66件中 31 - 40件表示
  • 清水雅治

    清水雅治から見た木田優夫木田優夫

    初本塁打:1992年4月19日、対読売ジャイアンツ3回戦(ナゴヤ球場)、3回裏に木田優夫からソロ清水雅治 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た木田優夫木田優夫

    初本塁打:同上、6回表に木田優夫から左越3ランアレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • 種田仁

    種田仁から見た木田優夫木田優夫

    初安打:1991年4月6日、対読売ジャイアンツ1回戦(東京ドーム)、9回表に森田幸一の代打として出場、木田優夫から右前安打種田仁 フレッシュアイペディアより)

  • 高木豊

    高木豊から見た木田優夫木田優夫

    300盗塁:1992年8月19日、対読売ジャイアンツ20回戦(横浜スタジアム)、3回裏に二盗(投手:木田優夫、捕手:吉原孝介)  ※史上22人目高木豊 フレッシュアイペディアより)

  • チャド・アレン

    チャド・アレンから見た木田優夫木田優夫

    メジャー在籍時には、マック鈴木、伊良部秀輝、大家友和、小宮山悟、木田優夫、長谷川滋利らと対戦したことがある。また、1999年7月15日には当時シカゴ・カブスに所属していたダン・セラフィニ(元オリックス)と2度対戦している(ショートゴロ、四球)。チャド・アレン フレッシュアイペディアより)

  • 秋葉直樹

    秋葉直樹から見た木田優夫木田優夫

    夏の県大会終了後、プロ志望を知っていた監督の勧めで巨人の入団テストを受験し、合格。契約金と年俸それぞれ2,500万円、360万円(いずれも推定)で入団契約を結んだ。入団会見では桑田真澄や木田優夫を目標に挙げ、三振の取れる投手を目指していたが、肩を故障し1年で退団した。2006年現在は東京都内の会社で営業次長を務め、草野球では巨人時代の知り合いとプレーしているという。秋葉直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本シリーズ

    2012年の日本シリーズから見た木田優夫木田優夫

    投手:13石井裕也、16乾真大、17ブライアン・ウルフ、18斎藤佑樹、19増井浩俊、21武田久、25宮西尚生、29八木智哉、32根本朋久、33矢貫俊之、34吉川光夫、36中村勝、38武田勝、42木田優夫、47森内壽春、48谷元圭介、62ダスティン・モルケン、65多田野数人2012年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚典

    鈴木尚典から見た木田優夫木田優夫

    からは一軍に定着し、この年は主に代打で出場した。8月9日の巨人戦(東京ドーム)にて槙原寛己からプロ入り初本塁打となる代打満塁本塁打を放つ。翌はスターティングメンバーでの出場が増え、3番打者を任されることも増える。7月16日の巨人戦(横浜スタジアム)で木田優夫から9回2アウト一・二塁の場面で逆転サヨナラ3ラン本塁打を放った。は初めて規定打席に到達し、打率.299を記録するなどさらに成績を向上させた。鈴木尚典 フレッシュアイペディアより)

  • 村田善則

    村田善則から見た木田優夫木田優夫

    は集大成の年と位置づけ「気力で臨む」とし、開幕一軍を勝ち取った。しかしシーズン通算での一軍出場はわずか3試合にとどまり、10月3日に現役引退を表明。巨人の公式戦最終試合となる10月11日の明治神宮野球場での対東京ヤクルトスワローズ戦では7回からの途中出場でマスクをかぶり、9回には自身最後の打席に立った(対戦相手は、かつての同僚木田優夫で結果はレフトフライ)。村田の打席終了後に球場全体からの拍手に包まれながら他の選手にベンチ前で迎えられ、高橋由伸が花束を手渡した。村田善則 フレッシュアイペディアより)

  • 李炳圭

    李炳圭から見た木田優夫木田優夫

    初安打:同上、8回裏に木田優夫から左中間フェンス直撃二塁打李炳圭 フレッシュアイペディアより)

66件中 31 - 40件表示

「木田優夫」のニューストピックワード