にビッグマウス所属のレスラーとしてビッグマウス・ラウドに参戦し現役復帰。2007年11月、ハッスルのハッスル軍コーチを務め、どハッスル!!(テレビ東京)に登場した。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た髪型

    木戸 修(きど おさむ、1950年2月2日 - )は、日本のプロレスラー。神奈川県川崎市出身。ビッグマウス所属。褐色の肌と、どんなに激しく動いても乱れないヘアスタイルが特徴。寡黙だが、カール・ゴッチ直伝のグラウンド技術で「いぶし銀」のプロレスラーと呼ばれる。長女はプロゴルファーの木戸愛(めぐみ)。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た新日本プロレス

    1968年10月に日本プロレスに入門し(入門の経緯は後述)、1969年2月21日にプロレスデビュー。1972年3月に新日本プロレスの旗揚げに参加した後、藤波辰巳と共に西ドイツ遠征に出る。その後アメリカの「カール・ゴッチ道場」の門を叩き、ゴッチから直接レスリング技術を学んだ。ゴッチは木戸を「ムスコ」「私の領域に一番近づいた男」と評している。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見たIWGPタッグ王座

    1985年12月に第1次UWFの崩壊に伴い新日マットへ復帰すると、キド・クラッチや脇固めを駆使して活躍するようになる。1986年8月、前田日明とのタッグでIWGPタッグ王座を獲得した。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見たどハッスル!!

    2005年9月11日にビッグマウス所属のレスラーとしてビッグマウス・ラウドに参戦し現役復帰。2007年11月、ハッスルのハッスル軍コーチを務め、どハッスル!!(テレビ東京)に登場した。木戸修 フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示

「木戸愛」のニューストピックワード