前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
97件中 1 - 10件表示
  • 木村沙織

    木村沙織から見た中道瞳

    シーズン途中の2レグ終盤、チームでの練習中に足首を捻挫し、全治3週間という診断を受けた。2012年2月11日、12日に行われた岐阜大会ではチームに帯同はせず、翌週の山形大会からベンチ復帰した(試合には出場しなかった)。実質的な復帰戦であった2月25日の岡山シーガルズ戦では絶不調でアタックで2得点しかあげる事が出来ず、2セット目の途中で交代を余儀なくされた。チームメイトのセッター中道瞳によると、翌日の朝練習で木村は非常にピリピリとした雰囲気で一言も口を利かなかったという。こんなことは初めてで、中道はその日の試合(2月26日久光製薬戦)で出来るだけ彼女にトスを上げることを心がけたという。故障開けにもかかわらず彼女は試合にフルセットフル出場し、チーム最多の24得点をあげ、チームは勝利を収めた。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会

    2009年、 2008-09プレミアリーグにおいて女子史上初の二連覇に貢献し、前年に引き続きベスト6賞を獲得した(日本人ベストスコアラー)。同年5月、第58回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会で優勝し、自身初となる黒鷲賞(最高殊勲選手)とベスト6賞を獲得した。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た比嘉愛未

    相武紗季 - 2010年10月25日、TBS系列で、親友だった横山友美佳の著書を原作としたドラマ「明日もまた生きていこう」が放送された(木村を相武が、横山を比嘉愛未が演じた)。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た相武紗季

    相武紗季 - 2010年10月25日、TBS系列で、親友だった横山友美佳の著書を原作としたドラマ「明日もまた生きていこう」が放送された(木村を相武が、横山を比嘉愛未が演じた)。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た横山友美佳

    12月の全国私学大会で下北沢成徳高は大会初の3連覇を達成。2004年春高バレーでは大会3連覇を目指し決勝に進出したが、第1セット、スパイクを決めた直後に味方選手である横山友美佳と接触し転倒、右足首を捻挫。応急処置を施したのちに足を引きずりながらプレーを続行したが、結局九州文化学園に1-3で敗戦し準優勝であった。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た眞鍋政義

    同年5月13日、眞鍋政義全日本女子監督に指名され、2013年度の全日本キャプテンに就任(バレー人生初のキャプテン)。2012/13シーズン限りで現役引退を決めていたが、眞鍋から熱心に勧誘され翻意したことを公表した。そして、「元キャプテン竹下佳江のキャプテンシーを受け継ぎたい」という気持ちから、竹下が付けていた背番号「3」を希望したという。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た鈴木洋美

    2002年、バレーの名門として知られる成徳学園高校(現・下北沢成徳高等学校)に進学。高校2年生になるとライトで主力選手となり、2003年春高バレーで優勝を収め、成徳の2連覇に貢献した。同年8月開催のインターハイは3位に終わり連覇を逃したが、インターハイ閉幕と同時に全日本代表から強化合宿に招集され、同年9月のアジア選手権に出場。当初はセッター登録であった。そして11月開催のワールドカップに故障の鈴木洋美の代役として出場した。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た日高裕次郎

    2016年12月31日に元インドアバレー・ビーチバレー選手の日高裕次郎と結婚したことを発表した。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た江畑幸子

    2012年6月、ロンドンオリンピックの代表メンバーに選出された。準々決勝の対中国戦では江畑幸子と共にチーム最多の33得点を叩き出す活躍で、これまでの五輪で1セットも取る事が出来なかった相手にフルセットの激戦の末勝利を収めた。3位決定戦で韓国をストレートで破り、日本女子バレーボール代表28年ぶりの銅メダル獲得の立役者となった。中心選手として全試合にフル出場し、北京オリンピックに引き続き日本人ベストスコアラーとなった。全体でもベストスコアラー部門3位にランクインし、ベストスパイカー12位、ベストレシーバー12位、ベストディガー部門で8位だった。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た高橋みゆき

    高校卒業後は東レに入社した。2005年7月開催の女子ジュニア世界選手権U-20では、全試合レギュラー出場し得点王に輝き、復活を遂げる。9月1日からのアジア選手権では、当時イタリアリーグへ派遣移籍していたNECレッドロケッツ・高橋みゆきの代役を担ってエースとして活躍した。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
97件中 1 - 10件表示

「木村沙織」のニューストピックワード