91件中 51 - 60件表示
  • 木田優夫

    木田優夫から見た明治神宮野球場

    明治神宮野球場やロサンゼルスで子供達への野球教室を開き、また私財を投じてスワローズクラブハウス前にファン用テントを設置したり、自腹で約100万円をかけ、都営バス1台を2008年の開幕戦の広告で外装して運行を手配するなど、様々なファンサービスに取り組んでいる。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    入団当時はカーブ等変化球習得に時間がかかったが、4月29日にプロ初先発初勝利を成し遂げた。には自身唯一となる二桁勝利を記録し、奪三振182はセントラル・リーグ最多だったまた、オールスターゲームにも監督推薦で出場した。その後は伸び悩んだが、先発・中継ぎ・抑えと何でもこなす役割を果たしてチームにそれなりに貢献していた。そのため、トレードの噂は絶えなかった。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見たフォークボール

    巨人、オリックス時代は最速156km/hの速球を投げ、1990年にはリーグ最多奪三振を記録した。2005年には投法をサイドスローに改造したが、直球の速さはさほど変わっておらず、フォーム改造以降も140km/h台後半を計測している。サイドスロー投手としては珍しくフォークボールを得意とする。本人によると、投げる時に親指の位置を微妙にずらすことで右に落ちるフォークボールと左に落ちるフォークボールとを使い分けているという。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た美術 (教科)

    趣味は漫画を描くことで、中学時代には美術部に所属していた。巨人時代は『月刊ジャイアンツ』誌に似顔絵のコーナーを持っていたこともあり、他には東京ドームで個展を開いたこともある。また、『ズームイン!!サタデー』(日本テレビ)内『プロ野球熱ケツ情報』コーナーで「木田画伯展」というものを毎年オフシーズンに放送している。タイガース所属時代日本航空機内放送番組に出演した際にも、当時の監督ラリー・パリッシュはじめチームメイト数人のイラストを披露している。日本ハムに移籍後も、2010年シーズン中の「おやじシリーズ」と題された試合で監督の梨田昌孝をはじめとした日本ハムのチームメイトのイラストを披露している。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見たあっぱれさんま大教授

    独身であり、過去に結婚歴もない。「家に帰っても1人だし、ホテルだとフロントの人から『お帰りなさいませ』と言われるのが癒されるから」(フジテレビ『あっぱれさんま大教授』に出演した際の発言)との理由で、ホテル暮らしをしている。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た羽織

    、前半96年以来の先発で勝利するが不安定な投球が続いた、しかし後半抑え投手として起用されると抜群の安定感で16セーブを記録する。閉幕後にフリーエージェント権を行使し、11月23日にデトロイト・タイガースに入団。日本人8人目のメジャーリーガーとなった。タイガースの入団会見では羽織袴姿で登場し、「ロボコップに会えなくて残念(映画の舞台がデトロイトであることから)」とジョークを飛ばして報道陣の笑いを誘った。6月、3A降格を機に日本球界に復帰(オリックスに再入団)するが、マイナーリーグ時代は「野球だけじゃなく生活面でも苦労し、その苦労により白髪も増えた」と言い、「日本よりメジャーにいる時の方が3倍の早さで年を取る」とも語っていた。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た1986年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    東京都国分寺市出身。国分寺市立第五中学校在学時のに、関東代表として台湾に遠征した経験を持つ。後に山梨県の日本大学明誠高校に進み同級生に小野壮二郎。高校時代は甲子園大会に出場経験がなく、無名の高校生だったが、1986年のプロ野球ドラフト会議で読売ジャイアンツ(巨人)に1位で指名された。同会議の直前に「あなたはもうじき日本全国に名前が知れ渡るだろう」と占い師に言われており、その占いが的中した。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見たロサンゼルス

    明治神宮野球場やロサンゼルスで子供達への野球教室を開き、また私財を投じてスワローズクラブハウス前にファン用テントを設置したり、自腹で約100万円をかけ、都営バス1台を2008年の開幕戦の広告で外装して運行を手配するなど、様々なファンサービスに取り組んでいる。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た月刊ジャイアンツ

    趣味は漫画を描くことで、中学時代には美術部に所属していた。巨人時代は『月刊ジャイアンツ』誌に似顔絵のコーナーを持っていたこともあり、他には東京ドームで個展を開いたこともある。また、『ズームイン!!サタデー』(日本テレビ)内『プロ野球熱ケツ情報』コーナーで「木田画伯展」というものを毎年オフシーズンに放送している。タイガース所属時代日本航空機内放送番組に出演した際にも、当時の監督ラリー・パリッシュはじめチームメイト数人のイラストを披露している。日本ハムに移籍後も、2010年シーズン中の「おやじシリーズ」と題された試合で監督の梨田昌孝をはじめとした日本ハムのチームメイトのイラストを披露している。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た横浜DeNAベイスターズ

    初完封勝利:1990年5月25日、対横浜大洋ホエールズ6回戦(横浜スタジアム)木田優夫 フレッシュアイペディアより)

91件中 51 - 60件表示

「木田優夫」のニューストピックワード