前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示
  • 木瀬部屋

    木瀬部屋から見た木村瀬平木村瀬平

    2002年11月場所限りで引退し、年寄・木村瀬平を襲名して三保ヶ関部屋の部屋付き親方となっていた木瀬親方(元幕内・肥後ノ海)が、2003年12月1日付で7人の内弟子を連れて三保ヶ関部屋から分家独立して木瀬部屋を創設した。以降、多くの学生相撲経験者を弟子に迎え入れ、清瀬海や臥牙丸などの関取を輩出し、27人の所属力士を擁する大規模な部屋へと成長した。木瀬部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 木瀬

    木瀬から見た木村瀬平木村瀬平

    木瀬 フレッシュアイペディアより)

  • 木村家

    木村家から見た木村瀬平木村瀬平

    なお、年寄名跡の木村瀬平は、元々行司が襲名した年寄名跡が起源である。木村家 フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (15代)

    木村庄之助 (15代)から見た木村瀬平木村瀬平

    11代木村庄之助に入門、1850年11月木村八三郎の名で番付に載る。のち木村瀬平(3代目、正三郎改め)の所属となる。木村角次郎(角治郎)から1864年10月に木村庄三郎(4代目)を襲名。1885年5月に先代の庄之助の死去に伴い、15代目木村庄之助を襲名した。人物、見識に優れ、故事に精通していた。横綱初代梅ヶ谷の信頼厚く、横綱土俵入りを許されると土俵入りに従った。年寄木村松翁を兼務。1897年9月22日現役没。享年59。木村庄之助 (15代) フレッシュアイペディアより)

  • 桂川質郎

    桂川質郎から見た木村瀬平木村瀬平

    引退後は伊勢ヶ濱部屋の部屋付き親方として後進の指導にあたる傍ら、一般人向けに相撲道場を設立して相撲の指導普及に努めていたが、門下生が大相撲への入門を希望したのを機に1956年(昭和31年)9月に伊勢ヶ濱部屋から分家独立して木瀬部屋(肥後ノ海の木瀬部屋とは別)を創設した。1967年(昭和42年)に娘婿の幕内清の盛が引退すると木村瀬平の年寄名跡を譲渡して廃業し、以後は本郷でマンションを経営した。桂川質郎 フレッシュアイペディアより)

  • 立行司

    立行司から見た木村瀬平木村瀬平

    立行司は木村庄之助と式守伊之助の二人からなる。1960年の停年制実施以前は、行司も年寄になることが出来た(その名残は木瀬(木村瀬平)・式秀(式守秀五郎)の年寄名跡に見られる)。立行司は親方とも呼ばれる。立行司 フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (9代)

    木村庄之助 (9代)から見た木村瀬平木村瀬平

    7代庄之助の弟子で、のちに8代庄之助の養子になった。初名は木村喜八で初代喜代治から5代庄太郎を経て長くつとめたが、先代の引退で9代目を襲名した。人格者で見識があり、裁きも秀でて名行司と伝えられた。義弟の6代木村庄太郎との関係で一旦現役を引退して木村瀬平を名乗ったが、のち再勤して10代目として現役に復帰した。木村庄之助 (9代) フレッシュアイペディアより)

  • 肥後ノ海直哉

    肥後ノ海直哉から見た木村瀬平木村瀬平

    肥後ノ海 直哉(ひごのうみ なおや、1969年9月23日 - )とは、熊本市出身で三保ヶ関部屋所属の元大相撲力士である。本名は坂本 直人(さかもと なおと)。最高位は西前頭筆頭(1995年5月場所)。得意手は左四つ、寄り、上手出し投げ、突き落とし。現役時代の体格は183センチメートル、152キログラム。現在は、年寄・木村瀬平(木瀬)。肥後ノ海直哉 フレッシュアイペディアより)

  • 清の盛政夫

    清の盛政夫から見た木村瀬平木村瀬平

    清の盛 政夫(きよのもり まさお、1935年4月8日 - )は、大相撲の力士、年寄。最高位は東前頭9枚目。秋田県横手市(旧平鹿郡大森町)生まれ。本名佐々木 政夫。のちに伊勢ヶ濱部屋の先輩である桂川(檀崎質郎/木瀬親方)・春枝夫婦の婿養子となり檀崎 政夫。大正の幕内力士日本海忠藏の遠戚。現役時代の体格は183cm、92kg。得意手は右四つ、寄り。清の盛政夫 フレッシュアイペディアより)

  • 式守秀五郎

    式守秀五郎から見た木村瀬平木村瀬平

    木村瀬平 - 同じく行司名がそのまま名跡となった年寄名跡。式守秀五郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示

「木村瀬平」のニューストピックワード