82件中 41 - 50件表示
  • 木村沙織

    木村沙織から見た2007年バレーボール女子アジア選手権

    2006年世界選手権出場、2007年アジア選手権では日本の優勝に大きく貢献し、ベストサーバー賞を獲得。同年ワールドカップに出場した。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見たアテネオリンピック (2004年)

    2004年アテネオリンピック最終予選で再度全日本代表に招集され、初戦のイタリア戦で代表初スタメン出場を果たし、14得点をマークすると共に持ち前の性格とあどけない笑顔で「スーパー女子高生」の呼び名でブレイクした。全日本女子チーム2大会ぶりのオリンピック出場に大きく貢献した。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見たアメーバブログ

    同年8月16日、スポーツビズとマネジメント契約を締結。 9月7日に成田空港からトルコへ向け出発した。空港では記者会見を行い「いろんな面で成長できるように頑張りたい」と抱負を述べた。同日、トルコに行っている期間だけ更新するという『木村沙織オフィシャルブログ「木村沙織のトルコ奮闘記」1』をアメーバブログにて開始。10日にはイスタンブールでの入団会見に出席し、新チームでの抱負を述べた。また、本人の希望で決まったという背番号「18」のユニフォーム姿も初披露した。9月末を持って東レ株式会社を退社(東レアローズを退団)した。。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見たワクフバンク・テュルクテレコム

    木村 沙織(きむら さおり、1986年8月19日 - )は、日本の女子バレーボール選手。ニックネームはサオリ。トルコバレーボールリーグ・ワクフバンク・テュルクテレコム所属。マネジメント契約先はスポーツビズ。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た月刊バレーボール

    発売を記念して編集担当者が管理するtwitter(木村沙織フォト&エッセイ『Saori』)が期間限定で更新された。1木村本人がつぶやくことはなかったが、制作時の裏話や彼女の近況などを編集者を通して伺い知る事が出来た。また、その中で木村本人への質問を募り、バレーボール専門誌月刊バレーボール誌上で回答を行うという企画が行われた。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見たオリンピックバレーボール競技

    オリンピック - 2004年、2008年、2012年木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見たマネジメント

    木村 沙織(きむら さおり、1986年8月19日 - )は、日本の女子バレーボール選手。ニックネームはサオリ。トルコバレーボールリーグ・ワクフバンク・テュルクテレコム所属。マネジメント契約先はスポーツビズ。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た全国都道府県対抗中学バレーボール大会

    中学校は名門、成徳学園中学校に進学。ここで大山加奈、荒木絵里香、大山未希など、以後チームメイトとなる選手達と出会う。中学校入学時には163cmとさほど高くはなかった身長は、中学3年間で約15cmも伸びた。以後ポジションはセンターとライトを務める事が多くなり、主力選手として全日本中学校バレーボール選手権大会優勝、全国都道府県対抗中学バレーボール大会(アクエリアスカップ)でJOC杯受賞。Bクイックは得意技と言えるほどに上達し、プレーに幅が出た。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見たJapan News Network

    情熱大陸 (2011年11月20日、2012年5月27日 MBS制作・TBS系列木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た2003年ワールドカップバレーボール

    2002年、超名門として知られる成徳学園高校(現・下北沢成徳高等学校)に進学。高校2年生になるとライトで主力選手となり、2003年春高バレーで優勝を収め、成徳の2連覇に貢献した。同年8月開催のインターハイは3位に終わり連覇を逃したが、インターハイ閉幕と同時に全日本代表から強化合宿に招集され、同年9月のアジア選手権に出場。当初はセッター登録であった。そして11月開催のワールドカップに故障の鈴木洋美の代役として出場した。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

82件中 41 - 50件表示

「木村沙織」のニューストピックワード