66件中 41 - 50件表示
  • 明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー

    明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショーから見た木田優夫木田優夫

    1997年以降は村上ショージ、松尾伴内、木田優夫がレギュラーとして出演し、冒頭の賞品紹介コーナーで賞品とともに登場する。 村上ショージは毎年賞品を提供しているが、ショージ自らが描いた水墨画や筆字等であるため誰も欲しがらず、事実上ほぼハズレに近い。木田優夫はサイン入りの野球グッズや直筆イラスト等の賞品を提供している。明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー フレッシュアイペディアより)

  • 1990年の日本シリーズ

    1990年の日本シリーズから見た木田優夫木田優夫

    (巨)●槙原(1敗)、宮本、香田、木田?中尾、村田1990年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • サイドスロー

    サイドスローから見た木田優夫木田優夫

    フォークボールを習得するサイドスロー投手は少ないが、これは投球動作の違いから同じ落ちる変化球でもシンカーの方が習得が容易なためとされている。一方で、横から投げる事によりオーバースローのフォークとは違った微妙な横変化が加わる事を利用して、左右に落ちる2種類のフォークを投げ分ける木田優夫のような投手も存在する。サイドスロー フレッシュアイペディアより)

  • 栗山麗美

    栗山麗美から見た木田優夫木田優夫

    入社2日目にして早くもファイターズ木田優夫投手への突撃取材を敢行。以来Fの炎、U型テレビ内の同投手の不定期コーナーを担当。栗山麗美 フレッシュアイペディアより)

  • 中西親志

    中西親志から見た木田優夫木田優夫

    この試合の概要は、バッテリーを組んでいた西村が序盤に巨人の村田真一の頭部に死球を当てて村田を負傷退場に追いやった。続いて、今度は巨人の木田優夫が西村の腰付近に死球を当てて、両チームに険悪な雰囲気が漂っていた(木田の行為に対しては、野村ヤクルト監督が「あれは故意だろ」と審判に抗議する場面もあった)。中西親志 フレッシュアイペディアより)

  • 広永益隆

    広永益隆から見た木田優夫木田優夫

    セリーグでの代打サヨナラ本塁打:1995年4月20日、対読売ジャイアンツ5回戦(明治神宮野球場)、10回裏に山田勉の代打で出場、木田優夫からサヨナラソロ広永益隆 フレッシュアイペディアより)

  • 9月12日

    9月12日から見た木田優夫木田優夫

    1968年 - 木田優夫、プロ野球選手9月12日 フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た木田優夫木田優夫

    1990年、2年連続20勝した斎藤を筆頭に桑田・宮本和知(各14勝)、木田優夫(12勝)、香田勲男(11勝)と5人が二桁勝利を挙げ、完投数が70(130試合中)という先発投手中心のチームでペナントをリードし、吉村のプロ野球史上初となるサヨナラ優勝決定ホームランにより史上最速で2年連続のリーグ優勝を果たす。2位・広島とのゲーム差を22ゲーム付けた。しかし、西武と対戦した日本シリーズでは、0勝4敗で敗退している。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た木田優夫木田優夫

    、「帰ってきたで」というキャッチコピーのポスターが製作され、ドラフトによる西武入団から20年ぶりに出身地である関西地方へ戻ってきた清原和博との共演が話題となるが、開幕前に右足に肉離れを起こし、4月28日に左手親指を捻挫。更に5月13日の対ヤクルト戦で木田優夫からの死球を左手首に受けて負傷。負傷した箇所をかばいながら出場している間に右手首も痛めるという故障続きのシーズンとなる。8月11日に左肘に死球を受け途中交代するとその後は試合出場がなく、日本球界復帰1年目は85試合出場、328打数、76安打、打率.238でシーズンを終える。二塁打22、本塁打12はチーム2位を記録した。9月に左手首を手術。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • オールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム (日本プロ野球)から見た木田優夫木田優夫

    選手の最長未選出期間 16年:木田優夫(読売ジャイアンツ?東京ヤクルトスワローズ)1990年7月24日・第1戦・横浜スタジアム?2006年7月21日・第1戦・神宮球場オールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

66件中 41 - 50件表示

「木田優夫」のニューストピックワード