91件中 11 - 20件表示
  • 木田優夫

    木田優夫から見た日本航空

    趣味は漫画を描くことで、中学時代には美術部に所属していた。巨人時代は『月刊ジャイアンツ』誌に似顔絵のコーナーを持っていたこともあり、他には東京ドームで個展を開いたこともある。また、『ズームイン!!サタデー』(日本テレビ)内『プロ野球熱ケツ情報』コーナーで「木田画伯展」というものを毎年オフシーズンに放送している。タイガース所属時代日本航空機内放送番組に出演した際にも、当時の監督ラリー・パリッシュはじめチームメイト数人のイラストを披露している。日本ハムに移籍後も、2010年シーズン中の「おやじシリーズ」と題された試合で監督の梨田昌孝をはじめとした日本ハムのチームメイトのイラストを披露している。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た朝日放送

    五十嵐章人(元プロ野球選手・コーチ、2012年から群馬ダイヤモンドペガサス監督)は従兄(木田の父と五十嵐の父が兄弟)、マジシャンの内田伸哉のはとこに当たる。また、加藤明子(朝日放送アナウンサー)の母方の遠縁の親戚でもある。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た日本テレビ放送網

    趣味は漫画を描くことで、中学時代には美術部に所属していた。巨人時代は『月刊ジャイアンツ』誌に似顔絵のコーナーを持っていたこともあり、他には東京ドームで個展を開いたこともある。また、『ズームイン!!サタデー』(日本テレビ)内『プロ野球熱ケツ情報』コーナーで「木田画伯展」というものを毎年オフシーズンに放送している。タイガース所属時代日本航空機内放送番組に出演した際にも、当時の監督ラリー・パリッシュはじめチームメイト数人のイラストを披露している。日本ハムに移籍後も、2010年シーズン中の「おやじシリーズ」と題された試合で監督の梨田昌孝をはじめとした日本ハムのチームメイトのイラストを披露している。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た中日ドラゴンズ

    は中継ぎで56試合に登板し、リーグ4位となる23ホールドを挙げる。また、監督推薦で16年ぶり2回目のオールスターゲーム出場(15年間のブランクは歴代最長記録)。にも50試合に登板するが、監督が高田繁に代わったは開幕時に一軍入りできなかった。二軍では先発としての起用が主だったこともあり、交流戦明けの7月に先発として一軍昇格の話もあったが、結局一軍合流は8月下旬までずれ込んだ。はオープン戦の先発で好投をし、プロ入り後初めて開幕先発ローテーションに入り、4月8日の中日ドラゴンズ戦で5イニングを投げ、3失点したが自身11年ぶりの先発試合を白星で飾った。5月以降はリリーフに回るも、防御率5.55と打ち込まれ、2度の二軍落ち。10月2日にヤクルトから戦力外通告され(その前日に自身のブログでヤクルトを退団する旨の文章を記していた)、11月27日に北海道日本ハムファイターズに移籍した。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た石川ミリオンスターズ

    木田 優夫(きだ まさお、1968年9月12日 - )は、石川ミリオンスターズに所属するプロ野球選手(投手)。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た東京ヤクルトスワローズ

    にロサンゼルス・ドジャースと契約し再び渡米するが、3月に交通事故により全治6週間の重傷を負う(8月にメジャーに昇格)。9月にシアトル・マリナーズに移籍。、投法をサイドスローに改造したが、メジャーでは1試合しか登板できず自由契約となった。同年オフに古田敦也新監督の意向で東京ヤクルトスワローズに入団する。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た読売ジャイアンツ

    東京都国分寺市出身。国分寺市立第五中学校在学時のに、関東代表として台湾に遠征した経験を持つ。後に山梨県の日本大学明誠高校に進み同級生に小野壮二郎。高校時代は甲子園大会に出場経験がなく、無名の高校生だったが、1986年のプロ野球ドラフト会議で読売ジャイアンツ(巨人)に1位で指名された。同会議の直前に「あなたはもうじき日本全国に名前が知れ渡るだろう」と占い師に言われており、その占いが的中した。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た北海道日本ハムファイターズ

    は中継ぎで56試合に登板し、リーグ4位となる23ホールドを挙げる。また、監督推薦で16年ぶり2回目のオールスターゲーム出場(15年間のブランクは歴代最長記録)。にも50試合に登板するが、監督が高田繁に代わったは開幕時に一軍入りできなかった。二軍では先発としての起用が主だったこともあり、交流戦明けの7月に先発として一軍昇格の話もあったが、結局一軍合流は8月下旬までずれ込んだ。はオープン戦の先発で好投をし、プロ入り後初めて開幕先発ローテーションに入り、4月8日の中日ドラゴンズ戦で5イニングを投げ、3失点したが自身11年ぶりの先発試合を白星で飾った。5月以降はリリーフに回るも、防御率5.55と打ち込まれ、2度の二軍落ち。10月2日にヤクルトから戦力外通告され(その前日に自身のブログでヤクルトを退団する旨の文章を記していた)、11月27日に北海道日本ハムファイターズに移籍した。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た野村貴仁

    、この年はリリーフに専念する。前半チームが低迷する中抑え投手を担当し安定していたものの、この年はリリーフ投手の起用がチーム全体で迷走してしまい、木田も調子は維持していたのに中盤以降起用法が不安定になってしまった。オフに右ヒジ遊離軟骨除去の手術を受ける。1月に野村貴仁との交換トレードでオリックス・ブルーウェーブに移籍する。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た西田真二

    初奪三振:同上、6回表に西田真二から木田優夫 フレッシュアイペディアより)

91件中 11 - 20件表示

「木田優夫」のニューストピックワード