1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示
  • 取組

    取組から見た木村瀬平木村瀬平

    1961年(昭和36年)5月場所4日目、前頭13枚目佐田の山?十両筆頭清ノ森(のち清勢川?清乃盛?清の盛?年寄・木村瀬平)戦で清ノ森が勝利した。場所が終わってみれば幕内最高優勝は佐田の山(12勝3敗)で十両優勝は清ノ森(12勝3敗)、十両優勝力士が幕内最高優勝力士に黒星をつけるという、当時としては話題の取組となった。彼以外で十両力士との対戦があった幕内優勝力士には、大蛇山、出羽湊、貴闘力がいるが、いずれも十両力士から喫した黒星はない。取組 フレッシュアイペディアより)

  • 黒瀬川國行

    黒瀬川國行から見た木村瀬平木村瀬平

    1995年に元関脇・高鐵山の大鳴戸親方が廃業したことにより、大鳴戸部屋の所属力士が宙ぶらりんになりかけた。この状況から11代大鳴戸に打診された形で、20代桐山が伊勢ヶ濱部屋から独立して急遽、桐山部屋を創設し、大鳴戸部屋の力士を引き取ることになったが、この時の独立の経緯から師匠である伊勢ヶ濱親方(元大関・清國)と不仲になったとされている。2000年には元前頭・清ノ森の木瀬親方が停年(定年)を迎えたため、木瀬部屋(元肥後ノ海が興した部屋とは別系統)を吸収合併。黒瀬川國行 フレッシュアイペディアより)

  • 臥牙丸勝

    臥牙丸勝から見た木村瀬平木村瀬平

    1992年に行われたバルセロナオリンピックにおいて柔道95kg超級で金メダルを獲得したダヴィド・ハハレイシヴィリに師事し、相撲でも2005年7月に行われた世界ジュニア相撲選手権大会で無差別級3位という成績を挙げている。入門前は大相撲を「厳し過ぎる世界」と認識していたが、師匠の木瀬親方(元前頭・肥後ノ海)から「稽古も私生活も自主性に任せる」とおおらかな姿勢で迎えてもらったことを理由に木瀬部屋に入門し、本人の「ガガ」というニックネームに木瀬親方が好む「臥」「牙」の字を当てて、武蔵丸のように成功してほしいという意味を込めて付けられた「臥牙丸」という四股名を名乗り、2005年11月場所に初土俵を踏んだ。翌2006年1月場所に7戦全勝で序ノ口優勝を果たし、同年11月場所において幕下へ昇進した。臥牙丸勝 フレッシュアイペディアより)

  • 木瀬部屋

    木瀬部屋から見た木村瀬平木村瀬平

    2002年11月場所限りで現役を引退して、以降は三保ヶ関部屋の部屋付き親方となっていた年寄・11代木村瀬平(元幕内・肥後ノ海)が、2003年12月1日付で7人の内弟子を連れて三保ヶ関部屋から分家独立して木瀬部屋を創設した。以降、多くの学生相撲経験者を弟子に迎え入れ、市原(清瀬海)や臥牙丸などの関取を輩出し、角界有数の大部屋へと成長した。木瀬部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 行司

    行司から見た木村瀬平木村瀬平

    現在立行司の名前として用いられる木村庄之助と式守伊之助は、かつては年寄名跡でもあったが、1958年(昭和33年)限りで年寄名跡としては廃止された。年寄名跡には行司由来の名跡として、木村瀬平と式守秀五郎が存在するが、一般的には行司家の名称と被らないように頭文字をとって「木瀬」、「式秀」と呼ばれている。この他、かつて立行司の名前として用いられた行司名として、元々大坂相撲の立行司であった木村玉之助と木村清之助がある。木村玉之助は東京相撲では庄之助・伊之助に次ぐ3人目の立行司名として用いられ、副立行司が導入されると副立行司名として用いられたが、13代木村玉之助が1959年11月場所限りで停年退職し、1960年1月場所に副立行司が廃止されたのを最後に、50年以上襲名されないまま現在に至っている。また木村清之助は東京加入(東西合併)の際に立行司名から除外され、当時の8代木村清之助は三役格に降格したが、現役中の1942年(昭和17年)5月場所後に死去したのを最後に、これも70年以上襲名されないまま現在に至っている。他にも数多くある由緒ある行司名の中には、木村夛司馬・木村亘り・式守見藏など、ここ100年以上襲名されていないものもある。一方で、2006年には式守鬼一郎の名跡が46年ぶりに復活したり、2014年には木村銀治郎の名跡が84年ぶりに復活するといった事例もある。行司 フレッシュアイペディアより)

  • 文徳中学校・高等学校

    文徳中学校・高等学校から見た木村瀬平木村瀬平

    坂本直人(現在、木瀬部屋の師匠(年寄・木村瀬平)。元「西前頭筆頭」肥後ノ海直哉)文徳中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 物言い

    物言いから見た木村瀬平木村瀬平

    1905年1月場所5日目、前頭筆頭太刀山?小結駒ヶ嶽戦で、駒ヶ嶽の寄りを太刀山はこらえきれず土俵下へ転落した。このとき太刀山の投げ出した足が、土俵下で控えていた行司木村瀬平を直撃した。瀬平は後ろにひっくり返り苦しんだが、際どい勝負のため検査役から物言いがついた。1時間に及ぶ協議の末「勝負預かり」となった。この間に元気を取り戻した瀬平は、次の一番を無事に裁いたが、6日目、7日目と大事を取って休場、8日目より再出場した。ところが9日目の朝、自宅の布団の中で急死。太刀山に押し潰されたことが原因による心臓麻痺だった。物言い フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示

「木村瀬平」のニューストピックワード