51件中 41 - 50件表示
  • 木戸修

    木戸修から見たブレーンバスター

    カール・ゴッチ源流のサブミッションを武器に周りの状況がどんなに変わろうと、対戦相手が誰であろうと自身のスタイルを貫き通した。そのこだわりぶりはボディスラムやブレーンバスターなどの汎用的な技でさえあまり使用することはなかったほどである。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見たWAR (プロレス)

    木戸の存在が改めてクローズアップされたのが、1990年2月10日、東京ドームでの全日本プロレスとの対抗戦で木村健悟と組み、ジャンボ鶴田・谷津嘉章組と闘い、鶴田を相手に渡り合った試合であり、1992年から始まった天龍源一郎率いるWARとの対抗戦においてである。天龍のパワー、打たれ強さに多くの実力者がシングルマッチで敗れるなど苦戦する中で、関節技を主体とする木戸の存在が切り札としてクローズアップされる。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見たネックブリーカー・ドロップ

    木戸のこの技を指す場合、ネックブリーカー・ドロップと呼称されることがほとんどであったが、厳密には間違いである(詳しくはそれぞれのリンク先を参照)。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見たタッグチーム

    1985年12月に第1次UWFの崩壊に伴い新日本へ復帰すると、キド・クラッチや脇固めを駆使して活躍するようになる。1986年8月、前田日明とのタッグでIWGPタッグ王座を獲得した。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た西ドイツ

    1968年10月に日本プロレスに入門し(入門の経緯は後述)、1969年2月21日にプロレスデビューし、ユセフ・トルコの付き人を務める。アントニオ猪木が日本プロレスを除名された翌日である1971年12月14日に、藤波辰巳共々日本プロレスを退団し、1972年3月に新日本プロレスの旗揚げに参加。藤波と共に西ドイツ遠征に出る。その後アメリカの「カール・ゴッチ道場」の門を叩き、ゴッチから直接レスリング技術を学んだ。ゴッチは木戸を「ムスコ」「私の領域に一番近づいた男」と評している。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た脊椎

    兄の木戸時夫も1963年に日本プロレスに入門したプロレスラーだった。練習中の事故で脊椎を損傷してしまい、志し半ばでリングを去った後に闘病生活を送っていたが1977年7月20日に亡くなった。闘病生活を送る兄を見守るうち、「兄の叶えられなかった夢を自分が叶える」と志すようになる。このことは引退セレモニーの席まで木戸本人の口から明かされることはなかった。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見たビッグベストテン

    元々は1979年の映画「夢一族 ザ・らいばる」(久世光彦監督)の劇中音楽で、同時期のテレビ番組「ビッグベストテン」(フジテレビ系列)でもテーマ曲して使われた。一時期「CBCレースガイド」のBGMに使われていた。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見たボディスラム

    カール・ゴッチ源流のサブミッションを武器に周りの状況がどんなに変わろうと、対戦相手が誰であろうと自身のスタイルを貫き通した。そのこだわりぶりはボディスラムやブレーンバスターなどの汎用的な技でさえあまり使用することはなかったほどである。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見たUWF

    1984年9月から第1次UWFに参加すると徐々に評価が高まり、職人肌のグラウンド・テクニックは「いぶし銀」と呼ばれるようになった。また、1985年に行なわれたUWF内の格闘技ロード公式リーグ戦では優勝する。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た神奈川県

    木戸 修(きど おさむ、1950年2月2日 - )は、日本のプロレスラー。神奈川県川崎市出身。ビッグマウス所属。褐色の肌と、どんなに激しく動いても乱れないヘアスタイルが特徴。寡黙だが、カール・ゴッチ直伝のグラウンド技術で「いぶし銀」のプロレスラーと呼ばれる。長女はプロゴルファーの木戸愛(きどめぐみ)。木戸修 フレッシュアイペディアより)

51件中 41 - 50件表示

「木戸愛」のニューストピックワード