252件中 11 - 20件表示
  • トレンディドラマ

    トレンディドラマから見た本木雅弘本木雅弘

    『抱きしめたい!』(1988年)出演: 浅野ゆう子、浅野温子、岩城滉一、石田純一、本木雅弘トレンディドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 第59回NHK紅白歌合戦

    第59回NHK紅白歌合戦から見た本木雅弘本木雅弘

    中居がゲスト審査員の本木雅弘に「シブがき隊も再結成してみてはいかがでしょうか?」とふったところ、本木が「100% 無理かもね」とシブがき隊の楽曲「100%…SOかもね!」とかけた表現で返した。第59回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のテレビドラマ (日本)

    2012年のテレビドラマ (日本)から見た本木雅弘本木雅弘

    15日 - TBS系日曜劇場にて、1972年(昭和47年)に発覚した「西山事件」を題材とした山崎豊子作の小説をドラマ化した『運命の人』(主演:本木雅弘)が放送開始(全10回、 - 3月18日)。2012年のテレビドラマ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 4時ですよーだ

    4時ですよーだから見た本木雅弘本木雅弘

    司会は、1987年4月から1989年3月までと同年7月から9月までをダウンタウンが、1989年4月から6月までを今田耕司、東野幸治、石田靖(トリオ名は番組で公募され、「3ばか大将」と名乗っていた)が担当。また1989年4月以降は金曜日の司会に本木雅弘が加わり、フライデースペシャルとして放送された。4時ですよーだ フレッシュアイペディアより)

  • 日本のいちばん長い日

    日本のいちばん長い日から見た本木雅弘本木雅弘

    原田は「半藤先生の幾多の終戦にまつわる著作を何回も読み、天皇の勇気を支えたのが終戦内閣の鈴木貫太郎首相と阿南惟幾陸相のふたりであるとも確信しました」とコメントし、阿南と鈴木を軸に本作を製作したことを述べている。また、主要な人物である鈴木、阿南、昭和天皇をそれぞれ「父、長男、次男」と捉え、三人を中心にした「家族」をテーマに描いている。太平洋戦争を扱った映画の中で、昭和天皇の姿を明確に描いた最初の日本映画とされる。昭和天皇役の本木雅弘はオファーを受けるのを躊躇ったが、義母である樹木希林の後押しでオファーを引き受けた。日本のいちばん長い日 フレッシュアイペディアより)

  • 寺田ヒロオ

    寺田ヒロオから見た本木雅弘本木雅弘

    1996年の映画『トキワ荘の青春』では本木雅弘が主人公である寺田を演じ、藤子や石ノ森、赤塚らの後輩を年長者としてサポートしていくなか、徐々に時流から取り残されていく寺田の姿が描写されている。寺田ヒロオ フレッシュアイペディアより)

  • 徳川慶喜 (NHK大河ドラマ)

    徳川慶喜 (NHK大河ドラマ)から見た本木雅弘本木雅弘

    藤岡琢也・菅原文太・若尾文子といった大御所の俳優や杉良太郎らベテラン勢の他、石田ひかり・深津絵里ら若手女優を起用して人気確保に努め、また架空人物のエピソードや多面的表現を盛り込むなどしたが、幕末の対立構造の複雑さや、主人公の慶喜の動きの乏しさ、そして数多く登場する架空人物の存在意義の低さなどから、視聴率は伸び悩んだ。一方で、主演の本木雅弘は常にポーカーフェイスで通しクールで聡明、策謀にも長けた慶喜を表現し、その演技に好評価を得た。また慶喜の家臣で、幕末の動乱に巻き込まれていくなど準主役格の活躍を見せる村田新三郎(架空の人物)を、当時はまだ無名に近かった藤木直人が演じている。徳川慶喜 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 1993年のテレビ (日本)

    1993年のテレビ (日本)から見た本木雅弘本木雅弘

    NHK総合で若者向け公開音楽番組『ポップジャム』放送開始(当時は『ポップジャム'93』)。初代司会は本木雅弘で、当時は月1〜2回の単発だった。2年後の1995年よりレギュラー化、司会交代や時間枠移動を繰り返しながら2007年3月まで14年にわたって続き、その後の『MUSIC JAPAN』(2007年 - 2016年)に継承された。1993年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • キネマ旬報

    キネマ旬報から見た本木雅弘本木雅弘

    主演男優賞 本木雅弘(『おくりびと』)キネマ旬報 フレッシュアイペディアより)

  • もっくん

    もっくんから見た本木雅弘本木雅弘

    もっくん フレッシュアイペディアより)

252件中 11 - 20件表示