前へ 1 2 3 4
34件中 1 - 10件表示
  • 横山友美佳

    横山友美佳から見た木村沙織木村沙織

    小学校3年生より体力強化のためにバレーボールを始める。10歳の時、甲府市へ移住し、その後日本国籍を取得。甲府市立城南中から下北沢成徳高校に入学。1学年先輩の木村沙織と共に将来を嘱望され、高校1年生時に春高バレー準優勝を経験。横山友美佳 フレッシュアイペディアより)

  • 下北沢成徳高等学校

    下北沢成徳高等学校から見た木村沙織木村沙織

    大山加奈、荒木絵里香、木村沙織等のオリンピック選手を輩出した高校バレー界が誇る名門校。下北沢成徳高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • キム・ヨンギョン

    キム・ヨンギョンから見た木村沙織木村沙織

    2009-10年のVプレミアリーグでは、セッター・竹下佳江とのコンビで大車輪の活躍を見せ、チームを開幕25連勝へ導くと共に自身も得点王となる。決勝では東レのエース・木村沙織に打ち負け準優勝に終わるが、翌2010-11年シーズンでは優勝を果たし、自身もMVPを獲得。続く黒鷲旗も制覇した。キム・ヨンギョン フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見た木村沙織木村沙織

    10日 - 【バレーボール】V・プレミアリーグ女子の決勝で東レがJTを3-0のストレートで下し、女子としては初の3連覇を達成した。最高殊勲選手(MVP)には東レの木村沙織が選出された。2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 佐田樹理

    佐田樹理から見た木村沙織木村沙織

    2003年、リベロで全日本代表候補メンバーになった。その際、当時高校生で全日本候補だった木村沙織のサイン字体を考えた。佐田樹理 フレッシュアイペディアより)

  • 周藤玲美

    周藤玲美から見た木村沙織木村沙織

    下北沢成徳高等学校では木村沙織の1年後輩として2年までバレー部に所属していたが、3年でビーチに転向。マドンナカップに神奈川代表として出場した。帝京大学短期大学ではぴあカップ4位入賞。周藤玲美 フレッシュアイペディアより)

  • スター・システム

    スター・システムから見た木村沙織木村沙織

    2004年アテネオリンピックの際女子バレーチームの各選手に愛称を付け、それを各報道機関で繰り返し使うことでバレーボールマニア以外には知られていなかった選手たちの知名度を上げる事を企図した。栗原恵を「プリンセス・メグ」と呼んだり、「スーパー女子高生(木村沙織)」や「帰ってきた五輪戦士(吉原知子)」とひとりひとりに二つ名を設定した。スター・システム フレッシュアイペディアより)

  • エフエム・ギグ

    エフエム・ギグから見た木村沙織木村沙織

    プロレスリング・ノアの三沢光晴、小橋建太選手、バレーボール日本代表の木村沙織選手、フィンランドの人気ロックグループ The Rasmus への独占インタビューなどの実績を持つ。エフエム・ギグ フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織 (1988年生)

    木村沙織 (1988年生)から見た木村沙織木村沙織

    1986年生まれでバレーボール全日本女子代表、東レ・アローズ所属の木村沙織とは同姓同名。2009年9月の近畿6人制バレーボール総合女子選手権大会準決勝で、大阪国際大学は東レ・アローズと対戦し木村の大活躍で善戦した。東レの木村沙織は全日本代表合宿のため、この試合には出場しておらず、木村沙織同士のエース対決は見られなかった。木村沙織 (1988年生) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤美耶

    佐藤美耶から見た木村沙織木村沙織

    成徳学園中学校(現・下北沢成徳中学校)に進学し、同級生の木村沙織と出会う。全日本中学校バレーボール選手権大会優勝を経験。成徳学園高校(現・下北沢成徳高等学校)では、2003年春高バレー優勝、2004年準優勝。インターハイ(3位)に出場したほか、2004年アジアジュニア選手権(優勝)、2005年世界ジュニア選手権を経験した。佐藤美耶 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
34件中 1 - 10件表示

「木村沙織」のニューストピックワード