前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
82件中 1 - 10件表示
  • 木村沙織

    木村沙織から見た相武紗季相武 紗季

    相武紗季 - 2010年10月25日、TBS系列で、親友だった横山友美佳の著書を原作としたドラマ「明日もまた生きていこう」が放送された(木村を相武紗季が、横山を比嘉愛未が演じた)。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た荒木絵里香

    中学校は名門、成徳学園中学校に進学。ここで大山加奈、荒木絵里香、大山未希など、以後チームメイトとなる選手達と出会う。中学校入学時には163cmとさほど高くはなかった身長は、中学3年間で約15cmも伸びた。以後ポジションはセンターとライトを務める事が多くなり、主力選手として全日本中学校バレーボール選手権大会優勝、全国都道府県対抗中学バレーボール大会(アクエリアスカップ)でJOC杯受賞。Bクイックは得意技と言えるほどに上達し、プレーに幅が出た。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会

    2009年、 2008-09プレミアリーグにおいて女子史上初の二連覇に貢献し、前年に引き続きベスト6賞を獲得した(日本人ベストスコアラー)。同年5月、第58回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会で優勝し、自身初となる黒鷲賞(最高殊勲選手)とベスト6賞を獲得した。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た比嘉愛未比嘉 愛未

    相武紗季 - 2010年10月25日、TBS系列で、親友だった横山友美佳の著書を原作としたドラマ「明日もまた生きていこう」が放送された(木村を相武紗季が、横山を比嘉愛未が演じた)。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た横山友美佳

    12月の全国私学大会で下北沢成徳高は大会初の3連覇を達成。2004年春高バレーでは大会3連覇を目指し決勝に進出したが、第1セット、スパイクを決めた直後に味方選手である横山友美佳と接触し転倒、右足首を捻挫。応急処置を施したのちに足を引きずりながらプレーを続行したが、結局九州文化学園に1-3で敗戦し準優勝であった。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た鈴木洋美

    2002年、超名門として知られる成徳学園高校(現・下北沢成徳高等学校)に進学。高校2年生になるとライトで主力選手となり、2003年春高バレーで優勝を収め、成徳の2連覇に貢献した。同年8月開催のインターハイは3位に終わり連覇を逃したが、インターハイ閉幕と同時に全日本代表から強化合宿に招集され、同年9月のアジア選手権に出場。当初はセッター登録であった。そして11月開催のワールドカップに故障の鈴木洋美の代役として出場した。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た福原愛

    アテネオリンピック開会式では、入場行進で全日本女子チームが日本選手団の先頭を陣取り、チームメイトと談笑する姿がたびたび映し出された。その中には福原愛と一緒に写真を撮るシーンもあった。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た京阪電気鉄道

    京阪電鉄 京阪マナーポスター 「ファインプレー宣言」(2007年)木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た全国高等学校バレーボール選抜優勝大会

    2002年、超名門として知られる成徳学園高校(現・下北沢成徳高等学校)に進学。高校2年生になるとライトで主力選手となり、2003年春高バレーで優勝を収め、成徳の2連覇に貢献した。同年8月開催のインターハイは3位に終わり連覇を逃したが、インターハイ閉幕と同時に全日本代表から強化合宿に招集され、同年9月のアジア選手権に出場。当初はセッター登録であった。そして11月開催のワールドカップに故障の鈴木洋美の代役として出場した。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見たTBSテレビ

    相武紗季 - 2010年10月25日、TBS系列で、親友だった横山友美佳の著書を原作としたドラマ「明日もまた生きていこう」が放送された(木村を相武紗季が、横山を比嘉愛未が演じた)。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
82件中 1 - 10件表示

「木村沙織」のニューストピックワード