前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • 木瀬

    木瀬から見た木村瀬平木村瀬平

    木瀬 フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (15代)

    木村庄之助 (15代)から見た木村瀬平木村瀬平

    11代木村庄之助に入門、1850年11月木村八三郎の名で番付に載る。のち木村瀬平(3代目、正三郎改め)の所属となる。木村角次郎(角治郎)から1864年10月に木村庄三郎(4代目)を襲名。1885年5月に先代の庄之助の死去に伴い、15代目木村庄之助を襲名した。人物、見識に優れ、故事に精通していた。横綱初代梅ヶ谷の信頼厚く、横綱土俵入りを許されると土俵入りに従った。年寄木村松翁を兼務。1897年9月22日現役没。享年59。木村庄之助 (15代) フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (9代)

    木村庄之助 (9代)から見た木村瀬平木村瀬平

    天保5年(1834年)10月まで9代庄之助として現役にあったが、義弟(8代庄之助の実子)の6代木村庄太郎に名跡を譲るべく一時現役を退き、隠居・木村瀬平となった。しかし、諸々の事情から天保7年(1836年)に復帰し、庄之助を再勤した(10代目として数えられる)。養父の木村松翁の次席であったが、同9年(1838年)暮れに現役で亡くなった。木村庄之助 (9代) フレッシュアイペディアより)

  • 木村家

    木村家から見た木村瀬平木村瀬平

    なお、年寄名跡の木村瀬平と式守秀五郎は、元々行司が襲名した年寄名跡が起源である。木村家 フレッシュアイペディアより)

  • 桂川質郎

    桂川質郎から見た木村瀬平木村瀬平

    1967年(昭和42年)5月に娘婿の元前頭9枚目・清の盛が引退すると、彼に木村瀬平の年寄名跡を譲渡して廃業し、以後は本郷でマンションを経営しつつ、自身が創設した相撲錬成道場や居合道の道場主となった。(相撲錬成道場は70歳手前で針ヶ谷良一に運営を譲り、現在の文京針ヶ谷相撲クラブとなった。)桂川質郎 フレッシュアイペディアより)

  • 桐山部屋

    桐山部屋から見た木村瀬平木村瀬平

    2000年2月には10代木瀬(元幕内・清ノ森)の定年退職直前に閉鎖された木瀬部屋(旧・木瀬部屋)から所属力士3人と床山1人を引き取った。2007年2月1日には閉鎖された旧・伊勢ヶ濱部屋から8代伊勢ヶ濱(元幕内・和晃)と所属力士ら計9人を引き取った。桐山部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 山響部屋

    山響部屋から見た木村瀬平木村瀬平

    2010年5月29日には三保ヶ関部屋の弟弟子にあたる11代木村瀬平(元幕内・肥後ノ海)の不祥事により木瀬部屋が閉鎖処分となったことに伴い、同年5月31日に11代木瀬および所属力士27人を引き取った。これにより北の湖部屋は所属力士47人(番付外1人含む)となり、この時点で全相撲部屋中最多の力士が所属する部屋となった。2012年4月1日には木瀬部屋の再興が認められ、北の湖部屋の部屋付き親方となっていた11代木瀬と力士26人が再び木瀬部屋へと移籍した。この時、閉鎖期間中に北の湖部屋へ入門した常幸龍らも移籍した。山響部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 式守伊之助 (34代)

    式守伊之助 (34代)から見た木村瀬平木村瀬平

    光彦時代の1995年11月場所、この場所3度(4日目前頭7枚目安芸乃島(現高田川)?同11枚目智ノ花(現玉垣)戦、5日目前頭6枚目三杉里?同8枚目肥後ノ海(現木瀬)戦、8日目安芸乃島?前頭15枚目小城ノ花(現出羽海)戦)において差し違えたというエピソードがある。式守伊之助 (34代) フレッシュアイペディアより)

  • 太刀ノ海浪右エ門

    太刀ノ海浪右エ門から見た木村瀬平木村瀬平

    太刀ノ海浪右エ門(たちのうみなみえもん、1894年7月25日-1964年8月4日)は、友綱部屋、東関部屋、高砂部屋に所属した元力士。8代木村瀬平。本名は野津貞助(旧姓草間)。現在の島根県安来市出身。174cm、88kg。最高位は西前頭3枚目。太刀ノ海浪右エ門 フレッシュアイペディアより)

  • 式守秀五郎

    式守秀五郎から見た木村瀬平木村瀬平

    木村瀬平 - 同じく行司名がそのまま名跡となった年寄名跡。式守秀五郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示

「木村瀬平」のニューストピックワード