前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
220件中 1 - 10件表示
  • saku saku

    saku sakuから見た木村カエラ木村 カエラ

    2003年3月であかぎあいがMCを卒業。代わって4月から「入居」した木村カエラは最初の出演時はほぼ無名であり、ティーン向けファッション誌「セブンティーン」モデル(番組ではSTモと表現)だったことが語られる程度であったが、木村の物怖じしない天然な面白さとジゴロウのおもしろトークで人気が出始める。お互いサクサカーであることを確認するための合言葉として「巨神兵が」「どーん!」はこの頃作られた。その後木村が音楽活動を開始し、2004年以降メディアへの露出が増え人気がさらに上昇したこともあり、番組自体も広くに知られるようになった。その人気は神奈川県内にとどまらず、複数の地方局で放送を開始するなど、tvkの看板番組に成長。このころから雑誌などに番組の特集や出演者のインタビューが多く載るようになる。番組発のグッズも各地の東急ハンズや博品館などで販売されるようになった。saku saku フレッシュアイペディアより)

  • SPACE SHOWER Music Video Awards

    SPACE SHOWER Music Video Awardsから見た木村カエラ木村 カエラ

    2011年「Ring a Ding Dong」(木村カエラ)監督:中村剛SPACE SHOWER Music Video Awards フレッシュアイペディアより)

  • SCHOOL OF LOCK!

    SCHOOL OF LOCK!から見た木村カエラ木村 カエラ

    ASIAN KUNG-FU GENERATIONを「お釈迦様」、榮倉奈々を「榮倉様」と崇拝(「こんばんは」を2回言うのは榮倉もやっていた。)。またASIAN KUNG-FU GENERATION以降水曜日のArtist LOCKS!講師に就任したアーティスト達を「お釈迦様っ子クラブ」と名づけ、木村カエラを「阿修羅組」、9mm Parabellum Bulletを「座禅組」、flumpoolを「曼荼羅隊」と位置づけている。SCHOOL OF LOCK! フレッシュアイペディアより)

  • ちびまる子ちゃん

    ちびまる子ちゃんから見た木村カエラ木村 カエラ

    第1期初代エンディングテーマ『おどるポンポコリン』(B.B.クイーンズ)がエンディングテーマにしては珍しく大ヒットし、1990年の第32回日本レコード大賞を受賞。三倉茉奈・佳奈がカバーしたバージョンが第2期オープニングテーマに使われた時期があったが、2000年11月からはオリジナルの『おどるポンポコリン』が今度はオープニングテーマに使われている。この他、木村カエラがカバーしたバージョンやB.B.クイーンズ自身によるリメイクバージョンも使用されている。ちびまる子ちゃん フレッシュアイペディアより)

  • テレビ神奈川

    テレビ神奈川から見た木村カエラ木村 カエラ

    音楽番組に力をいれており、現在では「saku saku」が人気。前身の「saku saku morning call」時代にはユースケ・サンタマリアやPUFFYが司会をしていたことでも知られる。現在はパペット人形である白井ヴィンセントとタレントの三原勇希(2008年度末までは中村優、2005年度末までは木村カエラ、2002年度末まではあかぎあい)の2人をメインパーソナリティーとしている。このような番組スタイルは、増田ジゴロウとあかぎの時期に番組スタッフ一同との掛け合いトーク中心という独自スタイルを確立。この形が受け、各地でネット放送も開始。番組グッズも各地で販売されている。メジャーな歌手・声優もゲストとして登場し、tvkの看板番組に成長した。テレビ神奈川 フレッシュアイペディアより)

  • Perfume

    Perfumeから見た木村カエラ木村 カエラ

    3月28日 - 以後、4週にわたって木村カエラのラジオ番組「OH! MY RADIO」において、Perfumeの楽曲がヘビーローテーションされた。この放送を、CMディレクター・友次彰が聴いていたため、CMキャラクターへの起用のきっかけとなった。Perfume フレッシュアイペディアより)

  • Jasper

    Jasperから見た木村カエラ木村 カエラ

    「Jasper」(ジャスパー)は、木村カエラのメジャー11枚目のシングルで、2008年2月6日にコロムビアミュージックエンタテインメントから発売された。Jasper フレッシュアイペディアより)

  • toe

    toeから見た木村カエラ木村 カエラ

    ドラムの柏倉はtoeの他にもthe HIATUSのメンバーとしても活動し、木村カエラのサポートミュージシャンも務めている。ギターの美濃はレコーディングエンジニア、同じくベースの山根はクロックスのアジアアパレルマネージャー、ギターの山嵜は空間デザイナーとして活動している。また、2007年6月30日開始のフジテレビドラマ「ライフ」の音楽作家としても活動している。toe フレッシュアイペディアより)

  • 嫌われ松子の一生 (映画)

    嫌われ松子の一生 (映画)から見た木村カエラ木村 カエラ

    超人気シンガー:木村カエラ嫌われ松子の一生 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ポップジャム

    ポップジャムから見た木村カエラ木村 カエラ

    新装後初のNHKホールでの収録は2006年8月28日に行われた(この模様は9月15日、22日、29日に放送)。ちなみに初回放送(9月15日深夜、16日未明)は、木村カエラ、Kōkua、Salyu、タタ・ヤン、AAA、パク・ヨンハ、hitomi、BEAT CRUSADERSが出演した。9月29日放送には、NHKのアナウンサー6人で構成したバンド「ことばおじさんとアナウンサーズ」(ことばおじさんこと梅津正樹アナがリードボーカル)が出演し、「これってホメことば?」を熱唱した。なお、このバンドには高山アナもキーボード担当で参加しており、高山アナが自ら梅津ら他メンバーにインタビューし、曲紹介も自ら行った。10月6日放送分では、病気療養中の忌野清志郎の一日も早い回復を願って、忌野のこれまでの足跡を特集した。忌野がポップジャムに出演した時の映像も数本ほど放送された。このときは、ゆずがコメント出演をした。10月2日にはNHK大阪ホール5周年記念として『ミュージック・エクスプレス』との併録による公開収録が行われた(この模様は10月13日、20日、27日に放送)。なお、今回の大阪収録には後藤真希、小柳ゆき、SOUL'd OUT、DA PUMP、Tommy heavenly 6、大塚愛、川嶋あい、ゴスペラーズ、シャ乱Q、BoA、BEGIN等といった大物アーティストに混じり、当時ブレイク中だったお笑い芸人、桜塚やっくんも登場した。NHK大阪ホールの公開収録以後、桜塚やっくんが準レギュラーとして数回登場し、まれに女性アイドルの出演部分でトークに加わって取り仕切っていた(もちろん、歌手としても出演した)。ポップジャム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
220件中 1 - 10件表示

「木村カエラ」のニューストピックワード