105件中 31 - 40件表示
  • 木田優夫

    木田優夫から見たカンザスシティ・ロイヤルズ

    、AAA級トレドで開幕を迎え、5月8日にメジャー昇格。10日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦では野茂英雄と継投したが、17日のインディアンス戦で3点本塁打を喫し、19日にトレドに降格。6月9日にタイガースとの契約を解除された。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た前橋市

    群馬県前橋市出身の父・秀夫は群馬県立前橋工業高等学校時代、強肩の捕手として活躍。卒業時には大毎オリオンズからもスカウトされていた(プロ入りはせず)。後に読売ジャイアンツで木田を指導することになる宮田征典とは群馬県立前橋高等学校時代に何度も対戦しており、たまたま旧知の間柄であった。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た広島東洋カープ

    初登板:1989年4月17日、対広島東洋カープ3回戦(東京ドーム)、6回表に3番手で救援登板、3回2失点木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見たクリーブランド・インディアンス

    、開幕はAAA級トレドで迎えるが、4月5日のテキサス・レンジャーズ戦の8回に登板しメジャーデビュー。4月は8試合の登板で防御率7.24、WHIP1.61を喫するが、4月後半から好投を見せる。5月16日のクリーブランド・インディアンス戦では7回から登板し3イニングを投げメジャー初セーブを記録し、5月は15試合の登板で防御率3.71、WHIP1.47を記録。6月14日のシアトル・マリナーズ戦でメジャー初勝利を挙げる。しかし、6月29日に左わき腹を痛め、7月1日に日本人初の故障者リスト入りする。28日に復帰するが、その後は好投と乱調を繰り返し、復帰後は15試合の登板で防御率8.30、WHIP1.40を喫しシーズンを終える。シーズン終盤には先発での登板を打診されたが、「やめた方がいいです」と自ら断ったことを帰国後の会見で語った。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見たトレード

    1月に野村貴仁との交換トレードでオリックス・ブルーウェーブへ移籍。1996年以来の先発で勝利し、後半戦では抑え投手として起用されると16セーブを記録する。オフにフリーエージェント権を行使した。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た栃木県立宇都宮商業高等学校

    国分寺五中在学時のに、関東代表として台湾に遠征した経験を持つ。中学卒業後、山梨県の日本大学明誠高校に進学(同高の同級生には元バスケットボール選手の小野壮二郎がいた)。春季関東大会に出場するが、1回戦で宇都宮商に敗れる。同年の山梨大会ではエース、四番打者として決勝に進むが、久慈照嘉らのいた東海大甲府に敗れ、準優勝。右の本格派として注目を集め、1986年度プロ野球ドラフト会議にて読売ジャイアンツから1位指名を受けた。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見たオープン戦

    同年3月4日、札幌ドームでの巨人とのオープン戦試合前にNPB引退セレモニーが行われ、原辰徳との一球勝負で空振りを奪った。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た12球団合同トライアウト

    は石川ミリオンスターズで主にクローザーとして活躍。公式戦72試合中、実に52試合に登板し3勝1敗15セーブ、防御率1.76でチームの前期優勝に貢献。その後地区チャンピオンシップ、BCリーグチャンピオンシップ、日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2013でも登板し独立リーグ日本一の胴上げ投手となった。シーズン終了後に静岡県草薙総合運動場硬式野球場で行われた12球団合同トライアウトに参加。打者4人に対し2奪三振の好結果を残したもののNPB球団との契約には至らなかった。12月9日には石川のゼネラルマネージャーに就任。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た戦力外通告

    はオープン戦の先発で好投をし、プロ入り後初めて開幕先発ローテーションに入り、4月8日対中日ドラゴンズ戦で5イニングを投げ、3失点したが自身11年ぶりの先発試合を白星で飾った。5月以降はリリーフに回るも、防御率5.55と打ち込まれ、2度の二軍落ち。10月2日にヤクルトから戦力外通告を受けた。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た群馬県立前橋工業高等学校

    群馬県前橋市出身の父・秀夫は群馬県立前橋工業高等学校時代、強肩の捕手として活躍。卒業時には大毎オリオンズからもスカウトされていた(プロ入りはせず)。後に読売ジャイアンツで木田を指導することになる宮田征典とは群馬県立前橋高等学校時代に何度も対戦しており、たまたま旧知の間柄であった。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

105件中 31 - 40件表示

「木田優夫」のニューストピックワード