前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示
  • 昭和学園高等学校

    昭和学園高等学校から見た末綱聡子末綱聡子

    末綱聡子 - バドミントン選手、NECセミコンダクターズ九州・山口所属昭和学園高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 張潔ブン

    張潔ブンから見た末綱聡子末綱聡子

    ダブルス専門の選手。1998年の世界ジュニアバドミントン選手権大会では謝杏芳とのペアで女子ダブルス優勝。その後、21世紀初頭の女子ダブルス世界一の座を同じ中国の高崚/黄穂ペアと競った。2001年世界選手権では魏軼力とのペアで決勝に進出したが、高崚/黄穂に敗れて銀メダル。しかしその後、楊維とのペアで出場した2004年のアテネオリンピックと2005年世界選手権、2007年世界選手権では金メダルを獲得。2008年の北京オリンピックにも第1シードで出場し、連覇を狙ったが、準々決勝で日本の末綱聡子/前田美順ペアに敗れた。張潔ブン フレッシュアイペディアより)

  • 楊維

    楊維から見た末綱聡子末綱聡子

    2000年のシドニーオリンピックでは、黄楠雁とのダブルスで銀メダルを獲得。2004年のアテネオリンピックでは、張潔とのダブルスで金メダルを獲得した。2008年に地元中国で行われた北京オリンピックでも、張潔雯とのダブルスで第1シードとなり、連覇を狙ったが日本の末綱聡子、前田美順に準々決勝で敗れた。楊維 フレッシュアイペディアより)

  • オグシオ

    オグシオから見た末綱聡子末綱聡子

    人気ペアの解消宣言は各種メディアを賑わせたが、全日本総合では優勝有力候補とみなされた北京五輪4位入賞の末綱聡子・前田美順ペアをストレートで破り、大会5連覇を達成。有終の美を飾り、約8年間ともに築き上げた栄光に終止符を打った。オグシオ フレッシュアイペディアより)

  • スエマエ

    スエマエから見た末綱聡子末綱聡子

    スエマエは、バドミントンダブルスの末綱聡子(すえつな さとこ)と前田美順(まえだ みゆき)ペアの愛称。スエマエ フレッシュアイペディアより)

  • 松田友美

    松田友美から見た末綱聡子末綱聡子

    長崎市立東長崎中学校時代から頭角を現し、2年生時、全日本ジュニアバドミントン選手権大会にて準優勝。3年生時、全国中学校バドミントン大会シングルス優勝を果たす。長崎女子高等学校卒業後の2001年から2008年までヨネックスバドミントンチームに所属。チームメイトの赤尾亜希とダブルスペアを組み、オリンピック特別強化指定選手として国際試合でも活躍した。日本代表として、潮田玲子、小椋久美子、末綱聡子、前田美順らと世界を転戦した。世界ランキングは最高6位。2008年12月に引退した。松田友美 フレッシュアイペディアより)

  • 中山貴雄

    中山貴雄から見た末綱聡子末綱聡子

    北京五輪:ケイリン永井清史銅メダル実況、競泳100m平泳ぎ北島康介金メダルインタビュー、バドミントン女子3位決定戦末綱前田ペア実況中山貴雄 フレッシュアイペディアより)

  • 前田美順

    前田美順から見た末綱聡子末綱聡子

    チームメイトの末綱聡子とともに北京オリンピックの日本代表に選ばれ、アテネオリンピックで金メダルだった楊維・張潔ブンペアを破り、日本バドミントン界史上初のベスト4進出を達成した。このコンビはメディアから「スエマエ」と称されるようになった。前田美順 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のスポーツ

    1981年のスポーツから見た末綱聡子末綱聡子

    1月30日 - 末綱聡子(大分県、バドミントン)1981年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 小椋久美子

    小椋久美子から見た末綱聡子末綱聡子

    北京五輪後、2008年11月、全日本総合バドミントン選手権大会を最後に潮田とのペア解消を表明。全日本総合バドミントン選手権大会では決勝で北京五輪4位入賞の末綱聡子・前田美順ペアをストレートで破り優勝、大会5連覇を達成し、オグシオとしての有終の美を飾った。小椋久美子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示

「末綱聡子」のニューストピックワード