55件中 31 - 40件表示
  • 木戸修

    木戸修から見た週刊プロレス

    ゴッチが木戸を認めるように、木戸もゴッチに対して心酔に近い感情を持っていた。第1次UWFに移籍した際も雑誌のインタビューで理由を「ゴッチさんに誘われたから」とコメントしていた。また、第2次UWFへ新日より移籍する選手が続いた頃、記者に「木戸さんは行かないのか?」と聞かれた際に「ゴッチさんがいないから」(当時、佐山聡のスーパータイガージムに指導にいったことが原因でゴッチは第2次UWFの顧問から外れていた。)と移籍しない理由としてコメントしたことが週刊プロレスで紹介されている。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見たレースガイド

    元々は「ビッグベストテン」(フジテレビ系列)のテーマ曲。一時期「CBCレースガイド」のBGMに使われていた。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見たブレーンバスター

    カール・ゴッチ源流のサブミッションを武器に周りの状況がどんなに変わろうと、対戦相手が誰であろうと自身のスタイルを貫き通した。そのこだわりぶりはボディスラムやブレーンバスターなどの汎用的な技でさえあまり使用することはなかったほどである。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見たWAR (プロレス)

    木戸の存在が改めてクローズアップされたのが、1990年2月10日、東京ドームでの全日本プロレスとの対抗戦で木村健悟と組み、ジャンボ鶴田・谷津嘉章組と闘い、鶴田を脇固めでキリキリ舞いさせた試合であり、1992年から始まった天龍源一郎率いるWARとの対抗戦においてである。天龍のパワー、打たれ強さに多くの実力者がシングルマッチで敗れるなど苦戦する中で、WAR勢にない関節技を主体とする木戸の存在が切り札としてクローズアップされる。そしてWAR勢との5対5のタッグマッチに出場した木戸は脇固めやアキレス腱固めといった関節技でWAR勢を苦しめ、右腕を痛めた天龍を試合終了まで戦闘不能に追い込む大活躍を見せて新日本勢の勝利に大きく貢献した。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た毒霧

    潔癖症としても知られ、武藤敬司が語るところによると、グレート・ムタから毒霧を受けた際、武藤は3日間口を利いてもらえなかったらしい。巡業先のホテルにチェックインすると洗面所にタオルをひき、アフターシェーブローション、ヘアートニック、ヘアリキッド、コロン・・・と決まった順番に置いていく。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た脊椎

    兄の木戸時夫も1963年に日本プロレスに入門したプロレスラーだった。練習中の事故で脊椎を損傷してしまい、志し半ばでリングを去った後に闘病生活を送っていたが1977年7月20日に亡くなった。闘病生活を送る兄を見守るうち、「兄の叶えられなかった夢を自分が叶える」と志すようになる。このことは引退セレモニーの席まで木戸本人の口から明かされることはなかった。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見たボディスラム

    カール・ゴッチ源流のサブミッションを武器に周りの状況がどんなに変わろうと、対戦相手が誰であろうと自身のスタイルを貫き通した。そのこだわりぶりはボディスラムやブレーンバスターなどの汎用的な技でさえあまり使用することはなかったほどである。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見たヘアートニック

    潔癖症としても知られ、武藤敬司が語るところによると、グレート・ムタから毒霧を受けた際、武藤は3日間口を利いてもらえなかったらしい。巡業先のホテルにチェックインすると洗面所にタオルをひき、アフターシェーブローション、ヘアートニック、ヘアリキッド、コロン・・・と決まった順番に置いていく。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た脇固め

    木戸の存在が改めてクローズアップされたのが、1990年2月10日、東京ドームでの全日本プロレスとの対抗戦で木村健悟と組み、ジャンボ鶴田・谷津嘉章組と闘い、鶴田を脇固めでキリキリ舞いさせた試合であり、1992年から始まった天龍源一郎率いるWARとの対抗戦においてである。天龍のパワー、打たれ強さに多くの実力者がシングルマッチで敗れるなど苦戦する中で、WAR勢にない関節技を主体とする木戸の存在が切り札としてクローズアップされる。そしてWAR勢との5対5のタッグマッチに出場した木戸は脇固めやアキレス腱固めといった関節技でWAR勢を苦しめ、右腕を痛めた天龍を試合終了まで戦闘不能に追い込む大活躍を見せて新日本勢の勝利に大きく貢献した。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見たヒンズースクワット

    練習の虫であり、コーチをしている時も千回単位のヒンズースクワットなどを無言で長時間、淡々とやるため、他選手は精神的プレッシャーになると言う。木戸修 フレッシュアイペディアより)

55件中 31 - 40件表示

「木戸愛」のニューストピックワード