84件中 61 - 70件表示
  • マーク・マグワイア

    マーク・マグワイアから見た木田優夫木田優夫

    からまで4シーズン連続で50本塁打以上を放つ。その打球速度の凄まじさは、木田優夫曰く「マグワイアが打席に入るたびに、危険なので三塁コーチがフェンス際まで避難するほどだった」という。アスレチックス時代はチームメートのホセ・カンセコと共に本塁打を量産し、バッシュ・ブラザーズと呼ばれた。マーク・マグワイア フレッシュアイペディアより)

  • 清水雅治

    清水雅治から見た木田優夫木田優夫

    初本塁打:1992年4月19日、対読売ジャイアンツ3回戦(ナゴヤ球場)、3回裏に木田優夫からソロ清水雅治 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐章人

    五十嵐章人から見た木田優夫木田優夫

    木田優夫とは従弟にあたる(木田の父と五十嵐の父が兄弟)。五十嵐章人 フレッシュアイペディアより)

  • ゴルゴ松本

    ゴルゴ松本から見た木田優夫木田優夫

    若い頃は弁当屋でアルバイトをしており、常連客として当時読売ジャイアンツに在籍していた木田優夫がいた。当然面識はなかったが、木田だとわかっていた松本は激励のつもりでいつも大盛りにしており、そのサービスに関しては木田も覚えていた。ゴルゴ松本 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田元司

    藤田元司から見た木田優夫木田優夫

    第1次監督時代の先発三本柱は、角三男が抑えに控えていた。一方、第2次監督時代では一転して、先発投手に頑固なまでの完投を求めた。特に1990年は、上記の三本柱に宮本和知・香田勲男・木田優夫を加えた先発ローテーションの6人でチーム88勝のうち80勝を挙げ、完投数は70にも上った結果、年間で使った投手はわずか10人であった。かつてリリーフエースだった角や鹿取義隆を放出して手薄になっていた中継ぎ・抑え投手には肩に故障を抱えた水野雄仁や廣田浩章などが登板していたほか、89年に槙原が4セーブ、90年に木田が7セーブと先発投手が中継ぎ・抑えを兼任していたが専任のリリーフ投手を作らなかった事により分業制が進んで行く球界の時代の波に乗り遅れ91年には先発陣の崩れを支えきれず下位に低迷する。任期最終年の1992年には前年の惨敗の反省から石毛博史をリリーフエースに据えている。藤田元司 フレッシュアイペディアより)

  • 阿波野秀幸

    阿波野秀幸から見た木田優夫木田優夫

    1986年度ドラフト会議にて読売ジャイアンツ、横浜大洋ホエールズ、近鉄バファローズの3球団が1位指名で競合。阿波野の意中球団は巨人か大洋と言われていたが、抽選の結果、交渉権確定のくじを引き当てたのは近鉄だった。当時の近鉄監督岡本伊三美は、亜細亜大の監督から聞いた話として「試合で打たれると頭を壁にぶつけて悔しがっていた」「打者の膝から上の球はきませんよ」などと、また阿波野の入団前に接した際に、阿波野が関西のことはわからず、「近鉄という会社はどこにあるのですか」ときいてきた、と振り返っている。阿波野を外した巨人は木田優夫、横浜は友利結を再指名で獲得。阿波野秀幸 フレッシュアイペディアより)

  • 村田善則

    村田善則から見た木田優夫木田優夫

    は集大成の年と位置づけ「気力で臨む」とし、開幕一軍を勝ち取った。しかしシーズン通算での一軍出場はわずか3試合にとどまり、10月3日に現役引退を表明。巨人の公式戦最終試合となる10月11日の明治神宮野球場での対東京ヤクルトスワローズ戦では7回からの途中出場でマスクをかぶり、9回には自身最後の打席に立った(対戦相手は、かつての同僚木田優夫で結果はレフトフライ)。村田の打席終了後に球場全体からの拍手に包まれながら他の選手にベンチ前で迎えられ、高橋由伸が花束を手渡した。村田善則 フレッシュアイペディアより)

  • 国立市

    国立市から見た木田優夫木田優夫

    木田優夫 - 元プロ野球選手。中学時代に市内のチームに所属。国立市 フレッシュアイペディアより)

  • 高木豊

    高木豊から見た木田優夫木田優夫

    300盗塁:1992年8月19日、対読売ジャイアンツ20回戦(横浜スタジアム)、3回裏に二盗(投手:木田優夫、捕手:吉原孝介)  ※史上22人目高木豊 フレッシュアイペディアより)

  • ゼネラルマネージャー

    ゼネラルマネージャーから見た木田優夫木田優夫

    木田優夫(北海道日本ハムファイターズ、2015年1月-、GM補佐。2013年と2014年は石川ミリオンスターズGMと選手を兼任)ゼネラルマネージャー フレッシュアイペディアより)

84件中 61 - 70件表示

「木田優夫」のニューストピックワード