97件中 71 - 80件表示
  • 木村沙織

    木村沙織から見た九州文化学園高等学校

    12月の全国私学大会で下北沢成徳高は大会初の3連覇を達成。2004年春高バレーでは大会3連覇を目指し決勝に進出したが、第1セット、スパイクを決めた直後に味方選手である横山友美佳と接触し転倒、右足首を捻挫。応急処置を施したのちに足を引きずりながらプレーを続行したが、結局九州文化学園に1-3で敗戦し準優勝であった。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見たNHK BS1

    アスリートの魂 (2012年4月9日 NHK BS1、総合)木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見たマネジメント

    ニックネームはサオリ。マネジメント契約先はスポーツビズ。実妹の木村美里もバレーボール選手。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見たラビタ・バクー

    同年3月、欧州チャンピオンズリーグにおいて優勝を果たした。予選ラウンドではスタメンで起用されることが多かったが、主にスパイク面で苦労し、PLAYOFF12以降はピンチサーバーからの守備固めで起用される事が多くなった。決勝のラビタ・バクー戦では3セット全てで途中出場し、サーブや後衛でのサーブレシーブで貢献した。決勝戦後には「絶対勝ちたいと思って臨んだので、優勝して本当によかった。すごくラッキーだなと思います。サーブで攻めて流れをいい方に変えるなど、(チームの)いいリズムをキープするのが一番の役割だと思っていた。」と語った。指揮官であるジョバンニ・グイデッティ監督からは「ほぼ完璧」と賞賛された。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た全国都道府県対抗中学バレーボール大会

    中学校は名門、成徳学園中学校に進学。ここで大山加奈、荒木絵里香、大山未希など、以後チームメイトとなる選手達と出会う。中学校入学時には163cmとさほど高くはなかった身長は、中学3年間で約15cmも伸びた。以後ポジションはセンターとライトを務める事が多くなり、主力選手として全日本中学校バレーボール選手権大会優勝、全国都道府県対抗中学バレーボール大会(アクエリアスカップ)でJOC杯受賞。Bクイックは得意技と言えるほどに上達し、プレーに幅が出た。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見たJapan News Network

    情熱大陸 (2011年11月20日、2012年5月27日 MBS制作・TBS系列木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た2003年ワールドカップバレーボール

    2002年、バレーの名門として知られる成徳学園高校(現・下北沢成徳高等学校)に進学。高校2年生になるとライトで主力選手となり、2003年春高バレーで優勝を収め、成徳の2連覇に貢献した。同年8月開催のインターハイは3位に終わり連覇を逃したが、インターハイ閉幕と同時に全日本代表から強化合宿に招集され、同年9月のアジア選手権に出場。当初はセッター登録であった。そして11月開催のワールドカップに故障の鈴木洋美の代役として出場した。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見たアスリートの輝石

    アスリートの輝石 (2012年9月23日 BS日テレ)木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見た2015年ワールドカップバレーボール

    2015年8月のワールドカップ直前、ロンドン五輪後から伸ばして試合では三つ編みで一つに束ねていた髪を、30cm切って大会に臨んだ。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見たアスリートの魂

    アスリートの魂 (2012年4月9日 NHK BS1、総合)木村沙織 フレッシュアイペディアより)

97件中 71 - 80件表示

「木村沙織」のニューストピックワード