82件中 71 - 80件表示
  • 木村沙織

    木村沙織から見た明日もまた生きていこう

    相武紗季 - 2010年10月25日、TBS系列で、親友だった横山友美佳の著書を原作としたドラマ「明日もまた生きていこう」が放送された(木村を相武紗季が、横山を比嘉愛未が演じた)。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見たアテネオリンピック (2004年) におけるバレーボール競技

    アテネオリンピックは8月14日からの開幕であったが、腰の状態は最悪で立つこともままならない状態だった(アテネで他競技のトレーナーから椎間板ヘルニアと診断された)。そのため出場機会がほとんど無いまま、初めてのオリンピックを終えた。しかし、決勝戦の中国対ロシア戦を会場で観戦し最高峰のプレーを目の当たりにした事で、初めてメダルへの執着心が生まれる。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見たバレーボール中華人民共和国女子代表

    アテネオリンピックは8月14日からの開幕であったが、腰の状態は最悪で立つこともままならない状態だった(アテネで他競技のトレーナーから椎間板ヘルニアと診断された)。そのため出場機会がほとんど無いまま、初めてのオリンピックを終えた。しかし、決勝戦の中国対ロシア戦を会場で観戦し最高峰のプレーを目の当たりにした事で、初めてメダルへの執着心が生まれる。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た北京オリンピックにおけるバレーボール競技

    2008年、 2007-08プレミアリーグにおいて東レのリーグ初優勝に貢献し、ベスト6賞を獲得した。同年8月、北京オリンピックに出場した。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見たロンドンオリンピック (2012年) におけるバレーボール競技

    2012年6月、ロンドンオリンピックの代表メンバーに選出された。準々決勝の対中国戦では江畑幸子と共にチーム最多の33得点を叩き出す活躍で、これまでの五輪で1セットも取る事が出来なかった相手にフルセットの激戦の末勝利を収めた。3位決定戦で韓国をストレートで破り、日本女子バレボール代表28年ぶりの銅メダル獲得の立役者となった。中心選手として全試合にフル出場し、北京オリンピックに引き続き日本人ベストスコアラーとなった。全体でもベストスコアラー部門3位にランクインし、ベストスパイカー12位、ベストレシーバー12位、ベストディガー部門で8位だった。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た関根勤のスポパラ

    関根勤のスポパラ (2012年9月9日、2012年9月23日 文化放送)木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た2006年バレーボール世界選手権

    2006年世界選手権出場、2007年アジア選手権では日本の優勝に大きく貢献し、ベストサーバー賞を獲得。同年ワールドカップに出場した。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た八潮市

    埼玉県八潮市生まれ。その後父親の仕事の都合で大阪、東京と転々とした後、東京都あきる野市の多西小に通う。バレーボールをしていた両親(特に母親)の影響を受け、小学校2年生の時に秋川JVCに入団し、バレーボールを始める。秋川JVCは守備練習中心のチームで、この頃レシーブ練習を数多くこなした事が、現在のレシーブ力に生かされていると本人は言っている。チームでは主にレフトを務め、小学校6年生時には東京新聞杯で優勝している。小学校4年生の頃に「週末に思う存分友達と遊んでみたい」との理由で2週間ほどチームを辞めているが、バレーボールから離れたのはこの期間だけである。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た東京都

    埼玉県八潮市生まれ。その後父親の仕事の都合で大阪、東京と転々とした後、東京都あきる野市の多西小に通う。バレーボールをしていた両親(特に母親)の影響を受け、小学校2年生の時に秋川JVCに入団し、バレーボールを始める。秋川JVCは守備練習中心のチームで、この頃レシーブ練習を数多くこなした事が、現在のレシーブ力に生かされていると本人は言っている。チームでは主にレフトを務め、小学校6年生時には東京新聞杯で優勝している。小学校4年生の頃に「週末に思う存分友達と遊んでみたい」との理由で2週間ほどチームを辞めているが、バレーボールから離れたのはこの期間だけである。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た埼玉県

    埼玉県八潮市生まれ。その後父親の仕事の都合で大阪、東京と転々とした後、東京都あきる野市の多西小に通う。バレーボールをしていた両親(特に母親)の影響を受け、小学校2年生の時に秋川JVCに入団し、バレーボールを始める。秋川JVCは守備練習中心のチームで、この頃レシーブ練習を数多くこなした事が、現在のレシーブ力に生かされていると本人は言っている。チームでは主にレフトを務め、小学校6年生時には東京新聞杯で優勝している。小学校4年生の頃に「週末に思う存分友達と遊んでみたい」との理由で2週間ほどチームを辞めているが、バレーボールから離れたのはこの期間だけである。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

82件中 71 - 80件表示

「木村沙織」のニューストピックワード