66件中 21 - 30件表示
  • ラリー・パリッシュ

    ラリー・パリッシュから見た木田優夫木田優夫

    引退後は、デトロイト・タイガース傘下のA級ナイアガラフォールズ、AA級ジャクソンビルの監督などを経て、にデトロイト・タイガースのベンチコーチに就任。シーズン途中にバディ・ベルに代わり監督に就任し、まで指揮を執った(1999年に在籍した選手に木田優夫がいる)。からAAA級トレドの監督となり、・にはチームを2年連続でリーグ優勝に導いた。また、には惜しくもリーグ優勝は逃すものの地区優勝は達成し、地区優勝3連覇を成し遂げた。当時のマイナーリーグ監督の中では、名将と呼べる存在だったと言える。ラリー・パリッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 西村龍次

    西村龍次から見た木田優夫木田優夫

    5月11日の対巨人戦で7回表、巨人のダン・グラッデンへの内角球がきっかけで乱闘騒ぎが起こった。この試合では序盤に西村が巨人の村田真一の頭部に死球を与え村田は負傷退場し、続いてその報復で今度は巨人の木田優夫が西村の腰に死球を与え、両チームに険悪な雰囲気が漂っていた。この乱闘でバッテリーを組んでいた中西親志はグラッデンと本塁上で殴り合い両者負傷した上暴力行為で退場。西村は危険投球で退場処分を受ける。この試合をきっかけにその後危険球の規定が改められている。西村とグラッデンは罰金10万円と10日間の出場停止処分を受ける。それ以降、伝家の宝刀シュートはなりを潜め結局この年6勝に終わり、入団以来続いた二桁勝利が途切れた。西村龍次 フレッシュアイペディアより)

  • 野村貴仁

    野村貴仁から見た木田優夫木田優夫

    オフ、木田優夫との交換トレードで読売ジャイアンツ(巨人)に移籍。巨人でも中継ぎとして起用された。のシーズン前に「貴仁」から「空生」に改名。6月26日、札幌ドーム初の公式戦となる中日ドラゴンズ戦に登板し、勝利投手になった。野村貴仁 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の日本シリーズ

    1994年の日本シリーズから見た木田優夫木田優夫

    (巨)斎藤、橋本、●木田(1敗)?村田真1994年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・ブライアント

    ラルフ・ブライアントから見た木田優夫木田優夫

    同年7月24日、オールスターゲーム第1戦(横浜スタジアム)で斎藤雅樹から左中間スタンド最上段の広告板を直撃する先制2ラン本塁打を放ち、次の打席では木田優夫から振り逃げというブライアントらしい活躍でMVPに選ばれた。ラルフ・ブライアント フレッシュアイペディアより)

  • 河田雄祐

    河田雄祐から見た木田優夫木田優夫

    初本塁打:1994年6月22日、対読売ジャイアンツ12回戦(東京ドーム)、8回表に木田優夫からソロ河田雄祐 フレッシュアイペディアより)

  • 1968年のスポーツ

    1968年のスポーツから見た木田優夫木田優夫

    9月12日 - 木田優夫(東京都、野球)1968年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ダン・グラッデン

    ダン・グラッデンから見た木田優夫木田優夫

    この試合では序盤に西村が巨人の村田真一の頭部に死球を与え村田を負傷退場に追いやり、続いて村田に対する報復で今度は巨人の木田優夫が西村の腰に死球を与え、両チームに険悪な雰囲気が漂っていた。この乱闘でグラッデンは罰金10万円と10日間の出場停止処分を受けている(球審は田中俊幸、塁審は久保田治、渡田均ら)。この試合の翌日には、西村、木田、グラッデンの3選手はセントラル・リーグから事情聴取を受けている。この乱闘で、グラッデンはヤクルトの選手に押し倒された上顔を踏みつけられ、中西は巨人軍選手らに村田の報復とばかりに背中等を数十発蹴られた他、選手が雪崩のようにグラウンドに崩れ落ち、本来の乱闘の輪とは別のところでも乱闘している選手がいたりするなど、すさまじい光景であった。ダン・グラッデン フレッシュアイペディアより)

  • 加藤明子

    加藤明子から見た木田優夫木田優夫

    木田優夫 - 北海道日本ハムファイターズ投手。加藤の母方の遠縁の親戚に当たる。加藤明子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅井樹

    浅井樹から見た木田優夫木田優夫

    初本塁打:1995年7月1日、対読売ジャイアンツ14回戦(広島市民球場)、2回裏に木田優夫から右越ソロ浅井樹 フレッシュアイペディアより)

66件中 21 - 30件表示

「木田優夫」のニューストピックワード