200件中 61 - 70件表示
  • 木村拓哉

    木村拓哉から見たアイ・カム・ウィズ・ザ・レイン

    アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン(2009年6月6日公開、ギャガ) - シタオ 役木村拓哉 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓哉

    木村拓哉から見た歌手

    木村 拓哉(きむら たくや、1972年11月13日 - )は、日本の俳優、歌手、タレント、声優で、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。木村拓哉 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓哉

    木村拓哉から見たIVAN

    お笑い芸人の明石家さんまやサッカー元日本代表の中田英寿とは10年以上、家族ぐるみで付き合いがある親友同士である。またそれ以外にも水嶋ヒロ&絢香夫妻、ドロンズ石本、IVANといった芸能人達と交流がある。タレントのマツコ・デラックスは高校時代の同級生である。木村拓哉 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓哉

    木村拓哉から見た日刊スポーツ

    日刊スポーツやスポーツニッポンによるテレビドラマ『アイムホーム』の出演が報じられた記事では初めて父親役を演じる旨の記述があるが、実際には2007年に放送されたテレビドラマ『華麗なる一族』でも父親役を演じている。木村拓哉 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓哉

    木村拓哉から見た北川悦吏子

    もっと、ときめきを―ふたりまでの距離―(1992年3月17日、日本テレビ系)木村拓哉 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓哉

    木村拓哉から見た瀬戸口克陽

    『A LIFE〜愛しき人〜』で共演している松山ケンイチは、木村を憧れの存在と公言している。また、同作品で医者を演じる木村を本当の医者のようであると舌を巻き、「色々話を聞かせていただいて、ものすごく勉強されてるし、経験を積んでいくっていう絶対に見えない作業や、誰にも見えないところでの努力が半端ない方なんだなと改めて思いました。だからこそ、その役に説得力を持たすことができるし…すごいなと思います。本当に。」と称賛している。同作品の他、『GOOD LUCK!!』や『華麗なる一族』で木村とタッグを組んだプロデューサーの瀬戸口克陽は、「ここまでやってもらえれば映像として合格というレベルに終わらない。『GOOD LUCK!!』でも実際にパイロットの方がやっていることを演じ切る。そこへの探求心は並々ならぬものがあると当時から感じていましたね」「我々がそろそろこれをやり始めた方が、というときに5段階でレベル3くらいまで既に行きついている。本人としては当然としてやりきっているという感じでした」「単純の手の動きだけを模倣しているのではなくて、こういう病気だからこういうアプローチをしている、というのを先生たちに聞いて理解してやっている。そこがまたリアリティーを生み出しているところなんじゃないかなと思います」と述べている。木村拓哉 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓哉

    木村拓哉から見た碓井広義

    上智大学教授の碓井広義は『アイムホーム』の木村について「木村をカッコよく見せることだけに奉仕する」作品とは異なると指摘し、「ここにいるのは“キムタク”ではなく、一人の俳優としての木村拓哉だ。」「不安定な立場と複雑な心境に陥ったフツーの男を、木村拓哉がキムタクを封印して誠実に演じている」「夫であり父でもあるという実年齢相応の役柄に挑戦し、きちんと造形していることを評価したい」「今作で役の幅が広がったと思う」などと評している。同作品で「新境地を開いた」と評されたが、木村自身は「現場でやっていることは変わらない」「『違う』と言われるのは僕がどうこうではなく、監督の演出でそういう印象を与えてくれたんだと思う」と述べている。木村拓哉 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓哉

    木村拓哉から見たイサムノグチ

    イサムノグチ地球を彫刻した男(1996年2月12日、札幌テレビ)- ナビゲーター木村拓哉 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓哉

    木村拓哉から見たジェームズ・ディーン

    久世光彦は、「役者も演出家も、だんだんいなくなってしまった。敏腕らしいプロデューサーの名ばかりが目立つ、当節のテレビ界である。」「全身で芝居をしている役者など、数えるほどしかいない。それは、芝居に興味のないディレクターが、人気俳優のアップさえ撮れればいいと思っているからでもある。私も昔、森繁さんのアップばかり撮って叱られた。」などと著した上で、「木村拓哉という役者がいる。いまその全身を撮ってピカ一の役者である。」と著している。また、「バイクに前のめりに凭れた無気力な姿勢が、何とも切ない。丸めた背中の線が何かを語り、それと裏腹にブーツの足先で楽しそうなリズムを刻んでいるのが快い。いかにも<ほんとう>なのだ。夕暮れの道を行く後ろ姿が、またいい。若いくせに疲れていて、寂しいのにほんのり明るくて――私は見惚れてしまう。昔のジェームズ・ディーンでも、とても敵わない。」「ところが可哀想に、この人もアップばかり撮られている。(中略)この役者を狭いコックピットに閉じ込めておかないで、もっと自由にしてやりたい。木村拓哉の全身から匂い立つ<色気>がもったいない。都会の倦怠と、その中の漂泊感を、奇妙なバランスで漂わせることにかけて、いま木村拓哉は、ほとんど天才である。」と記している。木村拓哉 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓哉

    木村拓哉から見た鈴木雅之 (演出家)

    映画『HERO』の監督を務めた鈴木雅之は、木村の感覚が好きだと語っており、「彼の芝居のナチュラルさというのは、何もしないのではなく、ナチュラルを芝居として作ってくる。」「普段通りにすることが自然な芝居と勘違いする人もいるけれど、お芝居をしないと意味がない。一回お芝居として立ち上げてから、ナチュラルにしていくという作業が必要なんです。そのへん、彼はものすごい能力を持っているなと思います。」などと評している。木村拓哉 フレッシュアイペディアより)

200件中 61 - 70件表示