23件中 11 - 20件表示
  • 北の湖部屋

    北の湖部屋から見た木村瀬平木村瀬平

    2010年5月29日には三保ヶ関部屋の弟弟子にあたる木瀬親方(元幕内・肥後ノ海)の不祥事により木瀬部屋が閉鎖処分となったことに伴い、同年5月31日に木瀬親方および木瀬部屋の所属力士27人を引き取った。これにより北の湖部屋は所属力士47人(番付外1人含む)となり、この時点で全相撲部屋中最多の力士が所属する部屋となった。2012年4月1日には木瀬部屋の再興が認められ、北の湖部屋の部屋付き親方となっていた木瀬親方と力士26人が再び木瀬部屋へと移籍した。この時、木瀬部屋の閉鎖期間中に北の湖部屋へ入門した常幸龍らも木瀬部屋へ移籍した。北の湖部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 式秀部屋

    式秀部屋から見た木村瀬平木村瀬平

    部屋の名前と師匠の通称が「式秀」となっている理由は、「式守」が行司の家名であることから区別をするために「式守」と「秀五郎」から1字ずつ取っているものである。同様の例に「木瀬」(木村瀬平)がある。式秀部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 岩崎拓也

    岩崎拓也から見た木村瀬平木村瀬平

    大学卒業は大相撲の道へ進み、大学の先輩である木瀬親方(元幕内・肥後ノ海)の木瀬部屋に入門、2012年5月場所で前相撲から初土俵を踏む。初めて番付に名前が載った翌7月場所はいきなり序ノ口優勝を決め、序二段上位まで躍進した翌9月場所も7戦全勝の序二段優勝とし、この時点で14連勝。翌11月場所は三段目に昇格したが、この場所で連勝は16でストップした。岩崎拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 式守伊之助 (34代)

    式守伊之助 (34代)から見た木村瀬平木村瀬平

    光彦時代の1995年11月場所、この場所3度(4日目前頭7枚目安芸乃島(現高田川)?同11枚目智ノ花(現玉垣)戦、5日目前頭6枚目三杉里?同8枚目肥後ノ海(現木瀬)戦、8日目安芸乃島?前頭15枚目小城ノ花(現高崎)戦)において差し違えたというエピソードがある。式守伊之助 (34代) フレッシュアイペディアより)

  • そっぷ

    そっぷから見た木村瀬平木村瀬平

    清の盛 - 元前頭9枚目、元年寄木瀬(定年退職)そっぷ フレッシュアイペディアより)

  • 濱ノ嶋啓志

    濱ノ嶋啓志から見た木村瀬平木村瀬平

    熊本工大高等学校(現・文徳高校)時代から全国大会に出場し、日本大学では高校時代からの同級生・坂本(元幕内肥後ノ海・現木瀬親方)と共に活躍した。その坂本と共に三保ヶ関部屋に入門し、1992年1月場所に幕下付出で初土俵を踏んだ。濱ノ嶋啓志 フレッシュアイペディアより)

  • 常幸龍貴之

    常幸龍貴之から見た木村瀬平木村瀬平

    2012年1月場所に幕下に昇進し、11日目にデビューからの連勝記録を27に伸ばし、板井の持つデビューからの連勝記録26を抜いて史上1位を記録した。13日目に千昇に敗れて連勝記録は27で止まったものの、最終的には6勝1敗の好成績を挙げて優勝決定戦まで進出し、優勝決定戦でも8人によるトーナメント戦を制して幕下優勝を果たした。東幕下4枚目まで番付を上げた翌3月場所でも5勝2敗と勝ち越しを決め、翌5月場所において新十両へ昇進した。初土俵から所要6場所の十両昇進(幕下付け出しを除く)は板井と土佐豊と並ぶ史上1位タイのスピード記録となった。また、十両への昇進決定と同時に四股名を「佐久間山」から「常幸龍」へと改めた。四股名は2009年2月に亡くなった父親の名前から「幸」という1字を取って木瀬親方(元幕内・肥後ノ海)が命名した。常幸龍貴之 フレッシュアイペディアより)

  • 臥牙丸勝

    臥牙丸勝から見た木村瀬平木村瀬平

    その後、木瀬部屋に入門して2005年11月場所に初土俵を踏む。本人の「ガガ」というニックネームに師匠の木瀬親方(元前頭・肥後ノ海)が好む「臥」「牙」の字を当てて武蔵丸のように成功してほしいという意味を込めて「臥牙丸」という四股名が付けられた。翌2006年1月場所に7戦全勝で序ノ口優勝。翌3月場所は序二段を6勝1敗の好成績で1場所で通過、翌5月場所には三段目に昇進、三段目で3場所連続して勝ち越しを果たし、同年11月場所において幕下に昇進した。臥牙丸勝 フレッシュアイペディアより)

  • 物言い

    物言いから見た木村瀬平木村瀬平

    1905年1月場所5日目、前頭筆頭太刀山?小結駒ヶ嶽戦で、駒ヶ嶽の寄りを太刀山はこらえきれず土俵下へ転落した。このとき太刀山の投げ出した足が、土俵下で控えていた行司木村瀬平を直撃した。瀬平は後ろにひっくり返り苦しんだが、際どい勝負のため検査役から物言いがついた。1時間に及ぶ協議の末「勝負預かり」となった。この間に元気を取り戻した瀬平は、次の一番を無事に裁いたが、6日目、7日目と大事を取って休場、8日目より再出場した。ところが9日目の朝、自宅の布団の中で急死。太刀山に押し潰されたことが原因による心臓麻痺だった。物言い フレッシュアイペディアより)

  • 青葉山弘年

    青葉山弘年から見た木村瀬平木村瀬平

    宮城農業高校時代は柔道部に所属し、活躍した。知人から木瀬親方(元前頭9・清の盛)を紹介され、高校を中退して木瀬部屋に入門。1968年11月場所で初土俵を踏んだ。青葉山弘年 フレッシュアイペディアより)

23件中 11 - 20件表示

「木村瀬平」のニューストピックワード