前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示
  • 2012年のバレーボール

    2012年のバレーボールから見た木村沙織木村沙織

    25日 - 日本バレーボール協会は、ロンドンオリンピックへ出場する女子代表メンバー12人を発表した。竹下佳江や木村沙織が3大会連続で選出された。2012年のバレーボール フレッシュアイペディアより)

  • 横山友美佳

    横山友美佳から見た木村沙織木村沙織

    小学校3年生より体力強化のためにバレーボールを始める。10歳の時、甲府市へ移住し、その後日本国籍を取得。甲府市立城南中から下北沢成徳高校に入学。1学年先輩の木村沙織と共に将来を嘱望され、高校1年生時に春高バレー準優勝を経験。横山友美佳 フレッシュアイペディアより)

  • 明日もまた生きていこう

    明日もまた生きていこうから見た木村沙織木村沙織

    18歳でがん宣告を受け、21歳という若さでこの世を去ったバレーボール選手の横山友美佳が残した書籍をドラマ化したもの。世界バレー2010の宣伝を兼ね制作され、物語冒頭、横山の親友である木村沙織の全日本での実際のプレー映像が流されたほか、エンディングには大会テーマソングのEXILEの『I Wish For You』が使用された。(ただしノンクレジット)明日もまた生きていこう フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のバレーボール

    2013年のバレーボールから見た木村沙織木村沙織

    13日 - 日本バレーボール協会は、今月末からのヨーロッパ遠征参加選手16名を発表。今村優香、古賀紗理那らが初選出。主将には木村沙織が任命された。2013年のバレーボール フレッシュアイペディアより)

  • 下北沢成徳高等学校

    下北沢成徳高等学校から見た木村沙織木村沙織

    大山加奈、荒木絵里香、木村沙織等のオリンピック選手を輩出した高校バレー界が誇る名門校。下北沢成徳高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール2016/17Vプレミアリーグ

    バレーボール2016/17Vプレミアリーグから見た木村沙織木村沙織

    この試合に出場した東レの木村沙織は通算試合出場数が230となり、Vリーグ栄誉賞(長期活躍選手)の受賞資格を得た。バレーボール2016/17Vプレミアリーグ フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た木村沙織木村沙織

    オリンピック出場とその後のワールドグランプリ、世界選手権での躍進によってチームは一時期の低迷を脱し、2007年の第14回アジア選手権では木村沙織や荒木絵里香など若手の活躍によって24年ぶりに金メダルを獲得。同年のワールドカップでは7位に終わりオリンピック出場権は翌年の世界最終予選へと持ち越されたが、2008年5月に行われた北京オリンピック世界最終予選ではFIVBが大会期間中に出場規定の変更を通知するというトラブルが発生したものの6勝1敗の3位で出場権を獲得。同年8月の本大会では準々決勝でブラジルに敗れアテネと同じく5位に終わった。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • 周藤玲美

    周藤玲美から見た木村沙織木村沙織

    下北沢成徳高等学校では木村沙織の1年後輩として2年までバレー部に所属していたが、3年でビーチに転向。マドンナカップに神奈川代表として出場した。帝京大学短期大学ではぴあカップ4位入賞。周藤玲美 フレッシュアイペディアより)

  • 佐田樹理

    佐田樹理から見た木村沙織木村沙織

    2003年、リベロで全日本代表候補メンバーになった。その際、当時高校生で全日本候補だった木村沙織のサイン字体を考えた。佐田樹理 フレッシュアイペディアより)

  • 小川良樹

    小川良樹から見た木村沙織木村沙織

    同校の同部からは、荒木絵里香、落合真理、大山加奈、木村沙織、横山友美佳、横山雅美、細川麻美、冨永こよみ、井上奈々朱、大竹里歩など、全日本選手を多数輩出している。小川良樹 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示

「木村沙織」のニューストピックワード